職場ではマスクが義務化されたのであるが、本社から医療用マスクが毎週送られてくる。
3~4時間に1度マスクを取り換える事と30分に一度の手洗いが義務化されているが、スタッフがどの程度それを守っているのか、もうそれは個人にお願いするしかない。

使い捨てマスクを3~4時間に一度付け替える、これは特にレジでお客様と何時間、何十、何百人も接触している者にとっては名案かなと思う中、店長を含む20代のスタッフはこの医療用使い捨てマスクがダサいと言い、その辺の店で売っている布製のマスクを着用するようになった。
GAPなどでも洒落た生地のマスクを買えるから、お洒落感覚で着用したいのだと思うが、これだと結局9時間勤務で同じマスクをし続ける事になってしまい、3~4時間に一度の取り換えを守る者が私と数人程度しかいなくなってしまった。
それを翌日、また翌日と使い続け、アレは洗っているのだろうか・・と触れてはいけない、知ってはいけない聖域のように思っていたが、昨日スタッフルームに掃除機をかけていたら、うちの若いスタッフ達は布マスクをロッカーに入れて帰宅している事が分かった。
洗ろてへんやん・・・

義務化されるからマスク着用が仕方なしに浸透しつつあるが、これを清潔に保つという意味合いまでは浸透出来ていない。
使い捨てマスクは使ったら捨てましょう、布製マスクなら毎日洗って使わなければ清潔を保てませんよ、清潔を保つ意味はね、何故そうする必要があるのか、だから必要なんですよ・・という清潔の必要性を首相が言わねば、このマスクを清潔に保つという事そのものを知らない国民が実は多いのではないのかと、同僚らを見ていてそう思う。

これと同様、自宅は好きにしたらエエが、公共のトイレを使う場合はちゃんと流しましょう、手を洗いましょう、出来れば石鹸を付けて洗いましょうという事そのものを、こんな近代国家になった今更であるが、ボリスジョンソン氏は国民に訴えかけねば、これを浸透させる事は不可能だと暮らしていて思う。

先日、夫が胸のレントゲンを撮りに行かされた。
過去4か月間にコロナ検査を受けた人のその後のデータを取る為である。
陽性、陰性関係なく、咳の症状で検査を受けた人が対象らしい。
夫は検査に行く際、病院から綺麗に洗った服で来る事、当日の朝はシャワーを浴びる事、清潔なマスクを着用して来る事などが言われていたが、行ったらそこにいる看護師さんらはマスクを顎の下にかけているだけで、鼻と口を覆っていなかった。
あれ・・人にはあんなに厳しく言うてたのに・・夫は笑ってしまったという。

マスクに意味はないと4か月言うていたが、やっとイングランドも「マスクを付けましょう」と言い出した。
どうかそこに「毎日洗っている」を付け加えて欲しいと願う。
人気ブログランキングへ