にゃんこ店長ウィルオフィシャルブログ

にゃんこ店長ウィルオフィシャルブログ

2009年6月27日生まれだにゃー。
もう3歳だお。
でも店長だにゃん。


ご主人様は年に2回誕生日があるとか、よくわからないにゃーーーー。
骨髄異形成症候群(MDS)で骨髄移植したらしいにゃ。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


The snow glows white on the mountain tonight,
not a footprint to be seen.
A kingdom of isolation and it looks like I'm the queen.
The wind is howling like this swirling storm inside.
Couldn't keep it in, Heaven knows I tried.
Don't let them in, don't let them see.
Be the good girl you always have to be.
Conceal don't feel, don't let them know.
Well, now they know!

Let it go, let it go.
Can't hold it back anymore.
Let it go, let it go.
Turn away and slam the door.
I don't care what they're going to say.
Let the storm rage on.
The cold never bothered me anyway.

It's funny how some distance,
makes everything seem small.
And the fears that once controlled me, can't get to me at all
It's time to see what I can do,
to test the limits and break through.
No right, no wrong, no rules for me.
I am free!

Let it go, let it go.
I am one with the wind and sky.
Let it go, let it go.
You'll never see me cry.
Here I stand, and here I'll stay.
Let the storm rage on.

My power flurries through the air into the ground.
My soul is spiraling in frozen fractals all around
And one thought crystallizes like an icy blast
I'm never going back; the past is in the past!

Let it go, let it go.
And I'll rise like the break of dawn.
Let it go, let it go
That perfect girl is gone
Here I stand, in the light of day.

Let the storm rage on!
The cold never bothered me anyway



雪が、山の今夜の白い光る
ないフットプリントが見られる。
私は女王だような隔離の王国は、それが見えます。
風が内側にこの旋回嵐のようハウリングされています。
にそれを維持することができませんでした、天は私が試した知っている。
彼らは見てみましょうしないでください、彼らを中にさせてはいけない。
あなたが常にする必要が良い女の子。
秘匿は彼らに知らせていない、感じることはありません。
さて、今、彼らは知っている!

それを手放す、それは行ってみよう。
それをもう我慢できません。
それを手放す、それは行ってみよう。
離れて電源を入れて、ドアをバタンと閉める。
私は、彼らが言おうとしているのか気にしない。
嵐がオンに激怒してみましょう。
風邪はとにかく私を気することはありません。

それはおかしいどのようにいくつかの距離を、
すべてが小さな思われてしまう。
そして、かつて私を制御する懸念が、私にはまったくを取得することはできません
それは私が何ができるか見てみましょう、
限界をテストして突破する。
権利なし、間違って、私のためノールール。
私は自由だ!

それを手放す、それは行ってみよう。
私は風と空との一人です。
それを手放す、それは行ってみよう。
あなたは私が泣くのを見ることは決してないだろう。
ここで私は立って、ここで私が滞在します。
嵐がオンに激怒してみましょう。

地面に空気を介して私のパワー突風。
私の魂は、すべての周りの凍結したフラクタルに螺旋状にされている
そして、もう一つの考えは、氷のような爆発のように結晶化する
私は決して戻っていないんだ。過去は過去である!

それを手放す、それは行ってみよう。
そして、私は夜明けのように上昇するだろう。
それを手放す、それは行ってみよう
その完璧な女の子が消えた
ここで私は一日の光の中で、立っている。

嵐がオンに激怒しましょう​​!
風邪はとにかく私を気なかった

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス