二十日夜祭り | フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログ

フォト短歌Amebaブログにお越し頂き感謝申し上げます。
他のブログサイトから引っ越して参りました。
当ブログサイトは、写真と短歌、ときおり詩などもコラボしたフォト詩歌などを随時紹介して参ります。


テーマ:
昨日の大寒の夜、岩手県平泉町の天台宗別格本山「毛越寺」境内を会場に、除災招福や五穀豊穣などを祈願する常行堂二十日夜祭が行われた。
下帯姿の厄男(42歳の厄年)らが、平泉駅から毛越寺迄の間、松明(火が着いてない状態)を振りかざしながら、沿道に用意されたふるまい酒を煽り、ベロンベロンになって(皆ではない)練り歩き、毛越寺門前で松明に火をつけ、境内に入ると更に気合を入れながら練り歩るく。
その後常行堂前まで進み、護摩の争奪戦が始まる。

詳しくは昨年の様子など>>


フォト短歌「二十日夜祭り」

その他の写真>>


ロッキーわんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス