第一婦人(義母)が先週の土曜日からヨークシャー地方に住む妹の家に行っていた。
私が何故に第一婦人と呼ぶか、ブログを長らく読まれている方ならご存知である。
背後霊か第一婦人か・・呼び迷うほど息子の生活に貼り付いている義母であるからそう呼ぶ。

義母の妹はロックダウンの最中に夫を脳梗塞で亡くした。
今は1人になり姉である義母に「年末ぐらいまでうちに来たら?どうせ家から一歩も出ないのなら」と声をかけてくれていた。
出不精の義母は行くのを面倒がったが、私の夫の説得により先週行った。
飼い犬も連れて行ったので、正直私達によっては休憩になる。
義母の犬の散歩に毎日行かなくて良いし、煙草を買いに行かされる事もない。
義母が行って2日目から、あんなに風邪を引いていた夫が完全復活した。

しかし昨日「土曜に帰る」と連絡があった。
「私の冷蔵庫に牛乳とベーコン、ハムとパンを買っておいて。それと庭の花に水やりもやっておいて」と義母は言った。
「もうちょっと、ゆっくりして来はったら宜しいのに~」と言ったが、「十分よ1週間で」と義母。
「どうせ戻って来ても何処にも行かないわけですし、薬なら送りますから安心して年末までおられたら?」と説得に入るも、義母は「帰る」と言った。
アンタ何も用事ないがな・・・そのままおったらエエのに・・と言えたなら・・

夫は昨夜から風邪の症状が戻り別室で寝た。
それ・・風邪ちゃうで・・・第一婦人病やで、多分・・・
人気ブログランキングへ