『よろノート』



授業は「集団指導」

授業外は「個別指導」

いつでも学べる贅沢な環境


『もう一つの学校』

生徒たちから言ってもらえる学び舎へ


【卒業生の成績】


1期生 北辰テスト平均偏差値 59.5

2期生 北辰テスト平均偏差値 64.1


そして3期生…

掲げたゴールは、

「選抜クラス全員所沢北以上。」

「普通クラス全員所沢西以上。」


その軌跡を毎日更新!

【We will】


1ページ目からご覧ください。

【We will】START〈Page.001〉


まとめ記事(春期講習~4月まで)

【We will】第1章(4月まで)


まとめ記事(5月~7月まで)

【We will】第2章(7月まで)



~リンク~

学習塾ウィルホームページ

塾長(東所沢教室長)のブログ『埼玉県所沢市で学習塾を営む塾長の頭の中』

新所沢教室長のブログ『3つの種まき』

↓↓ボタンを押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ にほんブログ村


  • 15Dec
    • 【We will】畢竟自学始動〈Page.191〉

      12月15日(土)【We will】畢竟自学始動〈Page.191〉2018年も、残すところ、あと2週間ちょい。でも皆さん、ご安心ください。46億年の地球の歴史を1年に換算すれば、人類が生まれたのは大晦日のことなんです。まだまだ、2018年を楽しみましょう!!往生際が悪い丸山です。ついに、やっと、ようやく、畢竟、この時が来ました。3期生たちが自力で学び始めたのです。夏期講習明けから、苦節3ヶ月半。ほら、こんな↓感じで、ずいぶん前から自学の重要性を訴え続けてきました。【We will】下剋上のチャンス〈Page.110〉【We will】先んずれば人を制す〈Page.125〉やっと、丸山の意図通りの勉強が始まりましたよ。現在の社会は、11月に引き続き、テキストをやらせています。→【We will】失敗から学ぶ〈Page.182〉今までなら、該当範囲を終えた子は、「見てください。」と提出してきて、あとは丸山頼みでした。「わからないところ、ないの?」と聞いても、「ん~、全体的に難しかった。知らない言葉もたくさんあった。」とお粗末な返答。“できない➡できる”が抑えられているか、はなはだ怪しかったわけです。ところが、今回は、「ココとココがわからなかった。」「解説を読んだからわかったから、大丈夫。」と、丸山を適正な道具として使い始めたのです。選抜のMがいい感じです。テキストを駆使して、わからないものをつぶしていく。わからないときには、先生を使う。単純かつ最強の学習法です。丸山が同じ話を3回するよりも、自分の意思で1回やるほうが確実に身につくんです。自らの頭で考えてやっているのですから。***************************************皆さん、ここで質問です。いつのことだかわかりますか?君の名は。SMAP解散ドナルド・トランプ大統領就任あれ?去年??一昨年???まさか、今年!?いつの出来事か思い出せない原因はただ一つ。自分が知っている情報と関連付けていないからです。例えば、『君の名は。』は誰々と見に行ったから、○年生の時だ!SMAPは紅白歌合戦で解散したんだったよな。アメリカ大統領の任期は4年。この前、中間選挙がニュースで報道されてたってことは!!といった具合に。記憶を呼び起こすための、自分専用の通り道を決めておいてあげる。すると、今後もその記憶が出てこないことはありません。***************************************丸山は、今まで、ひたすら教科書見なさい。テキスト見返しなさい。用語集で調べなさい。といって、疑問を自力で解決するよう促してきました。その場で、丸山が回答すれば、知識を与えることはできます。しかし、知識を定着させてあげることはできません。繰り返します。知識の定着に不可欠なのは、既知の情報と結びつけること、です。自分で“覚え方”を決めなければ忘れちゃうんです。だから、生徒自身で解決させているんです。丸山が教えれば「なるほど!」とはなりますが、同時に、生徒の考える機会を奪うことになってしまう。疑問はすぐ解決しますが、定着しにくくなるんです。目的は定着なのに。丸山が回答に困る質問が出てきた生徒は、目的(知識の定着)と手段(テキストを進める)の区別ができてますね。あっと驚くいい質問、求む。

      11
      テーマ:
  • 14Dec
    • 【We will】入試に出ません〈Page.190〉

      12月14日(金)【We will】入試に出ません〈Page.190〉最近めっちゃ寒いですね。外に出るのが辛い・・・どうも、陸田です。前回、なぜその解き方をするのか考えることが大事だと伝えましたね。→【We will】解法を必死で暗記・・・〈Page.187〉「それでもどうしても解き方を覚えちゃいます・・・」「意識はするんですけど、解説を読むとわかった気になっちゃって・・・」こんな感想を聞きます。中には、「時間も無いし、そんなこと言ってられない!覚える!!!」なんてことを言う人まで・・・いいですか、“覚える”勉強じゃ数学は絶対にできるようにならない。そこで、1つ、コツを伝授しましょう。キミらのやっている問題のうち99%は入試に出ない。いまやっている関数・図形の問題も、2周もした作図の問題50問も、一行問題も、入試にはほとんど出ません!!!1問でたらラッキーくらいでしょうか。入試に出ない問題の解き方を暗記したところで、まったく意味がありませんね(笑)だって全く同じ問題は出ないわけですから。というわけで、テストに出ない問題をやっているという意識を持ちましょう。そうすると、なぜそのような解法なのか?なぜそのように発想できるのか?という思考に自然にたどり着けるはず。さあ、受験生のみなさん!テストに出ない問題をたくさん解きましょう!※定期テストでは、学校のワークからそのまんま出題されることもあります。 しかし、その場合は学力を測っているわけではありません。 指示されたところをやったかどうか つまり、勤勉さを測っています。 先生が、「この問題は、まんまテストに出すぞー」なんて言うこともありますよね。 この場合は文字通り“暗記”しちゃえば点数は取れますが、数学力はみるみる落ちていく一方です。 テスト勉強は、ギリギリになって「時間がなくて暗記するしかない」となる前から始めましょうね。

      7
      テーマ:
  • 13Dec
    • 【We will】内申点と入試点〈Page.189〉

      12月13日(木)【We will】内申点と入試点〈Page.189〉こんばんは。鎧塚です。先日の記事では、高校別の内申の目安と、各学年の内申に差があること(中3の内申は2、3倍の価値になる。)を知ってもらいました。今日は先日の記事で割愛したところについて詳しく書きます。それは、第一次選抜と第二次選抜について。えっ、入試って一回じゃないの?一回だよ!だけど、選抜は二回に分かれています。合格者の60%は内申重視、40%は入試点重視で合格者を決めよう。といった感じ。上の例だと、60%の内申重視を第一次選抜、40%の入試点重視を第二次選抜と呼ぶのです。○%が内申重視で、△%が入試点重視各高校は○と△の数字を決めることができます。また、内申点の1点が入試点での何点分にあたるのかこれも各高校で決めることができます。ついてこれてますかー?今回はちょっと複雑ですよね。なので具体的な例を挙げてみます!志望校は鎧塚の母校である所沢高校を例にとってみましょう!下のサイトで各高校の選抜基準は見れますよ。埼玉県教育委員会のページへGO!そして、登場人物はこのお2人。ウサギくんサボりがち、居眠りしがち。よって内申点は低い。けど走るの速い。(入試勝負!)1年:29 2年:29 3年:30内申点:148点(∵所沢高校1:1:3)入試点:300点合計点:448点カメくん歩くのゆっくり。瞬発力低い。けどコツコツと頑張る。(内申勝負!)1年:35 2年:35 3年:35内申点:175点入試点:280点合計点:455点カメくん勝利!まさに童話のシナリオ通り。コツコツ頑張る子が報われる。めでたしめでたし。ではなくて、所沢高校の選抜基準に当てはめて見てみましょう。見るのはココ○第一次選抜(60%)内申点が、335点満点から変わっていませんね。つまり、内申点1点は入試点での1点分。ってこと。よって二人の合計得点は448点455点当然変わらず。いっぽう・・・○第二次選抜(38%)内申点335点満点が218点になってます。これは、内申点1点が入試点では0.65点になるということ。→入試点優先ってことですね。そうなると二人の内申点は148点→96.2点175点→113.8点なんと!元々の27点の差が17.6点になりました。よって合計は・・・396.2点393.8点ウサギくん大逆転!!!ポイントになっているのは、内申点が何倍されているのか。それが内申点の1点が入試点での何点分にあたるのかを表します。1を上回れば内申点重視で、1を下回れば入試点重視といえますね。各高校で何倍になっているのかは以下の通り。自分の志望校が内申点重視なのか、入試点重視なのかを知っておいて損はない!内申で余裕があっても、入試点重視の高校で、あっさり逆転されちゃうかも。逆も然り。もちろん、今日出した例は、非常に都合よくウサギくんが逆転するように点数を考えてあるお話です。だけど、ウサギくんとカメくんの内申を改めて見てみましょう。ウ→1年:29 2年:29 3年:30カ→1年:35 2年:35 3年:3512月のウサギくんは絶体絶命ですね。ここから、内申点はどうやっても変えられん!!ウサギになるしかない!!※自分のウ○コは食べないように。つづく

      4
      テーマ:
  • 12Dec
    • 【We will】古美門先生の教え〈Page.188〉

      12月12日(水)【We will】古美門先生の教え〈Page.188〉今日は“DARSの日”。菅田将暉、売れてますね。11/11=“ポッキー&プリッツの日”みたいに、12/12=“DARSの日”ってのを狙ってるんでしょうね。それにしても、急に“DARSの日”だなんて言い出して、広告業界のプロパガンダも、もはや何でもありですね笑つい先日は、ハロウィンで大暴れでしたし。当然お気づきでしょうけど、「12」だからダースなんですよ?ちなみに、さらに上の「グロス」って単位もあります。12ダース=1グロスってことです。申し遅れました。将来の夢はWikipediaに自分のページができること。生き字引見習いの丸山です。さて、一人暮らしを始めてしばらく経ちましたが、丸山にとっての必需品、インターネットがまだありません。ネット中毒者の丸山にとっては死活問題です。でも、まぁ、いい機会だし、テレビでも見てみようと。いやはや、CMに待たされるのがストレスですね。NHK以外は長時間見られたもんじゃないっす。てことで、Blu-rayを見てるんですよ。丸山は収集癖がありまして、気に入った作品はディスクを購入しちゃうんです。中でも、太鼓判を押してオススメするのが、リーガルハイ!!!シリーズ2作、スペシャルドラマも2回、放送された不朽の名作です。丸山は本作の主人公である古美門(コミカド)弁護士↑の大ファンです。堺雅人が早稲田の演劇で鍛えた早口を駆使しながら、ガッキーに浴びせる罵詈雑言の嵐。へんてこでコミカルな動きと相まって、シニカルな笑いを届けてくれます。かと思えば、時折見せる、すべてを見透かしたかのような、切れ味鋭い一言。ん~~。しびれますね。魅力的です。今回で全編ぶっ通しの視聴は4回目くらいかな。だから、ストーリーはだいたい覚えてきてます。どんな話か分かってるけど、楽しいから見るんだ~!ってんだと、同じ絵本を何度も繰り返して読む幼児と変わりません。丸山はもう一工夫しながら、リーガルハイを鑑賞しています。それは、聞こえてくる言葉を、漢字に変換すること。丸山が高校生くらいの時分でしょうか。母がニュースを見ながら漢字を書いてたんですよ。感心したので真似してみました。丸山がぱっと出てこなかったのが、↓コチラ。①「日本は死刑ソンチ国だ。」②「会社をホウチクされる。」③「カンチに処す。」答えは、①「存置」:今あるものを残しておくこと②「放逐」:追い払うこと・追放③「監置」:法廷の秩序維持を乱した際の制裁もちろん、場面の文脈で大体の意味はわかります。ただ、その瞬間をなんとなくで終わらせるのか。それとも、説明できるように仕上げるのか。前々回に書きかましたね。これは、意識の差ではなく、行動・習慣の差です。学ぶきっかけは聴覚情報からだけではありません。シリーズ2にて、古美門のライバル、羽生君が旅に出る最終回。リムジンバスと書かれた大型バスに乗り込みます。こんなやつ↓です。そこで、丸山は思うわけです。「あれ?“リムジン”って何語?英語読んでて見たことない単語だなぁ。」と。単なる景色として見過ごしてしまっていてはもったいない。視覚からの情報が一番多いんですから。当然、スマホで調べます。僕のiPhoneはアホな中学生のスマホと違って、LINE&ゲーム専用機ではないので。調べてみたところ、フランス語でした。そもそも、“リムジン”は「職業運転手付きの車、大型の車」を指すようです。こうやって、よく聞くカタカナ語の語源を調べていくと、そのうち、新たに出くわした単語が何語であるかの見当がつくようになってきます。今回の“リムジン”も調べはしましたが、綴りからフランス語かな?って予測できてましたしね。そして、何よりも、リーガルハイの魅力は脚本にあります。自分が見ている景色は、一方的なものの見方に過ぎない。「相手には相手の正義がある」という客観的視点を強く意識させられます。こればっかりは見てもらわないと伝わらないですね笑まぁ、本題から外れているので、宣伝はここらへんで。同じ授業を受けて、勉強時間も大して差がないのに、アイツの方が点数とれる。俺よりアイツのほうが、頭がいいんだろう。それは大きな間違いです。勉強時間が全然違うんです。勉強は机に向かっているとき限定のものではありません。常に考える・疑問を持つ習慣が学力を引き上げるのです。陸田も同じようなこと言ってますね。↓【We will】同じ授業でも差が生まれる理由〈Page.178〉中学生の丸山は、3期生よりも机に向かう時間は短かった。高校でも、受験に費やした時間は人並みでしょう。それでも、早稲田大学くらいには入れます。「アタマを使う頻度を増やす」って聞くと大変そう。勉強しよう!って考えるより、頭の体操、クイズをやってみる感じですかね。自分で自分を試す。“自分専用の問題を作る”って視点が大事なんですよ。

      6
      テーマ:
  • 11Dec
    • 【We will】解法を必死で暗記・・・〈Page.187〉

      12月11日(火)【We will】解法を必死で暗記・・・〈Page.187〉しちゃダメ!!!解法の暗記をしてきた人は、初見の問題や新傾向の問題がいつも解けません。そういう失敗体験が重なっていくと、「知らない問題がでたらどうしよう・・・」と不安になってしまいます。こんなんでは、数学が得意だ!と思えるはずがありません!(数学ができる人とできない人の違い)だから、解法・公式・定理の暗記じゃダメなのです。①公式・定理はきちんと理解し、白紙に導出できるようにする川越・川女など、上位の高校に通っている子でも、数学ができない子はコレができません。“公式・定理を覚えて問題を解く”という行為は、ただの暗記です。数学でも何でもない。漢字や英単語を覚えるのと何ら変わらない。数学力とは、暗記力なんですか?そんなばかな。ちなみに、公式・定理の導出は埼玉県の入試にでます。一昨年は【解の公式】、去年は【角の二等分線の定理】でした。「数学は暗記じゃねえぞ、暗記に頼って解くなよ」と、埼玉県教育委員会も言っています。②解法をただ暗記するのではなく、解法が生まれてくる理由を理解した上で暗記するこれが、数学の本質的な勉強です。例えば、for example、for instance、中華丼の作り方がわかるなら、初めて麻婆丼を作るときでも片栗粉を入れてほしい。僕の授業は常に本質を突きます。✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂「ここに補助線をひくと、~」ではなく、「直径に対する円周角は90°だったね。この事実を使いたい。だから円周角を作るためにココに補助線をひくと、~」「AB間を xkm と置くと、~」ではなく、「わからないところを x と置いたあとに、その x を使って他の数量を表したい。どこを x にすれば、より多くの数量を x で表せるか考えるんだよ。そうすると、AB間を xkm と置くべきだね。」「△ABDと△CEFが相似だから、~」ではなく、「長さを求めたいんだよね。長さを求める道具はなんだったけ。そう、相似や三平方の定理だ。じゃあ三平方の定理を使えるかどうか考えよう。直角三角形が見つかれば良いんだけど、実際に探してみると見当たらない。じゃあ次は相似な図形を探す。すると、△ABDと△CEFが相似だって気付ける。」✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂こうやって、片栗粉を入れることで、とろみが付くことを伝えています。テキストの解説には、“なぜその解き方をするのか”まで書いてありません。それを考え、解決することが数学の本質的な勉強になります。「解き方はわかってるんだけど、なんでその解き方をするの?」っていう疑問を常に持ち、自分で解決できなければ、先生に聞きましょう。エンドレステスト、ただ暗記して挑むのは、非常に愚かだよ。

      4
      1
      テーマ:
  • 10Dec
    • 【We will】発芽の時期〈Page.186〉

      12月10日(月)【We will】発芽の時期〈Page.186〉こんばんは。鎧塚です。最近の愛読書を昨日も夜な夜な読んでました。誕生日に講師たちからもらったこれですね。最近吃逆をするようになりましたよ。お腹の中にいてもするんですね。驚き。この本を読んでいると、確かに〜あ〜、そうだな〜と、共感したり、膝を打つことばっかり。まだ子育ての「こ」の字も始まってないのに。なぜかというと、この著者は空手道場で子どもを指導した経験があるそうです。同じ指導者として、共感できる箇所が多々あります。空手か、勉強かという手段の違いだけなんだろうな。この本の「お父さん」を「教育者」に書き換えて、改めて売れますよ。笑昨日読んで印象的で、僕も「はっ」としたところを紹介しますね。以下抜粋。「なぜ、できないんだ!」稽古中に、つい大声を張り上げることがある。指導者のエゴだ。教えてそれができれば、誰だってチャンピオンになれる。タネを播き終わった地面に向かって、「なぜ芽を出さない!」と怒るのと同じである。何度も何度も同じことを繰り返し教え、子どもたちはそれを少しずつ吸収していって、やがて芽を出す。肥料と水を子どもたちに与え続けていれば、それぞれの発芽時期に応じて芽を出す。芽を出さないとすれば、それは肥料と水をちゃんとやらなかった私が悪いのだ。※所々抜粋して書き出してます。「名詞の後ろに主語、動詞が来てるじゃん!この前やったじゃん!関係代名詞じゃん!後置修飾じゃん!何回やんの?!」お恥ずかしい。先週Tくんに言ったばかり。笑“わかる”と“できる”は別もの。“できる”ようになるために練習を積み重ね、何度も教えなければなりません。“できる”のタイミングは人それぞれですからね。できないから叱るのはまったくの的はずれ。反省です。Tくんの発芽時期がくるまで根気強く教えていきます!とはならない!!鎧塚は次も同じようなリアクションをします。人それぞれの発芽時期??待ってられるか!!いや、言ってることはわかるけど、わかるけどさ、「あ、この前もやったのにできないなんてまずい…」「できなきゃダメだ」そう思わないと芽なんか出ないでしょ!?黙って芽が出るのを待ってるヤツは芽なんか出ない!自分自身で絶対に芽を出してやる!って思ってやらなきゃ!だから僕らは芽が出るまでキミたちをツンツン刺激し続けますから。まあ、これもひっくるめて著者がいう、“肥料”や“水”なのかな。つづく

      5
      テーマ:
    • <雑記>覚悟をもって買ってください

      かつて、パズドラモンストが大流行したとき(今も流行ってるんですかね?)東所沢の本田先生(浦和高校→東京大学)が座談会で卒塾生として来てくれて、こんなことを言ったそうです。中学生「スマホゲーム(パズドラ・モンスト)にハマってしまって我慢できないのだけど、どうすればいいか。」本田△「大人が知恵を絞り、多大な開発費をかけて、ハマるように作ったゲームを中学生が我慢できるはずがない。目の前にあったら絶対我慢できないから手の届く範囲に置かない。」大人は、「ゲームばっかりやってないで勉強もしなさい」と言います。気持ちはわかりますが、ちょっと認識を変えないといけないかもしれませんね。浦和高校、東京大学に合格するような人でさえ、ゲームが目の前にあったら我慢できないんですから。もはや言ってできるようなことじゃないかもしれません。そうなったら恨まれようが、何だろうが、断固取り上げる覚悟が必要ですね。と言うわけで、12月7日(金)に発売されたコイツに要注意です!まったくいい時期に出してきますね。クリスマス商戦で買わせ、年末年始の休みでどっぷりハマらせるつもりですよ。「発売日に有休休暇を取って、さっそくドはまり。」なんて大人もいるらしいです。僕も小学生の頃にやってましたから、面白さはわかります。当時はNintendo64でしたね~。買ってはもらえなかったので毎日友達の家に通ってやってましたよ。我慢できてないな。ダメだな。と僕が判断したら取り上げますんでご協力をお願いしますあっ、当然だけど、中3だけの話じゃないからね!では~

