八百屋に行くと思いのほか混んでいた。
顔馴染みの八百屋のお兄ちゃんが私に「日に日に混んできた」と言いながら、リンゴを補充していた。
それだけ緊張していた気持ちが緩んだ証拠であろう。

この八百屋も他店同様、今も2メートル置きに並び、2メートル間隔を保って買い物を一方通行ルールでし、レジまで行かねばならない。
1週間分の野菜と果物を買うので、私のカゴはレジの前に来るとかなりの重さになっている。
パイナップル1個、メロン1個、キャベツ1個にミカンやリンゴやレモンや・・と入ると、なかなかの重量になる。

会計中のおばちゃんから2メートル離れてレジを待っていると、一方通行ルールと逆走してジジイが桃2つを手に持ってレジに並ぼうとした。
ジジイは桃2つだけなので、買う野菜が多い私は譲る気持ちであったが、レジ中の八百屋の兄ちゃんが「すいませんが、一方通行ルールに従い、2メートル間隔で待ってレジに来てください。そうでないとそれぞれのソーシャルディスタンスが保てない」と言った。

ジジイは支払い中の女性の真横に来て自分の手を伸ばし、「釣りは要らん!!」と現金を置いて去って行った。八百屋の兄ちゃんは「そういう行為が困るんや!!」と怒鳴ったが、ジジイは「ウルサイ!!そんな事言う前にサンキューと言え!!」と言いながら出て行った。

あんな客がうちにも近日中に来るだろうか・・・
人気ブログランキングへ