うちの職場に半年ほど前に入ってきたパートさんJ。
私と2歳違いであるが、ここに来る前は25年間、とあるカフェのマネージャーをやっていた。
責任者経験があるだけに、初日から客のあしらいは抜群であった。
来た客は多分、Jがここのマネージャーだと思うであろう。
そんな貫禄と余裕を持ち合わせていたため、私はこの人が数年してうちの全ての仕事内容を把握したら、マネージャー(私は店長と呼んでいるが)になってもおかしくないと思っている。

さてそんな中、うちの2人のチームリーダーのうち1人の(チームリーダーはバイト達スタッフのリーダーの意味)25歳が、このJに対し当りがキツい。
単純に25歳がJと合わないのだと私は見ていてそう思うが、年配のJは気にしていない素振りを貫いている。
それでも、25歳が偉そうに上から言う時、私はJが葛藤している事も見えてしまう。
入って半年なのに、Jが慣れた感じなのも上手に手を抜くのも気に入らないと思う。
それも分かる。

20代の私がそうだった。
20代で人の上に立った時、役職が私をトゲトゲ人間にした。
完璧に仕事をする自分同様、同僚と部下にも同じ完璧さを求めた。
少しのミスも許さず、常にアンテナを張り巡らせ、蛇のような女だったと自分でそう思う。
だから25歳はJの100%ではない、89%の仕事ぶりを許せない。
25歳が許せないのはJだけではないが、Jに対して舐められたくないという気持ちもあるのかも知れない。

金曜日は早朝からブラックフライデーに踊らされた客で大混雑していた店内。
私は朝からJとレジを担当していたのであるが、客が途切れた時にJが私に「あの25歳が私に対してキツイ」という話を持ち出した。

私は言った。
「私もカチンと来る事はある。正直25歳の青二才が偉そうに言うなと思う事もある。でも若さ故の許容範囲の狭さとトゲなのだと分かるから、一歩引いて自分のやるべき事をやるだけ」だと。
Jは少し落ち着いた様子で「そうやな」と笑った。

私がこう言えるのは、イギリスに来た最初の年に打ちのめされる思いをしたからである。
イギリスに来てすぐ、ありつけたのは保育園の仕事であった。
12か月から16か月の赤ちゃんのクラスである。
クラス内の私の上司は18歳と17歳、そして私30歳。
恐ろしいまでに何もしないイギリス人スタッフ18歳と17歳。
私はこの2人に指示されるがまま、およそ1年働いた。
床掃除、オムツ交換、ゴミ捨て、3人ですべき仕事が全て私になった。
しかし英語が上手でなかった私は引けもあり、仕事にありつけるだけ有難いという思いから、保育園経営者に何も言えないまま1年を過ごしたのであった。

毎日、泣きながら帰った。
自分は日本の病院で主任だった、しかしそれが何だというのか・・外国に来て初めて味わった屈辱と挫折感、そこにホームシックが追い打ちをかけ、私の心は音を立てて折れたのだった。
打ちのめされるとはこういう事か、その時初めて知った。
しかし、その経験が私を強くし今に至る。
結局、仕事など金のため。
自分の責任を果たして帰る。
それが仕事である。

私はJにその事を話した。
Jは「弱音を吐いてゴメン、でも有難う」そう言い再び笑顔になった。

時々思う。
私はあのまま日本で主任を続けていたら、何も知らない視野の狭いお山の大将主任であったことである。
それがイギリスに来て下っ端になり、使われる事からここまで来た。
だから経験に無駄無し、父が言った言葉が今はよく理解できると共に、仕事がある身に感謝できるのだと思う。
極寒であるがカーライル生活も無意味ではない。
人気ブログランキングへ