教頭職のうちの旦那がいつも言う。
「子供に問題児はおらん。親が問題やから問題児になるだけ。99.9%は親や」と言う。
多分、子供に関する仕事を持った人は皆そう思っているかもしれない。

今日も職場で床に落とされた商品を拾い並べていた時の事。
孫を連れた祖母がポテトチップスを食べながら店内をウロついていた。
その油でベトベトした手で商品を触り、油染みで売り物にならなくなる事が分からない老女に私は「すいません。店内での飲食はお断りしております」と言った。

祖母は悪びれる様子もなく「いいのよ、もう終わるから」と言い、孫に向かって「このレイディにポテトチップスの袋を渡しなさい。ゴミを捨ててくれるそうよ」と大声で言った。
私は「店外のショッピングモールにゴミ箱が設置されておりますから、そちらでお捨て下さい」と伝えた。
祖母は「ゴミ箱くらいあるでしょう?」と私に袋を渡そうとしたが、私は受け取らない姿勢を強行。

私はそのまま仕事を続けた。
夕方、売っている靴の中から丸められたポテトチップスの袋が出て来た。
さっきのババアである。
ババアにやられた・・
接客は人間修行の場かも知れぬ・・
いつかこんな事も怒らぬようになった時、私はダライラマのようになっているのであろうか・・
人気ブログランキングへ