今日はマイナス5度。
鼻がつまって半分しか呼吸できない感じであったため、いつものように車内でビックスベポラップを鼻の穴の中に突っ込んだ・・・がしかし・・・駐車場から職場に歩いて向かっている時の外気のあまりの冷たさに加え、ビックスベポラップのスース―感で、鼻が取れるかと思う程痛かった・・マイナス5度の日はやめといた方がええ・・

さて週末は娘のクラスメイトの誕生日会であった。
今回はダンスレッスンパーティの為、付き添わなくて良いパーティだったので、娘を送った後は仲良しお母さんとお茶しに町へ。
そこで来週水曜日の放課後に開催される問題女子1号の誕生日会の話題になった。
ちなみに娘はピアノレッスンがあるので残念ながら不参加であると伝えてある。
(良かった・・ピアノの日で・・)

何度かこの問題女子1号の話題は記事にしてきたが、先日はこの女子が書いたであろうメモがクラス内で見つかり、そこに毒の作り方、また復讐の為であるという旨の内容が書かれた紙が見つかった。
しかしながらノートは問題女子のもの、筆跡も問題女子の物に間違いないと誰もが知ってはいるが、本人は認めておらず又、証拠も無いのでそのままになっている。
詳しくは過去記事を参照されたし。

この問題女子1号のお母さんから「娘の誕生日プレゼントはラップトップ(ノート型パソコン)を買い与える事にした。本人の希望でもあったし」と聞いた友人と私は、一瞬ゾっとした。
既に何らかのSNSから毒の作り方や草木に含まれる毒などを検索しているというのに、その事実を知らないか知ってて「そんなの子供なら誰でも検索するでしょうよ・・」と思っているのか知らんが、この虚言癖&窃盗壁のある女子に専用のパソコンを与えるというのが、まさに我が子の事を知らんという証拠である。

先日、大阪で起こった小6女子誘拐事件のニュースにおいて、母親が「月に何度かスマートフォンの中身をチェックしていたが、メールのやり取りは知らなかった」と言っていた。
ここが怖いと思うのである。
ひとたび携帯やパソコンを渡してしまったら、親が100%完全なる監視下の元に把握するという事は可能かというと、絶対に無理であると思う。

問題女子が誰と繋がろうと私の知ったこっちゃない。
がしかし、毒の作り方やらサイコな方向で我が子に関わられたら、それが怖いのである。
問題女子が問題児と知らなければ、この子はとてもチャーミングで面白い。
私もたまに話す事があるが、的を得ていて大人的でユーモアがある。
うちの娘だけでなく、他の女子から嫌煙されながらも人気があるのが大人の私にも説明しにくいが分かる。
何と言うか、よく物事を見ているというか知っているというのか・・8歳9歳の女の子からすると、大人びていて魅力がある。
好奇心が非常に強い子なんだろうと思うが、驚くほど発せられる言葉のそのほとんどが嘘であったりする時もあり、どういう思考なんだろうかと私まで引き込まれてしまいそうになった時期があったほどである。

問題女子の祖母から聞いたのであるが、母親は夜7時前に帰宅する。
子供達はそれまでに祖母宅か父親と共に夕飯を済ませ、7時になったら寝室へ移動。
入浴は週1なので、基本7時になったら部屋から出てはいけない決まりになっているという。
部屋でネットフレックスなどのTVを見たり本を読んだりするのは自由で、眠くなったら寝るという。
夜7時から一階は大人の時間であるから、両親の時間を邪魔してはいけない決まりになっているらしい。
この自由が余計に怖い。

9歳でパソコン・・それが白熊の生態とか、排気ガスによる影響が及ぼすものなどを検索するなら良いが、何を調べたいのだろうかと思うと、「図書館で借りて調べたらエエやん」と娘に言う私は相当なる時代遅れと言えよう。
今の時代、図書館で調べものをする人など皆無であろうか・・
人気ブログランキングへ