この道40年

愛車のギアが変な音を立てるようになった。
先週、高速の入り口でスピードが上がらなくなり、何とか誤魔化しで走行して仕事へ。
しかし数日後、仕方なく行きつけのエンジニアのオッチャンの所へ持って行った。

結局、ギアがあかんとの事で交換となった。
出費は10万なり…

この修理工場のエンジニアのオッチャンに何が理由かと尋ねたが、オッチャンは「そんな事もある。深く考えたらアカン」と励まされ、何故か板チョコをくれた。

ただ理由を知りたいだけやったが、知ってどうなる、交換時期が来ただけやがなと言う意味だったのだろう。
出費は突然やって来る。

AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る

コメント(13)