Snow Leopardに対応してないと言われてるのでちょっと迷ってたんですが、強行して紹介しちゃいます。今回はWincloneというアプリケーションの紹介です。

このアプリを使えば、BootCampアシスタントで作成したWindows領域を丸ごとバックアップできちゃいます。通常、Time MachineやCarbon Copy Clonerでバックアップを取れるのはMacのパーティションのみになるので、これは重宝します。

あくまで今回はLeopard上での導入になります。Snow Leopardにて動作するかは保証できませんので、あしからず。こちらのサイトを見ると今のところは非対応(?)になってますので、アップデート版を待った方が良いのかもしれません。

Snow Leopardにて動作確認できました。Preferencesにて「Use "special" compressed image format~」にチェックが入っているか確認しましょう。「Use mountable Disk Image format (dmg)」を選択していると上手くバックアップが取れないようです。以下の画像参照。

$MacやらiPhoneブログ-Winclone Preferences




初めにこちらからWincloneをダウンロードしてきます。(現時点での最新版は2.2です。)ディスクイメージがマウントされたらWincloneをアプリケーションフォルダにDrag & Dropします。

MacやらiPhoneブログ-Install NTFSProgs

初回起動時にNTFSProgsのインストールが必要だといわれますので、<Download>を押してNTFSProgsをダウロード&インストールします。

MacやらiPhoneブログ-Intro

上の画像は毎回Winclone起動時に表示されます。「Don't show this warning in the future」にチェックを入れておくと次回からパスできます。この英文のだいたいの内容は自己責任での使用、何が起きても保証はありませんよ的な事なので、それをふまえてAgreeを押します。

MacやらiPhoneブログ-Winclone Image

Windowsパーティションの縮小を行いたいと思っている人はまず、上部のメニューよりTools>Shrink Windows (NTFS) Filesystem...を選択します。そしてWindowsパーティションである/dev/diskOs3/を選び、<Shrink>をクリック。しばらく待つとWindowsパーティションのサイズが可能な限り小さくなっています。

この状態からバックアップを取ります。(バックアップを取り終わった後、サイズを元に戻したい場合はTools>Expand Windows (NTFS) Filesystem...で先程選択した/dev/diskOs3/を<Expand>します。)




Imageタブ内のSourceよりBootCampで作成したWindowsパーティションを選び、右下の<Image...>をクリックするとファイル名と保存場所を聞いてきます。

MacやらiPhoneブログ-save

内蔵HDDにも保存できますが、Windows領域の使用容量がでかいと保存しきれなくなるので、外付けの大容量HDDへの保存をお薦めします。

ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー

オススメなHDDは以下。

BUFFALO USB2.0&eSATA&IEEE1394/1394b用 外付けHDD for mac 1TB HD-M1.0TIBSU2
FW800やFW400も使えてファイル転送も楽々なモデル。外観もクールです。

LaCie 3.5インチ 外付ハードディスク LaCie grand 2TB LCH-GR2TU
シンプル・イズ・ベストな感じのLaCieの外付けHDD。値段もかなり手頃。欠点はUSBのみの接続になる事くらいかと。。。しかし、USB BOOSTなる機能がその欠点を埋めてくれそうです。

ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー~ー

ファイル名と保存場所が決まり、<OK>をクリックすると、バックアップが始まります。


MacやらiPhoneブログ-Operation Completed Successfully

上の画像が出てきたら、バックアップ完了です。

自分の場合BootCampアシスタントで126GBのWindows領域を確保していて、約70GB使用していたのですが、バックアップにかかった時間は1時間程度です。

○○○.wincloneという拡張子で保存されていると思いますので、サイズを確認してみましょう。

MacやらiPhoneブログ-サイズ

126GB中70GB使用していたWindows領域が60GBにまで圧縮保存されています。これには驚きました。Time Machineみたいにとはいきませんが、定期的に何個かバックアップを取っておくのもいいのかもしれません。



このWincloneでバックアップを取った方はBootCampのパーティションサイズの変更が容易に出来てしまいます。「何かWindows側の容量少なくなってきたなぁ~」とか「こんなにWindows側の容量いらなかった、、、」などBootCampアシスタントでパーティションを切るのを失敗した方はわざわざリカバリーしなくても大丈夫なんです。

このBootCampのパーティションサイズの変更については次回解説していこうと思います。


とりあえず、お疲れ様でした。



2010/03/15 追記

2010/04/15 追記




関連記事

BootCampのパーティションサイズの変更方法 解説

Carbon Copy ClonerでMac OS Xのシステムを完全バックアップ 解説


AmazonでAppleの最新商品を手に入れよう!!

MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD

iLife 11

Apple Magic Mouse MB829J/A
AD