私らの仕事

テーマ:
昨日の事。
子供の通う学校から夫宛てにメールが来て、「お宅の息子が給食に出されたローストチキンを食べなかった。今後は違うメニューを頼んで下さい」と書かれてあった。
学校給食は民間の給食会社に委託しており、工場で作られたものを揚げ物やオーブンで仕上げるものだけ給食室で仕上げるシステムになっている。
そのため、サンドイッチのパンも固くてバサバサ、不味いと評判の給食である。

メニューは2週間ごとに同じものが出る。
月の第1、3週が同じで2、4週が同じである。
子供達は学校に行き、朝1でクラスにあるiPadで自分の食べたい給食を入力して申し込む。
ある日のメニューは例えば、ローストチキン・ソーセージロール・ジャケットポテト(ベイクドポテトのこと)・サンドイッチである。
別の日はピザ・チキンカレー・ジャケットポテト・サンドイッチ・・という具合に、4品から選べるが、基本2品は年中同じであるから、厳密には2種のどちらかを選ぶという事になる。

息子はローストチキンが好きなのでこれを選択。
ところが食べなかったというから、夫は息子に理由を聞いた。
すると息子は「骨がいっぱいついていてナイフとフォークで上手く剥がせなかったから、僕はそこにいた給食のおばちゃん(給食時に配膳、子供の見張り、片付けなどをするだけの役割のパートさん。主には保護者から成り立つ。これにより、教員らは自分達のランチ時間を確保できるため、給食時間は教員は子供達に関わらない)に切って切れるように頼んだら、自分でしなさいと言われ、それで時間が足りなくなって食べれなかった」と言った。

私が悪いのかも知れないが、自宅でローストチキンをする際、骨を抜いて身を切り分けて皿にのせてやるため多分、息子は骨ががっつりくっついたローストチキンを食べた事がないかも知れない。
しかし、今までもローストチキンを学校で食べてきたから、昨日だけたまたまそうだったのか、それともいつも配膳してくてる人が骨を抜いてだしてくれていたのに、昨日だけそうでなかったのか、そこは分からない。

翌朝、夫が子供を学校に送って行ったので、職員室の窓口(学校の受付全般をやっている人)の人にメールの事を話した。
「メールを頂いた件ですが、5歳でまだ上手に骨から身をナイフとフォークで剥ぎ取れなかったらしいんです。だから時間切れで食べれなかったと息子から聞きました。息子はローズとチキンが大好きなので、食べなかったというよりは食べられなかったという方が正しいかと。今後はすいませんが、ガッツリ骨がついたチキンを出す際、明らかに高学年ではない子供にはすこし気にかけてやってもらえませんかね?」と言った。

窓口の人は「手伝ってとお願いしたのに断った・・・それはごめんなさいね。給食のパートさんに言います」と言ってくれた。
そこに校長登場。
うちの旦那とは近隣の校長や教頭が出席するミーティングで頻繁に顔を見知っているため、うちの旦那のこともよく知っている。
校長は「何があったん?」と尋ね、経緯を話した。

校長は「ああ・・また・・・それ言うと『食べ物を食べやすい大きさに切るのは私らの仕事や無い。給食室内のキッチンの仕事や!』言うてきはんねんん・・・と顔をしかめながらも、「これはちゃんと言わなあかん。気分の悪い思いをさせてごめんなさい。ちゃんと今日から改善させます」と言ってくれた。
さて改善はあるのか・・
人気ブログランキングへ