あのケツになれ

テーマ:
娘の学校で顔を合わせる母親が、まさに美尻である。若かりし頃からトライアスロンを趣味とし、毎日のマラソンで見事なまでに上がったお尻。
母親はまだ30になったばかりとは言え、鍛えた尻に勝てるものは無い。
先日20時間マラソンを終えた夫の尻も悔しいが美尻と化している。
そんな事から、誕生日プレゼントにマラソンシューズを買って貰った私。
専門店に行き、およそ1時間かけて専門家に選んで貰ったシューズは決して安くない。
これでケツを上げるんやでー!と意気込み走り始めたものの、1.6キロで内臓が出るかと思った。
喉から変な空気漏れの音がし始め、たったの1.6キロで私はダウン。
翌日は階段の昇り降りさえ悲鳴をあげる始末。
昔、部活をやっていたなど、まるで関係の無い老いた身体になっていた。あんなに走れていたのに…
それでもシューズを買ってしまった以上、休みの日は走る事にしているが、まだ1.6キロを超えられない。
いつの日か、ハーフマラソンなど走れる日は来るのか…
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(19)