第8回斎藤實・春子夫婦を偲ぶ等短歌大会 | フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
本日午前10時より、第8回斎藤實・春子夫婦を偲ぶ等短歌大会が、奥州市水沢区の斎藤實記念館 の旧宅にて行なわれた。選者は前岩手県歌人クラブ会長の菊澤研一先生。
今回も鋭い選評で出席者を唸らせた。特に、以前も紹介させて頂いたが、菊澤先生の記憶力、知識の豊富さには本当に圧倒される。

私の高校時代の同期に、現在盛岡市本宮でクリニック を開業する人物がいるが、彼もまた凄い記憶力の持ち主だった。1度眺めるようにすらすらと読んだ3ページ程の文面を殆ど完璧に復唱できたが、彼を凌ぐ程の菊澤先生の記憶力である。当然理解力に優れているということだと思うが、資料に目を通すことなく多方面に渡る薀蓄がスラスラと出てくる。
兎に角凄いものだ。ただただ脱帽するばかりである。
菊澤先生の脳みその1gでもいいから、分けてもらいたいところだが……。

歌会は前もって提出してある歌稿を座席順に1首づつ朗読し、感想を述べた後、菊澤先生の講評を頂くと云った内容で進められた。
今年は、遠くは千葉県からの応募もあったようだ。
ひと通り作品発表と講評が終わり、入賞者の発表があった。

最優秀賞 折居路子さん(盛岡市)
― 寝(い)ねがたき夜のつづきゐる枕辺に呪(まじな)ひのごと母の数珠置く ―

優秀賞 菊池トキ子さん(江刺区)
― 夏日さす斎藤夫婦の墓原の数多の灯籠地に影を置く ―

優秀賞 阿部洋子さん(水沢区)
― 山上の生家を訪ひ来し人たち挨拶の前に涼しさ称ふ ―

佳作入選者
佐藤茂美さん(水沢区)、阿部スミ子さん(胆沢区)、及川あや子さん(江刺区)、朝倉賢さん(金ケ崎町)、工藤百合枝さん(八幡平市)、朝日田てふ子さん(千葉県)

そして僭越ながら、私(伊藤英伸)が提出した歌稿の上にも、「佳作」の二文字がしっかりと見てとれた。
― 距離感を水にうつして正しうす焼石連峰かがみだにゆる ―

昨年(今年で2度目の参加)はかすることなく悔しい思いをしたが、今年はお土産でも買える程、(深見屋さんの唐揚げ5個購入)余裕を持って帰路のハンドルを握ることができた。出来ることなら「最優秀賞に…」といいたいところだが、まだまだ実力不足は否めない。
今年はこれで、第44回全国短歌大会佳作入選に続き2度目の入選となったが、更に納得出来るような詠歌を心掛けていきたい。


   フォト短歌「斎藤実総理」

斎藤實記念館にて

第7回斎藤實・春子夫婦を偲ぶ等短歌大会



ロッキーわんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス