パーソナルスタイリストの菅原トシヒロです。

 

 

あなたはユニクロの洋服を持っていますか?着ていますか?

 

 

恐らく、圧倒的多数の方がYESの答えでしょう。もちろん、私も持っています。

 

 

巷では「全身ユニクロコーデでカッコよく」みたいな雑誌の特集やインフルエンサーが謳っています。

 

 

雑誌に関しては商業的な背景(ユニクロが広告を掲載している場合)があったりしますし、

 

 

数万人単位のフォロワーがいるようなインフルエンサーと呼ばれる人達は基本、スキニーしか履いていないので、

 

 

個人的にはそれぞれの個性が見えないので、「コスプレ」のようににしか映らないなと思いつつ...。

 

 

話は逸れましたが、そもそも論として、全身ユニクロでコーディネートした姿は果たしてカッコいいのか?

 

 

私は中学生時代に部活動で器械体操をやっていました。器械体操って、今の内村選手とか”ひねり王子”こと、白井健三選手とかがやってるアレです。

 

 

器械体操は技一つ一つに難易度があって、その技の組み合わせと出来栄え(ミスがあれば減点)の合計によって採点されます。

 

 

ですから、技の難易度や構成で必然的に5点満点の演技もあれば、20点満点の演技もあるってことなんです。

 

 

この満点っていうのは、技の構成通りにミスなく演技した時の、理論上の点数です。

 

 

なので5点満点の演技で5点が出たら「ヨッシャー」ってなるわけです。

 

 

とはいえ、今や技の難易度はAからGとかHまであるんですよ。

 

 

当時の私は中学生、しかも初心者ですから、A難度が出来て「ヨッシャー」

 

 

でも、内村選手や白井選手はそのはるかに上のレベルの難易度をミスなく、っていうレベルで戦っているわけです。

 

 

例えて言うなら、全身ユニクロコーデは5点満点の演技なのではないかと。

 

 

値段は手頃で、特別高く見えるものではない。でも変なわけでもない。洋服自体に個性はなく、個性はないのに、なぜかユニクロの服ってわかっちゃう。

 

 

それにユニクロで働くスタッフの皆さんは恐らく積極的に接客をしてきません。

 

 

大学生の時にユニクロでアルバイトをしていました。ユニクロのスタッフは積極的には接客をしません。聞かれたら答える、ぐらいの距離感です。

 

 

だから、あんまりガツガツ接客されたくない人や、ファッション初心者の人が安心して買い物が出来るという点では良い環境だと思います。

 

 

話を難易度の件に戻します。難易度をもっと上げて点数を伸ばす=ユニクロに限らず、様々な洋服を着て、コーディネートを楽しむ、か?

 

 

5点満点の演技でノーミスの演技を突き詰める=全身ユニクロで最低限おかしく見られないようなコーディネートを目指す、か?

 

 

どちらが正しいというものではないのかもしれません。どういう戦い方(服装)で臨むか?自体がアナタ自身の考え方や生き様を表すものだと思うので。

 

 

私がコーチなら、まずは得点を伸ばすように指導しますけどね♪

 

 

 

読者登録してね
 
 

Will Wear サービス一覧 → コチラ

パーソナルスタイリスト菅原トシヒロへのサービスのご依頼は → コチラ

 

 

-----------------------------------------------------
愛知/三重/岐阜 パーソナルスタイリスト
菅原トシヒロ
http://willwear-stylist.com/
mail:willwearjapan@gmail.com
tel:080-1120-5202
line@: @willwear

 

 

 

AD