最近、ベージュ・ブラウン系の洋服たちとやたらと縁があると感じている
Will Wear 代表・パーソナルスタイリストの菅原トシヒロです。
 

私が20代の頃、ネイビーという色は最強だと思っていました。
 
今でも、万能色であるという認識は変わらないですが、ネイビーのスーツに白シャツという装いには少し抵抗を感じるようになってきました。
 

掘り下げて考えてみると、「上下ネイビー」というコーディネートが持つ若々しさが少し眩しく感じるようになったからかもしれません(笑)
 

アラフォーを前に少し、いや、かなり落ち着いた色を好むようになってきた、ということなんでしょう。
 

つまり、年齢やライフスタイル・ライフステージの変化に伴い、着る洋服のテイストが変化していくことはもちろんですが、身に着ける色まで変化していることを示しています。
 

今は、ネイビーのスーツよりも、ネイビーのジャケットにベージュのパンツのコーディネートとか、
 
グレーやブラウンのスーツが今の自分にしっくりくる気がしています。
 

20代と好みが変わっていない、という方でも、20代に着ていた服の色と、今の着ている服の色の傾向が変わらない、という方は少ないと思います。
 

あなたはどうですか?
 

「洋服は困らないぐらい持っているけど、今着たい服・着ていく服がない」と感じている方。それはひょっとしたら着たい色・しっくりくる色が変化しているサインののかもしれません。
 
 
あなたのクローゼットを見直し、あなたのココロに問いかける良いきっかけになるかもしれませんね。
 
 
 
読者登録してね
 
 

Will Wear サービス一覧 → コチラ

パーソナルスタイリスト菅原トシヒロへのサービスのご依頼は → コチラ

 

 

-----------------------------------------------------
愛知/三重/岐阜 パーソナルスタイリスト
菅原トシヒロ
http://willwear-stylist.com/
mail:willwearjapan@gmail.com
tel:080-1120-5202
line@: @willwear