      2
      テーマ:
  • 09Dec
    • <中1・2年>テストと面談

      こんばんは。鎧塚です。2学期の期末テストの結果が出ました!学校によって問題も平均点も違うので一概に比較できませんが、1年生の平均:361点2年生の平均:362点ほぼ同じ結果になりました。例年ともほぼ変わりません。特に、所沢中の2年生は11名中7名が400点を超えました!中2のこの時期に自己ベストが出るのはすばらしい!3期生は11月の結果までで、全員の平均が61.1になってます。それと変わらない結果で来ている2年生・1年生ですが、もちろん個々に見れば課題はたくさん。2年生は受験学年に向けての心構えや、これまで学習した内容の基礎固めを今のうちにやっておきたい!1年生は早いうちに遅れを取り戻すための手を打たないと差がどんどん開いてしまう!とっても大事な時期です!というわけで、年末でお忙しいかもしれませんが、面談させていただけないでしょうか。金曜日から順次、面談日程調査表を生徒に配っているのでご確認・ご記入・ご提出お願いします!では。

      7
      テーマ:
  • 08Dec
    • 【We will】サラダの上のカリカリ〈Page.185〉

      12月8日(土)【We will】サラダの上のカリカリ〈Page.185〉必ずここへ 帰ってくると手を振る人に 笑顔で答え「行けたら行く」って言う奴は、だいたい来ない。できない約束はしない丸山です。下の写真をご覧ください。丸山の晩御飯。大好きなチャーハンです。意外と自炊するんでよ。買ったり、外で済ませたりした方が楽でしょう。けれども、作るのも習慣にしてしまえば苦ではない。3期生が毎日欠かさず勉強するのと同じです。さて、今回注目してほしいのは、汚らしいサラダの方です。切ってある野菜に豆腐を乗っけただけの代物です。ドレッシングはゴマが一番おいしいですよね。ただ、お気づきでしょうか?今回のブログのタイトルでもあります。サラダの上にカリカリしたやつが乗っていますね。カリカリがいるだけで、3割増しでおいしくなります。でも、一つ問題が……それは、そのお値段!!!「サラダ カリカリ」と検索して、一番上に出てきたこの軍団。内容量は5gで、お値段、なんと、78円。つまり、15円/g!!気になって調べたところ、いきなりステーキのほとんどの肉の倍の値段でした。恐るべし、サラダの上のカリカリ。これは、ドケチ丸山には許しがたい価格の暴力です。てことで、丸山はカリカリをあるもので代用することにしました。写真から、推測できる方もいるのではないでしょうか?そう!エビせんです。どうせ、5gしかないんですから、味なんて感じていないに等しい。要は、香ばしくて、カリカリしていればいいんです。エビせんなら8枚入りで100円です。1枚(サラダ一食分相当)あたり、13円。1回の食事で65円の節約に成功しました!!この節約をさもしい貧乏人根性と見るか。はたまた、生活の知恵、考える力と見るか。丸山の持論ですが、お金の使い方には性格が出ると思っています。大学時代、お金に糸目をつけずに、遊び惚け、電気を止められていた友人がいます。そこまでいかないにしろ、所沢教室でも、生徒の豪遊をよく目にします。ジュースを自販機で1日に2本買ったり、毎日ファミマでお菓子を調達していたり。丸山が中学生のときには、コンビニでペットボトルの飲み物を買うなんて御法度。スーパーなら、同じ商品が2/3くらいの値段で売っていますから。この習慣・思考はお金だけにとどまりません。時は金なり。時間の使い方の巧拙にも通じてきます。例えば、授業後によく見かける光景。せっかくウィルにいるのに、ペチャクチャ話しながら勉強。まるでママ友のお茶会のよう。話が絶えません。頑張り屋なのはいいことでしょうが、集中が続かないまま、ダラダラと勉強するのも、もったいない。うつらうつらと船をこいでいる子を見かけたら丸山は「15分くらい寝たら?」と声を掛けるようにしています。億万長者でも、不老不死の化け物でもない我々は、お金を、時間を、どう使うのが最善か、考え続けなければいけません。先日も書きましたが、頑張ればいいってもんじゃないです。成果を出さなければいけないのです。自分にとって、どうするのが得で、どうするのが損なのか。目的を達成するためには何が必要なのか。逆に、必要だと信じ切っていたけれど、無駄なものはないのか。自分の行動を顧みて、点数をつけてみよう。どうせ、こうアドバイスしたところで、実際、採点してみる生徒なんて一握りです。こういう、些細なアドバイスを素直に聞ける生徒が、将来、サラダの上のカリカリを買うときに、一考できる人間になるんでしょうね。

      3
      テーマ:
  • 07Dec
    • 【We will】やりすぎNG〈Page.184〉

      12月7日(金)【We will】やりすぎNG〈Page.184〉こんにちは、陸田です。学力を伸ばすのに一番大事な要素。それは、素直さです。過去のブログでも紹介しましたね。先生から言われたことを素直に実行してみる課題をやることだけじゃありません。自分で勉強できるようになってほしい。そう、伝え続けて来ました。子供たちを選手とするならば、僕らはコーチです。どんな競技でも、まずは選手がやらなきゃどうしようもありません。中日ドラゴンズの監督を就任1年目からいきなり優勝させ、就任から8年間一度もAクラスを逃したことがない名将、落合博満監督は次のように語っています。「コーチの仕事は『何もしない』こと。そうすると、選手は自分で考える。何も知らないから、選手はコーチに素直に聞きに行く。コーチは、選手が聞きにきたらちゃんとそれを説明してやればいい。」他者からのアドバイスを素直に受け止められる。自分に足りないものを自分で正しく判断し、解決策がわからなければ素直にコーチに聞ける。こういう人に育てます。自ら学ぶ姿勢を持つことがウィルの教育の狙いです。手取り足取りで僕らに出来るようにしてもらうことに、1ミリも価値はありません。僕らがやりすぎては育ちません。このような考えの下で指導させていただいています。ご理解いただければ幸いです。

      7
      テーマ:
  • 06Dec
    • 【We will】内申点って?〈Page.183〉

      12月6日(木)【We will】内申点って?〈Page.183〉こんばんは。鎧塚です。学校の三者面談の時期ですね。徐々に2学期の成績、調査書の成績が出てきています。出てきた成績にあれこれ言ってももう変わりませんからね!『たら』・『れば』ダメ!絶対!逆にシンプルに考えようよ!ここから変えられるのは入試当日の点数のみ!ってね。じゃあ何点分取り返せばいいんじゃ!?という疑問に今日はお答えしましょう。まず、高校の内申目安を知るところから。個人情報の問題で実際の生徒の内申点を使えないので当時の鎧塚の例で考えてみましょう。実は鎧塚は所沢高校出身ですが、もともと所沢北高校を志望校にしてたんで、所沢北高校で考えましょう!時代が違うので入試制度違うんだけどね。鎧塚の中3の内申点は9科で32だったので上の目安と比べると6点分足りない!6点?それなら何とかなりそうじゃん!!あまーい!!それで終わりじゃありません。さらに、各学年の比率を考慮します。所沢北高校は比率が1:1:3なので3年生の内申で6点足りないのが、3倍になって、18点足りないことになります。厳密にはもうちょっと計算しないといけないんだけど、割愛!笑18点ってことは入試問題で5問か6問分!?1教科につき1問!?さらに1年生、2年生の成績も考えたら…偏差値60の鎧塚は所沢北高校を諦めました…。所沢高校の目安にも届いてないんだけどね。笑なんとかしてやる!!!って思う人もいるかもね。この記事を読んで鎧塚と同じようにビビッて下げるのか。やってやる!!と気合いが入るのか。できれば後者であってほしい。と願います。今日は受験情報でした~つづく

      8
      テーマ:
  • 05Dec
    • 【We will】失敗から学ぶ〈Page.182〉

      12月5日(水)【We will】失敗から学ぶ〈Page.182〉失敗は成功のもと!あしたのもと、味の素!成功するまで続けるので、今まで1度も失敗したことがない丸山です。ブログで繰り返しお伝えしてきたように、最近のテーマは“自学”。高校でも通用する勉強法を中学生のうちに身につけてもらいたい。学ぶ・勉強する=「できない➡できるにすること」です。よく生徒に言っていることですが、ひたすら九九の練習をしても、それは勉強ではない。なぜなら、できることが増えていないから。肝は、できることを増やすこと!こと、社会においては、次やるときには間違えないような工夫が大事です。たとえば、Rのワーク。(3)の農業に関する問題。ヨーロッパの各国でさかんな農業を一通りチェックしてます。「エ」➡「イ」に直すことに価値がないとわかっている証拠です。さらに、素晴らしいのは、Eのノート。北辰本番や過去問、ワークの問題で間違えたものをまとめていました。丸山が指示したわけではありません。地図まで描いて、視覚的にもインプットをし直しています。他の教科(おそらく、数学)で指示された勉強法を社会に転用。ワークに全然直していないと思ったら、ノートまで作っていたとは、驚きです!いずれの例にせよ、・間違いを繰り返さない工夫・間違いから他のことを学ぶ工夫がなされています。これは非常に賢い。当然、紙に書いた瞬間覚えるのであれば苦労しません。しかし、脳にその記憶を焼き付けるのに、言葉として書き出すのはうってつけです。なぜなら、“頭の中のもう一人の自分に説明”しているから。換言すれば、授業ができちゃうわけです。同じ問題に触れても、定着に差が付く要因はココでしょう。つまり、定着を左右するのは、理解度です。その指標とすべきは、人に説明できるかどうか。やってもできない子は勉強の仕方が間違っています。“できない”と“できる”を分けているだけで満足してしまっているんです。賢くなるには、“できない”から多くを学ぶ意識を持つこと。じゃ、ありません!!二度と同じミスをするものか!なんて意識を持ったところで、何も変わりません。具体的に、行動を変えなさい!すでに、偏差値70を下回らないような生徒ならば、いざしらず。学校でもやっているはずです。丸山も、3回は同じ説明をしています。それでも、覚えていない。つまり、キミは、どれだけ一生懸命、授業を聞いても覚えられません!!肝心なのは、頑張ることじゃない。成果が出る方法を模索することです。間違った方法でいくら努力したって、世間は認めてくれません。いいか?取り組んだものを確実にできるようにしろ!それを積み上げれば、100点に近づいていきます。毎晩、寝る前にノートを見返す。お風呂の中で、授業を再現しなおす。該当範囲の授業をしてみる。時間があれば、白紙に書き出していく。そうやって、RやEのように、行動を変えなさい。3期生のみんなは、勉学に時間を費やすことができる。ならば、努力と成果が合致する方法を突き詰めていこう。

      10
      テーマ:
  • 04Dec
    • 【We will】問題をちゃんと読む〈Page.181〉

      12月4日(火)【We will】問題をちゃんと読む〈Page.181〉少しだけ髪型を変えた陸田です~。数学をやっているとこんな答えを出す人に出会います。時速40kmで走るバスの30分後の走行距離1200km⇒1時間で40kmなのに、なんで30分で40km超えるんだよ!てか30分で東京-大阪間往復できちゃうってどんな最先端技術だよ!(笑)秒速600mで走る人⇒人類はまた、速くなった。家から学校までの距離13m⇒あり得るのかもしれないけど、どんな問題!?(笑)子どもの人数2/3人⇒えーっと、ノーコメントで。質量パーセント濃度100%の食塩水⇒それはもう、THE・SHIOです!※先日、中3でもありました。どの学年にもいます。「いやいや、数的感覚なさすぎる!」と思っていました。しかし、そういう子は、他教科も伸び悩みます。結論は、数的感覚の前に、国語ができない可能性があるということ。少し考えれば明らかに違うとわかることです。『秒速600m』の意味が分からない子ではありません。『子どもの人数が2/3人』というのがおかしいのも分かっています。でも、実際に問題を解いている時には気づいていないんです。「少し考えてごらん。これってどういう意味?」とこちらが聞くと、「確かにこれはおかしすぎる!」とすぐに気付くんです。何故でしょう?それは、その場であり得ない答えが出ても全く気付かない=問題の意味がちゃんと理解できていないという“恒等式”が成り立っているから。ただただ、必要最低限の情報だけ探していたり、文字をたどったりしているだけ。問題の意味をちゃんと理解できていない⇒読解力がないゆえに、国語は出来ません。《国語ができるとどうなるか》読解力がある⇒どんな科目の問題でも、問題の意味をちゃんと理解できる国語ができると、他教科を伸ばす大きな力になります。これは多くの指導者が賛同してくれるはずです。では、《問題の意味をちゃんと理解できる人の思考回路はどうなっているか》例えば数学なら、分速200mといわれたら、校庭1周を1分で走る感じか。とか自転車で通学している割合が2/3って結構多いな。田舎かな。とか。Aくんは一定のスピードで自転車を漕ぐのか。俺にもできるかな。とか。つまり、日常や周りの出来事に置き換えて読んでいます。ただ読むのではなく、そこに情景を思い浮かべています。深いところまで意識が入っているんです。これが、問題をちゃんと読むということ。《ちゃんと読めるようにするためにはどうするべきか》普段からなぜ?と問いかけること。ただその場でぼーっと過ごすことから脱却し、疑問を持って過ごすことです。何気ないことでも、なぜだろう?と疑問を持つことで、そこに意識が集中します。そうすることで、あらゆる場面で意識が深く入り込むようになります。勉強における「問題をちゃんと読む」という点においても同様です。問題を読んで意識が深く入り込む⇒ちゃんと読めるようになっているにつながります。こうすれば、たとえ明らかに違う解答になったとしても、気付けるようになるでしょう。①様々なことに疑問を持つ。②読解力が上がる③ちゃんと問題文を読める④おかしな答えが出たときに気付ける!まずは、①から、ぜひ、試してみてくださいね。

      6
      3
      テーマ:
  • 03Dec
    • 【We will】KINGJIM〈Page.180〉

      12月3日(月)【We will】KINGJIM〈Page.180〉こんばんは。鎧塚です。12月の北辰テストが終わり、そろそろまた学校の三者面談があって、そこで成績が明らかになります!今後の日程の確認はコチラ↓【We will】これからの受験情報〈Page.159〉受験という登山も、いよいよ8合目くらい登ってきました。ここまで、次の北辰、次の北辰と動いてきたけど、いよいよ北辰テストという中継地点は終わり。頂上である入試へ向けて登ります!頂上で最高の景色を見るためにひたむきに登っている今だからこそ、その先に何を見据えているのか改めて思い返してほしい。春の面談では、高校で人生終わりじゃない。その先どうなりたいのか。そこから逆算して志望校を決めよう。そう言って決めたよね。将来何になりたい?どんな大人になりたい??鎧塚の例を紹介しましょう。鎧塚はキングジムという会社に就職しました。元々キングジムなんて会社になんの縁もゆかりもありません。社名すら知らず、就職サイトでたまたま見つけた会社です。当然、小さい頃から夢が「キングジム働くこと」なわけない。また、キングジムは事務用品や文具を作る会社なんですが、ほかの名だたる文具メーカー(コクヨやぺんてる、ゼブラなど)はまったく受けませんでした。他に受けたのは時計メーカーや工具メーカー、飲料缶メーカーなど。「文房具作る人になりたい!」すら思っていなかったです。将来のことを考えろと偉そうに言っている鎧塚自身、「将来何になりたい?」と聞かれて、「これになりたい!」って具体的に答えられる少年ではありませんでした。「まだわかんない」これが現実です。私正直なんで。で!も!「世の中にないものを作る仕事ってカッコいいな~。」「自分の作ったものがお店に並んでたらすごくね??」こんなことは小さいころからずーーっと思ってました。結局は大学も、就職先もその思いで決めました。キングジムに決めたのも、世の中にないものを作れそうではなく、実際に作ってる会社だったから。HP覗いてみてください。ほとんどの製品は一人の社員のアイデアから始まって作られてるんですよ。実際にやってみて特に良かったのは、大きな会社だと各部署でするお仕事が決まってますよね。企画を考える人。設計をする人。説明書をつくる人、箱のデザインをする人・・・などなど。キングジムは、アイデアを出した開発者がどれにも最後まで携われたのでアイデア出して終わり。設計して終わり。…じゃなくて、全部に携わって、自分の製品!感をすごく持てたこと。まあ、それ以上にキミたちの成長に一番にやりがいを感じ、今ここにいるけどね!偏差値やら成績やらが出てきて、だんだんと行きたい高校から行ける高校に意識が向いちゃうよね。やっても無駄じゃんって思っちゃうかもしれない。単純に数字が足りないからはい、下げま~す。じゃなくて、その学校で何がしたいのか。その先どうなりたいのか。その思いを忘れないで。お母さん、不安でしょうか?まだ上を向かせて頑張らせてもいいですか?つづく

      11
      テーマ:
  • 01Dec
    • 【We will】ウィルの課題は多い?〈Page.179〉

      12月1日(土)【We will】ウィルの課題は多い?〈Page.179〉今日から師走。それでも、僕は走らない。呼吸を整え、ささやかながら、地球温暖化防止に貢献したいから。エコノミーよりエコロジーを大切にする丸山です。よく言われるんです。「ウィルって宿題が多いんでしょ?」って。ある生徒から聞いた話ですが、ウィルは、(少なくとも所沢教室は、)他の塾さんと比べて、課題の量が多いそうです。【We will】授業はおまけ〈Page.089〉↑ずいぶん昔に書いたように、ウィルは課題(自学)で学力を上げる塾です。点を取る“テクニック”を教えるのではなく、「学び方」を教えています。【We will】宿題なしの結果〈Page.155〉↑目指すべきは「自分で自分を育てられる」生徒。自力で考えて、失敗することから学ばせます。そして、今回、また、おもしろい結果が出ました!!!宿題をどっさり出してみる作戦。後期社会のテキスト“シリウス”から、地理・歴史の全範囲を解くこと。全部で16単元。もちろん、十分な時間が取れるように、告知は4週間前にしました。でも、学校のテストや北辰テストがあったことを考えると、実質3週間ちょっと。「じゃあ、いつも通り、これよろしく~♪」って普段通りな感じで宿題を提示したものの、実際のところは、いつもの1.5~2倍の量でした笑でも、聞こえてくるのは「先生!シリウス難しくないですか?」「聞いたことない言葉メッチャあるんですけど!」っていう声ばかり。「多いよ!」って声は聞こえてきません。いつもの倍くらいある課題なのに!!むろん、いたずらに時間を浪費してしまう課題はいただけません。けれども、時間を割かなければ身に付かないこともあります。それが、“自学の精神”です。僕ら講師が、手取り足取り、生徒の面倒を見てあげれば、5点、10点くらいは上がるかもしれない。でも、それって、教育ですか?生徒は何かできることが増えてるんですか?自らの小さな失敗から学び、軌道修正をしていくことこそ、学びの本質です。失敗させないと、何もできない人間になりますから。入試本番ギリギリまで“自学の精神”にこだわりたい。話を戻して、今回の“宿題どっさり作戦”の結果。県立を第一志望にしている生徒全員が期限内に提出することができました。丸山は思っています。どれだけ宿題が多かろうと、こなせるのであれば問題ない。一流の受験生は週に50時間くらいは勉強するもんですしね。ですから、生徒にも、保護者の方にも、ご理解いただきたい。ウィルの課題は他塾と比べて多いかもしれない。でも、ウィルの生徒はその課題を多いと感じない。そういうふうに育てているから。「自分で自分を育てる」のスタートライン。“時間をかけて学ぶ”というところまではクリアしています。あとは、学びの質を上げていくことです。どうすれば、机に向かう時間を変えずに、より定着させられるのか。しつこく、アタマを使わせていきますね。

      11
      テーマ:
  • 30Nov
    • 【We will】同じ授業でも差が生まれる理由〈Page.178〉

      11月30日(金)【We will】同じ授業でも差が生まれる理由〈Page.178〉ちょっと古い記事ですが、コチラをご覧ください。↓同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」東洋経済オンラインよりこの記事はある保護者の方の質問から始まります。“学校でも塾でも同じ授業を聞いている友人が学年トップ。うちの子はどうしてトップになれないのか。”この質問に対する回答がこれです。“「できる子は、勉強時間以外も学んでいる」”“彼らは始終「学んで」いるのです。ですから、表面的な授業時間で差がついているのではないのです。”“たとえば、家から駅までの間を歩いている場合でも、非常に多くの気づきを得て、そこから考えたりするのです。一度、このようなタイプの人と一緒に旅行に出かけてみるとわかります。経験から得られる知識量に雲泥の差がついているのではないでしょうか。”僕が学年トップと聞いて真っ先に思い浮かんだのが、丸山先生でした。以前、丸山先生が書いたブログを紹介します。【We will】考えるとは?〈Page.050〉【We will】セブンイレブンいい気分〈Page.071〉【We will】丸山家の日常〈Page.083〉ここで丸山先生が伝えていることは日頃から頭を使えということ。つまり、丸山先生は、授業時間以外でも学んでいます。これが、丸山先生が賢い理由です。別に遺伝的に頭が良いわけではありません。昔から外で遊んだり、テレビを見たり、漫画を読んだり。そんな普段の何気ないことでも、家族から考えるきっかけを与えられ続けてきた。そうやって、日頃から頭を使うようになっていった。先程紹介したブログでは、丸山先生が普段、何を考えて生活しているのか。どうやって丸山が育ったのか。そんなことが書かれています。ぜひ読んでみてください。-------------------------------------「僕も、私も、日頃から頭を使えるようになりたい!」それは中学生からでは遅いのか。否、そんなことはありません。もう一人の学年トップを教えましょう。それは僕です(笑)5科最高333点、最低259点↑これ、僕の中1の定期テストの結果です。通知表は1年9科32、2年9科29。いたって普通。ウィルでは下のほうでしょう。そんな僕はあることがきっかけで急に変わります。それは、みなさんがよく知る進研ゼミを始めてすぐのこと。理科と社会の点数が著しく悪かった僕が、進研ゼミの問題集をやっていくうちに、「覚えたら覚えた分だけ〇の数が増えた!」と喜びます。いままで何をしていたんだって話ですけど、それでも僕にとってはそれがうれしかった。ゲームのように、敵を倒して(問題を解いて)クリアしていく(〇が付く)ような感覚で勉強ができた。とにかくそれが楽しかった。ゲームにハマる少年のように勉強にハマっていった。そして気付けば中3で440点越え、内申40と成績はうなぎのぼり。所沢高校に入学後、学年320人中1位を獲得。高校で学年トップ高3の全国記述模試では、英語偏差値70越え、2回連続物理全国9位、明治大学の入試本番では数学満点合格と見違えるほどの変貌ぶり。すべては、進研ゼミで味わった《勉強の楽しさ》からはじまりました。最初に紹介した記事にも書いてあります。“「気づく楽しさ」「知る楽しさ」「考える楽しさ」を知る必要がある”勉強が楽しいと思ったから、疑問を持ち、考えることにハマりました(笑)ゲームや動画を見るのが楽しいと思い、スマホにハマっちゃうのと一緒です。こうして、僕も日頃から頭を使って考えるようになったのです。丸山先生と自分の経験から、非常に納得できる内容でしたので、共有させていただきます。

      7
      テーマ:
  • 29Nov
    • 【We will】チャレンジャーズ〈Page.177〉

      11月29日(木)【We will】チャレンジャーズ〈Page.177〉こんばんは。鎧塚です。“チャレンジ”のない受験じゃ、どんな結果でも意味がない!“チャレンジ”のある受験をしよう!というブログを前回書きました。今日は特にチャレンジをしている生徒たち(チャレンジャーズ)を紹介します!普通・向上心はうなぎ上り!K!中1、2年の彼は、「勉強なんてどうせできないし…」って諦めてもおかしくなかった。それが今では、偏差値55くらいで「低すぎ…」と言っちゃうハングリー野郎になりました。ただ、志望校にはまだ届かないので、志望校を下げるか聞いてみました。すると彼は即答。「いや、最後までこのままでやりたい。」「下げたら自分は絶対に気が緩むし、可能性が残ってる限りは頑張りたい。」僕がほしいのはこういう“チャレンジ”です!K!もうちょっと集中続くといいな!笑・クラスの男子を引っ張る存在!M!普通クラスの男子の中で今一番“しっかり”学べているのがM。課題を終えるだけ、提出さえすればいい。答えを安易に見るなんてことをしてきません。アタマを使い、アタマに残るように学んでるのがわかります。Mが掲げているのは選抜クラスと遜色ない志望校。教科の偏りやペースにまだムラを感じるけど、そんなことより、腕のケガ早く治るといいね。笑・まだまだ終わらぬチャレンジ!Aちゃん&Rちゃん!私立を第一志望としている二人。みんなと目標が少し変わっても、チャレンジすることに変わりはない!それを裏付けるように、この二人、いつも一番に塾に来ます!そして、北辰の翌日にはさっそく入試にチャレンジすることを予約済み!きっと全然できないんだろうな~!笑選抜・忘れん坊将軍!T!テストの点数で400点切らないのに、忘れん坊将軍なので内申はお世辞にも高いとは言えないT。だけど、ホント驚いちゃうくらい賢いです。だから内申のせいで志望校を下げるのはもったいない!ってわけで高い目標を掲げ、学校終わってから家には帰らず、直で塾に来て頑張ってたんですが…。今度こそ自分の欲求に勝てるかな?・三兎を追う!Yちゃん!受験勉強をやりつつ、10月まで部活を続け、11月まで習い事を続け、勉強に使える時間が一番短かったYちゃん。現在怒涛の追い上げ中!(特に理社)2カ月ぶりの北辰楽しみだね♡・ハイペースがマイペース!Hちゃん!早めに来て、先生や友達とじゃれることなく勉強できるHちゃん。自分の目標を見据え、そこに向かって一人でも努力できる姿を見て、カッコいい~って思ってます。12月の北辰、期待しちゃうから!・脱!スマホ!Mちゃん、Sちゃん、K!生徒のスマホを数台、僕の机で丁重に預かっています。スマホを預けたら学力上がるの?そんなわけないよ。でも、それすらできないヤツらとは違う。少なくとも、スマホという誘惑を断ち切って頑張る覚悟を持ってやってんだ!鎧塚の机、まだ空いてますよ!笑中2・もはや中3!?Yちゃん、Aちゃん!中3と遜色なく塾にきて自習をしているYちゃんとAちゃん!定期テストは終わったのに、今日も自習に来ました^^次の目標であるクラス分けテストに向けて気を抜かん!さーて、結果はどうかなー?^^・右肩痛くなっちゃう!Kちゃん!入塾してから、毎回の定期テストで自己ベストを更新し続ける女!Kちゃん!結果がずっと右肩上がり!まあ、スタートがね…笑。さて、そろそろ肩が下りちゃうかな!?下ろすな!!!・高く!もっと高く!M、S!恐らく学校の授業で理解できないことはないであろう2人。来年は学びを楽しんで、かつ、高い目標にチャレンジしてくれるかなー?いいともー!中1・まだまだこれから!頑張ってるの知ってるぞ!Mちゃん!入塾以来、覚えることが得意じゃないMちゃん!でも今日も自習に来て頑張ってます!まだまだまだまだまだなんだけど(笑)、じっくりガッチリ成長させてやるぞ!・まだまだ全然ダメ!Y!自習にもよく来るし、得点も立派なんだけど、あえて言おう。キミはまだまだだ!分からないことはないかもしれないけど、君はもっともっとできるはず!目標のはっきりしているY。だからこそこちらも本気でそこに向けて対応します!今日紹介したのは特にチャレンジしている生徒。もっとたくさんチャレンジャーズはいます!自分のイニシャルがないからって、いじけるな!ちゃんと見てる!でも、ここで挙がらなかったってことは、それなりの理由ってもんがあるんだよね。もしかして、自己満足なんじゃない!?それとも、鎧塚の目が節穴なのかな?つづく

      6
      テーマ:
  • 28Nov
    • 【We will】山口メンバーに告ぐ〈Page.176〉

      11月28日(水)【We will】山口メンバーに告ぐ〈Page.176〉お前は走り出す 何かに追われるよう俺が見えないのか すぐそばにいるのになかなか髪の毛を染めない丸山です。20年後には、白髪染めする髪の毛が残っているといいなぁ。今月の所沢教室は誕生日ラッシュ。11月はすでに菅沼、ヨロさんの誕生日を祝いました。そして今日!11/28(水)は!所沢教室の紅一点、山口先生の誕生日です。いい機会ですから、我らがアイドル、山口翠をご紹介しましょう。丸山と山口との出会いは、彼女が中学3年生の時にまで遡ります。県立入試を2週間前に控えた2月某日。東所沢に用事があった丸山は、偶然、山口に出会います。当時、丸山はウィルの先生1年目。新所沢教室で英語を教えていました。新所沢の久保先生、真木先生、茂木先生、末安先生を担当してましたね。そして、山口はというと、判定テストの結果を受けて、受験校を川越女子にするか所沢北にするか、お悩み中。「彼は川越高校の先輩だから、話を聞いてごらん!」そんな2人は、塾長の計らいによって、引き合わされます。山口の状況をよく知らない丸山は、歯に衣着せずに、自分の考えを伝えます。「俺は川越(女子)と所沢北じゃ格が違うと思ってる!」「自分が行きたい方じゃなきゃ、受かっても心に何か引っかかるよ」中3の女子には少し酷だったかもしれない。怖くても戦え!そう言ったのですから。丸山の言葉が山口の心を突き動かしたのか、はたまた、背中を押してくれる人が欲しかっただけなのか。真相はわかりませんが、彼女は川越女子を受験したそうです。結果は不合格。考えさせられました。誰もが合格を手に入れられるわけではない。入試において、どれだけ頑張ったかは関係ないんです。そして、3年後。埼玉大学に合格した山口は、ウィルに先生として戻ってきました。あぁ、この子は、高校で3年間たゆまぬ努力を続けたんだろうなぁ。川越女子に行ったのと変わらない進路結果じゃないか。と感心しました。と同時に、喉に刺さった小さな骨が取れるような気持ちになりました。丸山が生徒である山口と話したのは1度きりでした。でも、その1度が山口の人生を左右してしまったかもしれない。生徒から受験校の相談を受けるたびに、山口が頭をよぎってきました。そんなことないよ。丸山先生を恨んでなんかない。ちゃ~んと、ウィルに先生として戻ってきたでしょ?山口がウィルで奮闘する姿を見ていると、そう言われている気がします。そんな山口も、ウィルの先生4年目。もうベテランです。所沢教室の中3国語を立派に勤め上げるほど、たくましくなりました。もう!なんで宿題やんないの!(差し入れを)食べた~い!あ~、全然終わんないよ~泣ふふ、おもしろ~い。はぁ、どうしよ。すご~い!これできんの?○○かわいい。イェーイ!!!誰に似たのか、若干、口が悪いですが笑喜怒哀楽をコロコロ転がしながら、毎回、遅くまで生徒の解答とにらめっこしています。山口は言います。自分が生徒のときにしてもらったことの恩返しがしたい。鎧塚、陸田、永倉とおじさん軍団に囲まれて、末っ子気質が見え隠れする山口ですが、キミはもう、生徒への愛が誰よりも強い、所沢教室のお母さんです。そんな山口に教わっている3期生からも、“第二の山口”が出てきてくれないかなぁ。なんて期待をついつい持ってしまいます。山口の大学生活はあと少し。ジャネの法則が働いて、丸山にはあっという間の3年と8か月でした。あと4か月で山口をからかえなくなると思うと、寂寞の想いが胸に込み上げ、夜の寒さが身に沁みます。暖房器具も買っちゃおうかな♪なんて思う丸山でした。あ、みどちゃん、誕生日おめでとう。

      8
      テーマ:
  • 27Nov
    • 【We will】そろそろ〈Page.175〉

      11月27日(火)【We will】そろそろ〈Page.175〉※この記事は、ある1人の生徒のためだけの記事です。そろそろ「問題の意味がわかりません」っていう質問はやめようよ。「定期テスト前で焦っている。」「このテストで内申点が決まる!」「絶対に失敗できない!」「時間がない。」「手っ取り早く進めないと。」「とりあえず、解けなかった問題の解き方を質問して、覚えて乗り越えよう!」ダメ!それ絶対ダメ!問題文が極端に長かったり、そこに書いてある情報量が多くて複雑な文章であったりするなら少しはわかります。しかし、わからない問題の原因のほとんどを「問題文の意味がわからない」で片付けるのは違うよってこと。どんな時でも、問題が解けなかった後にすることは、「解けなかった原因を明確にすること」です。そしてその原因を1つ1つ潰していく。これが学びです。この能力が、科目という枠を超えて様々な分野で効力を発揮します。解けない問題が同じだったとしても、その後の対処で人の成長度合いは大きく、大きく変わります。その場しのぎの暗記をしてテストの点数があがったとしても、学力は上がりません。そんなものは教育ではない。定期テストが終わり、第7回北辰⇒私立入試⇒県立判定テスト⇒県立本番とあっという間に時間が流れていきます。とりあえず覚えるとか、テクニックとかそういう勉強ではなく、学力をあげて勝負をしなさい。ココは、点数を取る塾ではありません。人を育てる塾です。目的を見失わずに努力をすれば、結果は後から自然と付いてきます。

      3
      テーマ:
  • 26Nov
    • 【We will】チャレンジはあるか〈Page.174〉

      11月26日(月)【We will】チャレンジはあるか〈Page.174〉こんばんは。鎧塚です。昨日テレビで、明石家さんまが「なぜそんなに明るいのか?」と聞かれて、「その日のご飯に困るほどのどん底をキミは知らないでしょ?その頃と比べれば、何だってたいてい楽しい。」って答えていました。“最低限度の文化的な生活”が保障されている今の日本で本当のどん底を経験するのは難しいでしょう。リセマラという言葉を知っていますか?リセットマラソンの略でスマホゲームの“ガチャ”でいいキャラクタが出るまで、アプリを削除して、再インストールを何度も繰り返すことだそうです。気に入らなければ辞める。やり直しができる。何とかなる。それが当たり前と思ってる。なんか違うなって思うんです。今やってんのはやり直しができない高校受験だ。合格が最も重要なら志望校下げればいいんです。楽な受験はいくらでもできます。そうじゃなくて、期待や緊張感、危機感をもって臨んでもらいたい。要は、“チャレンジ”があるかどうかが大事。それがあるなら最後まで力になるし、最終的な結果がどうであれ価値があると思います。きっと保護者の方も君たちを責めたりはしない。悪いのは指導者ですから。僕らが責められます。逆にそれがないならどこに合格しようが残念。保護者の方も、なんかなんとなく受験終わっちゃって、この先大丈夫だろうかと不安に思うはずです。一度きりの高校受験もあと約3カ月。その先に繋がる、“チャレンジ”のある受験にしよう。そして価値ある合格を掴み取ろうぜ。では。

      6
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス