ホルモン

テーマ:
数週間前から料理中や運転中、仕事中に目が眩み、視界が揺れて銀色の蛇みたいな形のものがウヨウヨとし、その後に強烈な頭痛が襲って来て立っていられない事が続いた。
2年前にも一度あった。
あと20分ほどで子供を迎えに行かねばな・・と用意を始めた時に同じ症状になり、とてもじゃないが運転出来ないと思ったので、義母に連絡して迎えに行ってもらった事がある。

その時は疲れだと思った。
それから2年は何もなく、最近になってまた続いた。
高速道路を運転して私は仕事に行くため、運転中にこれが起き、路肩に30分ほど車を停車させ、視界を完全にクリアにしてから再び走り出す事が2度ほどあった。
母の事もあったので、無駄足とは分かっていても掛かり付けの医者へ行ってみた。

血圧を測定。
医者は「血圧116やから脳じゃないわ。疲労、ストレス・・ホルモンバランスってとこかな。ホルモン剤を出しておくから、飲んでみて」と言われ服用開始。
銀色の蛇がウヨウヨする症状は無くなったが、突然、瞼がガタンっと落ちて来る事がある。
医者に再び連絡を入れたが、「1か月待って。頭痛や視界が定まらないという症状は消えたわけでしょ?もう少し待ってみて」と言った。

大阪から戻って来てから、私は夜8時半に寝ている。
起きていられないほど疲労している理由はないのに、とにかく疲れているのである。
医者から「あなた、起きてから物凄く動いているんじゃない?自覚がないだけで。昼間、横になるとか休憩してる?」と聞かれた。

昼間横になれる主婦などいるのだろうか・・そう思った。
仕事の無い日、子供を学校まで送り自宅に戻って1階2階の掃除をしたら、あっという間に昼ごはんの時間になる。
それから晩御飯の仕込みにとりかかり、あっという間にお迎えの時間になる。
その間、昼寝をする時間など皆無である。

医者に「先生、私寝すぎて疲れてるんでしょうか?」と聞いてみた。
医者は「いや寝るという事は身体が睡眠を必要としているから寝てしまう。だから8時半に寝て6時に起きるなら、それが今の身体にとっては必要な事であるから、寝すぎて疲れるなんてありませんよ」と言った。

結局、年齢とか疲労とか、ストレスとかそんな事でよく原因がわからないままである。
人気ブログランキングへ