夫がTVを壁に掛ける用の部品をネットで購入した。
最寄りの電気屋に在庫が無かったため、その店のサイトから取り寄せたのである。
TVコードを壁から通さねばならず、うちの場合は煙突が通る壁にコードを通す事になるため素人では出来ず、電気屋さんに来てもらっての取り付けとなった。
例の如く配達日を指定し、電気屋さんに来てもらう日も指定しておいた。

がしかし・・・指定日を1日超えても来なかった。
夫が販売先にメールを送ると、6時間後に返答があり「工場から郵便局へはきちんと出荷されましたが、郵便局が紛失した」と返答があった。
郵便局からの返答としては「紛失したものを見つけることは困難」との返答があったが、そこそこデカい荷物である。
1メートルは軽く超えている長方形の部品が箱に入って送られているわけで、あんなデカいものを間違ってどこかに配送したら、誰かが必ず気が付くはずである。
がしかし、郵便局は「全国の郵便配送センターに連絡をしても見つからない」との返答があった。

販売元の電気屋としては郵便局のせいにしたいが、郵便局としては「荷物は紛失する可能性もあるもの」とし謝罪も探している気配も見えない。
結局、あとは販売元が郵便局と折り合いをつけて探し出す事となり、ひとまず私達には買った商品の全額が返金された。

困ったのは、その電気屋に部品がたった1つしかなかった事である。
そのたった1つが紛失されたため、別のメーカーを当たり、8件目で見つかった。
至急、送ってもらうように手配し無事に届いたから良かったが、郵便局という組織をもってしても「荷物は無くなる可能性のあるもん」とする姿勢と、「すいませんね」も無いこの対応に笑うしかない。
荷物は消えるモンやと心して暮らす。
人気ブログランキングへ