そんなシステム

テーマ:
水曜の朝と木曜の朝、私は義母をカーライル唯一の病院に連れて行く。
連日、朝の9時半が予約時間である。
義母は病院の巨大な駐車場に車を駐車出来ない。
万が一にも横に一台の車が停まっていたら、その横に駐車出来ないのである。

また自分の車の横に一台でも駐車されたら、車が出せないという、驚異的に運転技術の無い人であるため、私か旦那が送って行かねばならない。
しかし帰りはタクシーで帰るか、気分でバスにお乗りになる。
その為、私は義母の家探しの際、私ら夫婦の手を可能な限り取られぬ様にと、家の前にバス停がある家を徹底して探した。

が…何故だか行きだけは絶対にバスに乗らないポリシーを持つ義母。
結局、手を可能な限り取られる生活は変わらんままである。
私は義母に「何で2日連続の予約を1日にしてもらわれへんの?」と聞いた。
義母は「2日連続で行くのは苦痛じゃ無いの、私」と言った。
私が面倒くさいんですわ・・
私は「念のため、聞いてみたら?70歳を過ぎた年寄が1人で病院に行くのに、2日続けて行くので、時間差で取ってくれませんか?と聞けば、案外行けると思うねんけども・・」と提案するも、義母はそれが面倒そうであった。
時間を工面して行く私の身にもなれ・・
私は病院から義母宛てに届いていた手紙から、義母が水曜日に行く科へ電話してみる事にした。
電話に出た方が「確かに面倒ですよね、70歳を過ぎた方には。しかしながら病院内の連携が取れていないので何ともしようがない。今後もそういう融通は利きません」とハッキリ言った。
あまりに潔く言われ、そうか・・私はイギリスに住んでたんやと気付く。

イギリスの田舎病院には合理的に動く、スマートに事を進めるなど必要ないのだと思い知らされた。
そうやって100年前も今もやって来た。
何の問題もない。
不都合があるとするなら患者側であり、診る側ではない。

義母のように生まれてからずっと合理的ではないシステムの公共サービスを利用し生きてきた人にとっては、これが普通なのだと改めて知る。
またあの人はたかだか採血にゴージャスな恰好で車に乗って来るのだろうか・・・
最近はそれもワラエル私である。
人気ブログランキングへ