あのやり方

テーマ:
さて9時間勤務を終え自宅に戻ると、夫に「今日の夕飯ステーキやから、焼いて子供に食べさせといて」と頼んでいた通りにステーキが出来上がっていた。
その夜、風呂につかりながらユーチューブで毎週土曜に楽しみに見ている日本の報道番組を見ようとiPadを風呂場に持ち込み、スイッチを押すと、「ステーキの焼き方」というサイトが出て来た。
旦那、コレ見たんや・・
ステーキ焼いた事ない言うてたけど、焼き方も知らんかったんか・・

私のこれまでの人生で「ステーキの焼き方」を検索した事も料理本で見た事もない私は、思わずそこにどんな事が書かれてあるのかマジマジ読んでみた。
イギリスの料理人が何人かで書いてあるそのサイトには、熱したフライパンから煙が上がったら肉投入、その後放置・・と書いてあるものや、義母がいつもやるやり方、そう・・・冷えたフライパンに2センチほどの油を注ぎ、そこに肉投入、そこから点火して片面15分焼くと書かれてあるものもあった。

旦那に「お母さんのやり方で焼いたらエエのに、わざわざ調べたん?」と聞いてみた。
旦那は「あのやり方、気持ち悪いと思ってるやろ?」と言った。
バレとった・・

義母は私のやり方に真っ向から反対であるが、私は美味いモンがある日本から来た確固たる自信があるから、絶対にそこは譲れない。
結局、旦那は熱したフライパンで焼いたのであった。
めでたし。
人気ブログランキングへ