それを見に来て

テーマ:
子供の学校から携帯に電話があった。
出ると校長からだった。
校長は「おたくの息子さんが壁に登って落ち、その落ちた所に棒があり、そこに股から着地したので股間を強打してしまったようです。1時間ほど泣き止まないので、股間をに見来てくれませんか?私達は子供の下着を降ろすなどの行為が禁じられているため出来ないので」との事だった。
たまたま休みの日で良かった。
10分で学校に着いた。

学校に行くと息子が中からが元気に出てきた。
しかし「足が組めない」と息子は言った。
先生が「とりあえずトイレの個室に入って腫れていないか見て下さい」と言い、個室トイレに息子と入った。
腫れてはいなかったが、下半身をむき出しにした息子と向かい合う私はふと考えた。
そうか・・こういう行為が学校関係者は出来ないというが、それが当り前やわなと。

学校には日本の学校のように「保健室」がない。
だから怪我をしていなくとも、子供が痛がった場合はとにかく保護者が迎えに行き保護者が判断する。
医者に行くのか自宅に連れて帰るのか。
強打した部分が部分だけに、母親の私が確認すべきは当たり前やと思ったが、日本の場合はこのケースだと保健室の先生ならOKなのだろうか・・とふと考えてしまった。
結局、少し夜になって腫れを確認したため、痛み止めを飲ませ落ち着いた。
人気ブログランキングへ