義母から「ファンデーションとマスカラが切れたから、ランコムの・・」「それとクリーム色とゴールドが入ったような色のサンダルが欲しい」と言われた。
ファンデーション要らんやろ!!
「家から出ないのに毎日ファンデーション使ってはるんですか?」と聞いた。
義母は「そうよ」と言った。

ロックダウン前日の夕方、私は町から子供の学校へと車で急いでいた際、義母の車とすれ違った。
こんな夕方・・・どこ行くんやろ・・と不思議であったが、ネイルサロンに行っていて、肝心なものは何一つ買って来なかった義母の事は以前に書いた。
その時、ランコムに立ち寄りファンデーションも購入して帰宅したらしいが、この3か月で切れたらしい。

義母は白血病を持っているので、恐らく年末まで家から出ない、下手すれば来年の今頃まで家から出ない構えである。
この夏休みに人が国をまたいで移動すれば、9月末には再び感染者数と死者数は増えると予測している義母。
そうなれば、持病をもつ者にとっては「もう安全」はいつになるか分からない。
義母にとって化粧はせめてもの気晴らしなのかも知れない。
サンダルは何でか知らんが・・
人気ブログランキングへ