接客ならイケるのさ

テーマ:
息子のクラスメイトの誕生日会が金曜、土曜と続いた。 金曜が学校終わりで夕方から、土曜は午後からであった。 金曜日はいつも話すインド人ママさんの横に座たっため、話す内容は考えなくても互いにどんどん出て来て笑い合えた。 しかし、土曜日はこのママさんが来ておらず、私は普段、挨拶しか交わさない保護者と同席する事になったため、会話に困ってしまった。 私は不愛想で変わりモンやと思われているやろか・・・ 別にそんな事など気にもしなくて良い事を、沈黙の2時間の間に考えてしまったのである。 普段、職場ではあんなにペラペラと客に適当な事を喋って時間を持たせられるのに、仕事で無い日はこないに話せんもんやろか・・ 2時間は長かった。 パーティ終了後、「息子をお誘い下さって有難う」これが今日初めて発した私の言葉であった。 もっとコミュニケーションを取らねばならないのだろうか・・と思う事もあるが、「ちょっと何かよう分からん変わった人」と印象を持たれているほうが、かえって色んな事に関わらずに済む事を知ったのも事実だと、子育てをしてみて知った事。 その上でいつも話しかけてくれる人には、心から感謝の気持ちを持って親しくなれて行く気がすることを、言葉の壁が永遠の壁の私にとっては、それが誰よりもよく分かる。 今月はあともう1回、パーティがある。 変な人で行きて行く。 そんな私にもちゃんと友達は出来たのだから・・ 人気ブログランキングへ