ニュースの反応で相手のものの見方・価値観が見えてくる

 

 

こんにちは。

コミュニケーション・カウンセラーの船本美香です。

 

那須へゴルフに行ってきました!

紅葉が鮮やか!

もうすでに冬の冷たい空気でした

 

 

 

一昨日に飛び込んできた衝撃的なニュース。

カルロス・ゴーン氏の逮捕。

 

テレビやニュースサイトは

この話題で持ちきりですが、

 

私はこういう大々的なニュースがあると、

ニュースの中身よりも”あること”に注目しています。

 

 

それは、

 

ニュースを見る人の反応やコメント

 

 

いやぁ、

今回も様々な反応があって、

 

「そこに目をつけるんだ」

「そこが気になるんだ」

 

と自分にはない気付きがあって、本当に面白い!!

 

 

 

特に、人は

 

ポジティブな出来事よりも

ネガティブな出来事に対して感度が高いし、

 

何に対して不快・不満・不安を示すかは

その人の深層心理にも通じているので、

 

その人の価値観まで見えてくるんです。

 

 

 

そういえば、以前、

企業の人事で採用面接を担当していた頃に

 

「あなたが今、最も気になっているニュースは何ですか?」

 

という質問を必ずしていました。

 

 

予め準備されている(作り込まれた)自己PRや志望動機を聞くよりもずっと、

目の前の人がどんな人かがわかるので、うってつけでした。

 

 

 

さて、

私はこのニュースをどう見るのかといえば、

 

誰よりも戦略家で賢いはずのゴーン氏が

なぜこんな事態に陥ったのか

 

が気になって仕方がありません。

 

 

 

私は日頃から

人の内面の深いところまで話を聞かせてもらったり、

行動分析を行っていることもあるため、

 

起きている事柄の《背景》や《原因》を

探りたくなってしまう。

 

 

 

全てに通じますが、

 

「今」起こっている出来事や遭遇する問題の《原因》は

「今」より前(=過去)にある


つまり、


「今」の自分の状態は
過去の自分の行動・判断の《結果》
と言えます。

 

 

 

「今」の出来事や問題に対処するのは欠かせませんが、

それを引き起こした大元にたどり着かない限り、

 

いつかまた同じような出来事・問題が

生じてもおかしくないのです。

 

(いつまで経ってもその大元が原因の出来事・問題に振り回される)

 

 

 

 

人生は山あり谷あり

 

とも言われるように、

 

私たちの人生を長いサイクルでみると

上昇期↗️と下降期↘️が存在します。

 

 

上昇期

心身ともにチカラがみなぎって、やる気も湧いて、

新しいことにチャレンジできるし、

取り組んでいることに成果が出てきやすい時期。

 

 

 

一方で、

 

下降期

心身ともに疲れが出て、

どうにもやる気がわかなくて、

何も手につかない(やりたくない)状態に陥り、

判断間違いやトラブルも生じやすい時期。

 

 

 

多くの方が自分にもこうしたがあることを

なんとなく感じているのではないでしょうか?

 

 

 

こうしたサイクルって、

 

私たちが長い人生を生きるためには、

 

精力的に活動するのも大事だけど

適宜、休息するのも忘れないでね

 

という意味もあると思います。

 

 

ずっと走りっぱなしじゃ体力も気力も消耗してしまって

どこかにボロが出てきますしね。

 

それを防ぐために組み込まれた

生き続けるための仕組みなのでしょう。

 

 

 

さて、

 

これはあくまで事例としてご紹介ですが、

 

今回、カルロス・ゴーン氏の人生サイクルを

分析(プロファイリング)で確認してみたところ、

 

 

ゴーン氏は今、

 

下降期の真っ只中

 

でした。

 

 

先に書いたように、

「今」起こっていることの原因は過去にあります。

 

 

「今」が下降期だから逮捕という事態になったのではなく、

その前の上昇期の暴走(慢心・驕り)の負の影響が

下降期の「今」に現れてしまったといえるでしょう。

 

 

 

 

事を成すには行動(アクセル)が欠かせないことは明らかです。

 

 

しかし、

長い目で見れば、

立ち止まって状況を見直す(ブレーキ)も欠かせません。

 

 

車でいうと、

いざという時に必要なのは

ブレーキじゃないですか??

 

(止まれなかったら、周囲を巻き込んだ事故が起きてしまう)

 

 

 

調子がいいときこそ、

周りが見えなくなりがちです。

 

あなたがもし、

今が調子のいい時期であれば、

一度立ち止まって振り返るのも大事かもしれませんよ!

 

 

こんにちは。

 

コミュニケーション・カウンセラーの船本美香です。

 

 

11月のスケジュールを調整していて、ふと

勤労感謝の日(23日)を見つけて嬉しくなりました照れ

 

と思ったら、

前日の22日はいい夫婦の日なんですね!

 

 

 

 

 

私は(自分で言うのもなんですが)

「褒め上手」です爆  笑

 

 

 

誰のことを一番褒めているかといえば・・・

 

 

 

私自身のこと!!

 


 

えっ!?
と驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

もちろん、

育成の現場では受講者のことも適正に褒めていますよ!

 

 

 

 

ちなみに、みなさんは

どれくらい自分のことを褒めていますか?



私が「自分を褒める」ようになったのは
記憶をたどると、

小学校高学年の頃から。

(きっと当時は、“励まし”の意味合いの方が大きかったのですが)


なぜ、こんなことをしていたのか?

というと
 

理由はただ一つ。




親や先生に褒められなかったから
 

 

 

私は長子(二人兄弟の上)ということもあり、
親から色々と指摘されることはあっても、
滅多に褒められませんでした。


そして、
親からよく言われた【3カ条】があります。

────────────
一.笑顔であいさつ
二.正しい言葉遣い
三.人の二倍努力する

────────────

この内容だけ読めば
立派な行動指針?のように思われるのですが、


この3つを挙げた理由がなんとも悲しい・・

 

 

あなたは容姿がよくないから

せめて人前では笑顔で

自分からあいさつしなさい

(そうすれば嫌われはしない)

 

あなたは頭がよくないから

せめて言葉遣いはしっかりしなさい

(そうすれば馬鹿扱いされない)

 

あなたは要領が悪いから

せめて人の二倍は努力しなさい

(そうすれば落第はない)

 

 

*親はこんな話をしたことをすっかり忘れているようで

今となっては、笑い話となっています

 

 

 

この指針のおかげで

陰で地道な努力をしてきたからこそ、

 

どうしたらできるようになるか

 

を探求する姿勢ができて、

今の自分や仕事にも通じていると思います。

 

 

 

 

さて、話題を

「自分を褒める」に戻しますね。


私たち日本人は“謙虚”や“和”を重んじるせいか、
「褒める」や「褒められる」に対して、
気恥ずかしさを感じることが多いようです。


他人を褒めるならまだしも、


自分で自分を褒めるなんて、
自惚れ・自己愛が強すぎる人と感じてしまう
!?



でもね、

これって逆なんですよ!!


自分で自分を褒められないと、
他人を褒めるのも難しい


のです。



先にあげた「自惚れ」は、

 

他人の評価をそのまま受け入れてしまう

 

ことで起こります。


他人からの評価は正当なものもありますが、

中には不当なものや

ときにはお世辞やおだてなども含まれるでしょう。


こうした区別ができずに、

お世辞やおだてを真に受けて、
自分を過大評価してしまうことが「自惚れ」

です。



一方、
自分で自分を「褒める」とは、
自分の言動を客観的に捉えて、
その言動を自分の評価で“良い”と認めて讃える

こと。


これができるようになるには、
自分の言動に対する

良い・悪いの判断ができること

 

 

つまり、

自分の《軸》が必要上差し

 

 


自分の《軸》が出来上がると、


他人からの評価を

冷静に受け止められるようになります


 

他人から褒められたことを

自分でも良いと思えれば、

 

素直に「ありがとうございます」と受け入れられる。

 

 

ときに、
自分と他人の評価が異なったときでも

 

その違いは何か?

 

を深堀りして、
より広い視点で物事を捉えられるようになるんですね。



そして何より

自分の《軸》が出来上がることで

大きな効果を発揮するのが、

 

他者の行いに対して“良い”と感じたとき
素直に表現する=褒める

ことができる!

 

 



 

言葉とは不思議なもので、
心からの素直な表現は相手にしっかり届きます。



自分が素直に良いと思ったことを言葉にできる

 

→相手が素直に受け入れる

→相手が嬉しいと思える

 

そうすると、

 

→自分も嬉しいと思う


というように、

 

 

心からの「褒める」ができるようになると、
自分も相手も嬉しいで満たしてあげられるんですラブラブ


こうした嬉しいの輪うずまき

「自分を褒める」ことから始まっています。



あなたは普段から

自分をどれくらい褒めていますか??

 

 

どんな些細なことでもいいので、

(むしろ、条件は一切つけずに)

一日の終わりにでも自分を褒めてあげてくださいね。

 

 

こんにちは。
コミュニケーション・カウンセラーの船本美香です。
 
 
今年も残すところ、あと1ヶ月半。
 
 
実はこの11月って、
何かひとつ目標を決めて取り組むのには絶好の時期なんですよ!!
 

 
「今年の***は今年のうちに」
 
というフレーズのように、
今年中にやりきりたい!という意識がぐっと強まり、
 
忙しい時期でも集中力が高まって、
達成スピードが速くなる方が多いんです。
 
 
 
こじらせてしまった人間関係や
ずっと抱えている対人コミュニケーションの悩み・課題を
年内にスッキリ虹させたい方は、
 
今月の相談会(お試しセッション)は
とってもいいタイミングだと思いますウインク
 
 
*11月の相談会(お試しセッション)の受付は終了しました
次回のご案内は11月下旬の予定です
 
 
さて、今回は
個別セッションの感想が届きましたのでご紹介します。
 
=======
50代 男性 K様 
経営コンサルタント&人生デザイナー
 
K様の会社のホームページより抜粋
 
 
K様は華麗なる経歴をお持ちの方。
 
外資系企業に約20年勤務した後、
ヘッドハンティングされて従業員20名ほどの会社の社長を務め、
現在は経営コンサル(企業向け)&人生デザイナー(個人向け)として活躍されています。
 
 
世界規模での事業・プロジェクトも経験され、
多種・多様な仕事の現場・働き方・人を直接見てきて、
ある”疑問”が湧いてきたそうです。
 
それは、
 
日本には優秀な技術や能力を持つ人材が多くいるのに、
それを生かすどころか、
現場で疲れ果ててしまう人が多いこと!
 
 
こんな働き方はおかしい!
この世の中をどうにかしたい!!
 
誰もやらないなら自分がやる!!!
 
という熱い想いで、
 
「働くことは楽しい」
 
という自身のポリシーを屋号に掲げ、2016年に独立。
 
 
事業の柱は中小企業の人材育成ですが、
働く主体である「個人」にも目を向け、
 
人生を楽しく豊かに生きる人を
もっともっと増やしたい
 
と、
今年から人生デザイナーとしての活動を始めたのを機に、
 
今回は個別プロファイリング()も用いて
 
・ご自身の活動機運に則った事業スケジュール策定
・ご自身の性格・資質に応じた対人コミュニケーションアドバイス
 
をおこなっていきました。
 
*初回お試しセッションでは対象外
(継続セッション限定メニューです)
 
 
 

K様からセッションの感想をご紹介します。

(掲載許可いただきました)

 
======
Q1.セッションのよかった点を教えてください
 (セッションの進め方、話しやすさ、など) 
 
船本さんとのセッションはとても話しやすくて、楽しかったです。 
細かく質問されたわけでもないのに、
自分からペラペラとしゃべってしまいました。 
 
単に船本さんの雰囲気が優しくて話しやすいというだけではなく、
質問の内容が的確だったこともその一因だと思います。 
 
自分で自分のことをしゃべっていると、
自分自身のことを客観的に考えられるようになります。 
 
すると、話しているだけで、
ああ、こうすればいいんだという解決策が浮かんできます。 
 
そうやって浮かんできた解決策やアクションアイテムは、
人に指図されて出てきたものでないので実行に移しやすいし、
その行動の結果も自分で素直に受けとめられて、
次のアクションにつながっていきます。 
 
短いセッション時間でしたが、
ここまでいろいろな気づきや、やる気、
次の行動を与えてくれるセッションは初めてでした。
 
 
 Q2.船本美香の対応・印象は?
 
美人であることは写真を見てもらえれば
納得していただけると思うのですが、
それなのにとっても話しやすい人です。 
 
初対面の人でもすぐに打ち解けて話ができるでしょう。 
決して自分からペラペラとしゃべったりして出しゃばらない人です。 
 
このようなセッションを行っている
コーチやコンサル、カウンセラー、セラピストはたくさんいらっしゃいます。
 
どんなに技術をもっている人でも、
自分と合う・合わないという相性があります。 
 
賑やかな人、やたら明るい人、元気な人、エネルギッシュな人、
暗い人、理屈っぽい人、おしゃべりな人は苦手だなあと思う人は、
船本さんがぴったりだと思います。 
 
 
Q3.このセッションはどんな人におすすめですか?
 
自分の今の課題が明確な人
何かモヤモヤしている人
何かうまくいっていなくて課題がよくわからない人
今の状況をなんとか打ち破りたいと思っている人
 
こうした人は一度、
船本さんのセッションを受けることを強くお勧めします。 
 
必ずあなたの次の一手、
次の一歩がつかめる
ことを、私が保証します!
======
 
K様、ありがとうございました!
 
僭越ながら、
同じ人材育成に携わる者として、
K様の取り組み姿勢・活動に刺激を受けました。
 
楽しく仕事をして、イキイキとする「個人」が
もっともっと世の中に増えるよう、
私も今できるサポートをしっかり行なっていきます!
 
そして、
引き続きどうぞよろしくお願いしますウインク
 
 
K様の熱い想いをもっと知りたいという方は、
こちらにインタビュー記事が掲載されています。
(実名&写真入りです!)

ぜひご覧くださいね。

 

 

 

ダイヤオレンジ個別相談会のご案内ダイヤオレンジ

初めての方は、個別相談会(初回のお試しセッション)からご参加ください。

 

*11月の受付は終了いたしました

次回のご案内は11月下旬の予定です

 

もし、あなたが

 

チェックコミュニケーションに自信がない

チェック人と上手に関われない

チェック自分の想いを伝えられない

チェック周囲の目や反応が気になって気疲れしてしまう

 

そんな悩みをお持ちなら、

ぜひお試しセッションを受けてみませんか?

 

 

話をしていきながら、

 

・現状の整理

・すぐに対処できることへのアドバイス

・今後取り組んでいくこと

 

を一緒にだしていきます。

 

どうしていいかわからずにモヤモヤした状況を

年内にスッキリさせちゃいましょう!