2017年もありがとうございました^_^ | Keikoのブログ

Keikoのブログ

アイルランドの伝統音楽を中心にしたケルト圏の音楽をハープと歌で奏でてます。


テーマ:
喪中のため、来年のご挨拶も兼ねて、、、

今年もたくさんの人と関わり、素敵な1年を過ごすことができました。ありがとうございました。

{4E3CAC40-B135-46B0-BA15-3576BAE2E31E}

今年の振り返り。、

ここのところずっと、おおまかな目標はあるものの、毎年なにがあるか全く予想できない1年を過ごしてます笑

ユニットでの活動は去年に続き、楽しくさせていただいてましたが

{AAD363D4-D89F-452B-8CB6-898F7C4B5DF6}

{D1D5A9D5-38AD-424B-99C0-A75F677DACEB}


今年は春頃から急に別の動きがでてきました。


東京ハープフェスティバルで、アイルランドのコーラスグループANUNAの日本版カバーバンド、ANONAに参加させていだだくことになりました。


美しい音を目指すために、こんな風に歌に向き合える時間が来るなんて思ってなかったのでとても嬉しかった。

{137A3155-045F-4E44-B27B-85726B89A281}

{2530D3BC-C29B-4A5C-8451-32009ABC1B7B}

そして、尊敬する大好きな音楽家である、二胡奏者野沢香苗さんのアルバム「Brave」に参加させていただき、大好きな作曲家の寺嶋民哉さんのご自宅でのレコーディングをさせていただきました。

素晴らしい音楽家の方がたとご一緒させていただきました。みなさんほんとに優しくて。とても幸せな2日間でした。

{204B74F7-A9E6-46D2-85D5-3DD1195F8273}

香苗さんのレコーディングとANONAは完全に同じタイミングでした。

お話をいただいたのも同じ時期。
本番も同じ時期(1日違い)

365日あるのに、こういうことはなぜか集中するんだなと面白い気持ちになりました。


8月から11月はアイルランドに滞在しました。ビザマックスの3ヶ月でした。(アイルランドブログは生存確認用と自分の記録用に書いていたので現在は公開してません)
{DAADDA51-6FAF-46C0-ACDD-E20AC13E57B0}

{B79507E5-0666-4E3F-96B0-6DE222D43629}

{C853DF36-9FF1-4E2F-B6FE-E9ADF33D4F4E}

{B7F1FDB0-64AF-4F3F-A368-3266FB7308D1}

アイルランドのワンちゃんはすぐ降参する笑
{EE5A5D50-A205-4DBF-9F5F-D21088BB0E30}

黒顔の山ひつじとウインドミル
{2AA62AEE-4154-4A08-81D0-A8BFE8F01E43}

{C737E344-2129-4B37-BEC5-607753166274}

レッスンにセッションの日々。
まったりのびのびと過ごさせてもらいました。

{B05ED31C-9004-4259-A882-1DC8059A940F}

{68C399BF-02F4-4DD7-83A9-AFD03B7AF4A3}

{090E08E7-2EDA-4059-9CBD-F41515E4CDC3}

{6254A3A8-4DB3-4C8E-B864-82ADC6246E4D}

{9D37B5BC-627A-4073-8A6E-1DAB42A49EEC}


去年までにアイルランドで滞在して出会ったたくさんの人たちと、前よりも少しだけ深く関わることができました。みんなととても仲良くなりました。新しい人たちや機会との出会いもありました。


2週間に一度はフェスやお泊りで小旅行をして、ホストの友達が誘ってくれたり、紹介してくれて、セッションにもハープを持って毎日のように通いました。


そんな風にいろんな知り合いと交流をもてて、寂しい思いをすることは一度もありませんでした。
私にとって第二の故郷です。


こんな時間が過ごせたのも大好きなアイルランドだったからだろなと思います。感謝しかありません。


{D8AB7418-237F-48B8-BAE4-B0811639B4A1}


そんなアイルランドから帰国して3日後から、すぐにザ・チーフタンズのコンサートツアーの準備。

ANONAで参加させていただき、アイルランドの国宝級の音楽を肌で感じさせてもらいました。


私は計4回の公演に出させていただき、涙が出るほど素晴らしい音と一緒に歌えて本当に幸せでした。


帰国してすぐだったので、気が休まる暇がなかったけど、とても貴重な経験ができました。ANONAに入ってなかったらこその機会で、なんてラッキーなんだろなと思います。


今年も、去年よりさらにアイルランドとその音楽、人たちに関われた1年でした。

{AB949ECD-2547-4FED-812F-56578A5E6660}


大好きなアイリッシュの先生たちの「私も、いまも勉強し続けてるわ!」という言葉や「いつでも私の音楽をシェアするから言ってね」と言ってくれた懐の広さがいつも響きます。


また「けいこ、一緒に音楽やろう」と言ってくれた音楽友達と、音楽の話をしたことも。


ネイティブの彼らでさえ、トラッドの音楽をやったり、ゲール語を勉強するにあたって、どんな努力をしてきたか、しているか、話してくれたことを忘れません。

{AE46F19B-F4A9-498A-B7D2-A62F48D4FFFF}

{32277D75-F688-4BA7-8CEA-5B9B0AAA9669}

{FDA123C6-E9BE-4BD8-A412-1F9213ECA79F}

アイルランド音楽のトラッドの演奏家になりたいと、改めて思った年でした。来年もまた少しでも成長して、彼らの音に少しでも近づいた形で行けるように、日本で勉強、活動をまた頑張っていきます。


実際にローカルなレベルでアイルランドの人と触れ合ってるから感じられること、教えてもらえたことを、これからもっともっと、たくさん知っていきたい。


まだまだ駆け出したばかりですが、いつか、日本でも少しずつ、音楽と一緒にそういうことも伝えていけるようになれたらいいなと思ってます。keep practice!


{1383CFAB-6D76-4D42-8A59-F959516E53B8}

{CE38F251-1EA0-4D2A-8771-328FC94217B7}

{8A0ACF68-0488-4A4B-B50A-74403FB17C13}

{94B1B210-FCD0-45A2-9F1F-5135C4F0FE75}

{926415AA-8131-446B-9E2B-8F577850FB16}

{12545162-3E4B-4C69-AC96-70243CF434F3}

{4243F142-97BE-4783-A97F-71FBDFEFBE0A}


来年もまた流れに任せて楽しくいきます。ちょっと考えてることもあるので、それを叶えながら、まったり、地に足着けつつ、のんびりと歩いて行きます。


みなさま、今年もありがとうございました。
素敵な新年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

{FD1ACD3E-415A-4872-901F-0F1CCECA981A}

{B605B548-2F28-470E-A515-34202CCBC5A0}

{E089B26B-3E2E-4A37-AFC5-42D69D7DFF50}


Keikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス