すみえんが | フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:

今朝はかなり冷え込んだ。
未だ11月だと云うのに・・・。
それでも日中はポカポカの小春日和。動きやすく、室内でじっとしているのは勿体無い一日だった。
しかし日没は確実に早まってきている。
今年の冬至は12月22日(金)。夜が1年で一番長い日、つまり日没が一番早い日まであと23日と迫り、年越しまでひと月余り。
明々後日から12月(師走)だが、別称「春待月」。もう既に春が恋しい。何れにしても、今年もあっという間の1年だった。

因みに、タイトルやフォト短歌の3句目「すみえんが」とは、凍りついた栗のイガのこと。「すみ」は「凍みる」が訛り、「えんが」は「イガ」が訛ったものだが、私の造語訛りである。

 

 

ロッキーわんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス