投稿写真


投稿写真

投稿写真

山種美術館で速水御舟の展覧会を
鑑賞しました⭐️明治から昭和に
かけて天才ぶりを発揮した日本画家。
17歳の時の作品が皇室買上げに
なったというから驚きですね‼️

18〜27歳の作品は中国の
絵画に似て、でも繊細なタッチ。
その後、写実を重んじるようになり
「炎舞」など重要文化財に2作品が
指定されています。

私は「炎舞」よりも
椿の花や枝を琳派風に描いた方が
ずっと好きでした⭐️⤴︎「名樹散椿」

ちょうどサントリー美術館で展示されている鈴木基一の「朝顔図屏風」を連想する迫力ある枝ぶり、椿の花も朝顔の花も正面を
向いて装飾的な描き方です❤️


同じく金を背景に枇杷の木と黒猫、
紫陽花と白ウサギを描いて一対の
屏風にした作品は私の最も好みの
作品でした。金を何度も重ねており
上品な表面になっています。

また、御舟は40歳で亡くなって
いるので、39歳の作品は晩年の
作品という事になりますが、墨絵で
牡丹を描いた絵が琳派風でもあり、
やはり素晴らしいと感じました✨

絵ハガキは売ってなくて残念ですが
箱根の岡田美術館で3月に観て
感動した「モクレン」が見事な
墨絵です。この御舟の作品が岡田
美術館での琳派展後期の最高傑作
でしたそれだけ、岡田美術館には
良いと思う作品がなかったです💦

山種美術館は恵比寿駅から徒歩12
分あるので疲れてしまい、駅ビル、
アトレ四階のパリのパン屋さん、
「グルニエ ア パン」で、クロワッサンに
キャラメルを塗ったパンとブリオッシュの
上にオレンジピールとアーモンド
スライスをのせたパンの2つを購入。
家カフェしました〜これはバケット
よりも美味しかったですね‼️


日本の最高傑作を鑑賞して、パリの
甘いパンを食べて、空は秋晴れだし、
もう何も欲しいものはありません(≧∇≦)

#速水御舟展 #天才画家 #重要文化財2点
#琳派風の屏風 #墨絵