あなたがくだらないと思っている今日は、昨日亡くなった人がなんとしてでも生きたかった。今日なんです。

この言葉好きだな。