【訃 報】 Walter Becker (Steely Dan) | 追憶の骨 (bones)

追憶の骨 (bones)

音楽や映像だけでは残せない、あの時の僕たち。


テーマ:

(左がWalter Becker  NewYorkTimes 9月3日)

 

 

こんにちは、ボーンズ88です。

 

久しぶりのブログになってしまいましたね。で、またもやミュージシャンの訃報をひとつ書きたいと思います。

 

9月3日、スティーリー・ダンのウォルター・ベッカーが亡くなりました。享年67歳。

 

「ところで、スティーリー・ダンって誰…?」

 

… そうだよね・・。

 

で、まず最初に、こんな曲をいってみよう。

 

Rikki Don't Lose That Nomber / Steely Dan 1974

 

これ、聴いたことあるんじゃないかな…?

 

1974年に発売されたこの曲、当然、僕も後追いで聴いたんだけど、あの汗臭い70年代に、この清涼感(笑)、際立ったサビと美しいコーラス、彼らの代表曲のひとつですね。

 

 

僕がスティーリー・ダンを知ったのは、80年代の初めのこと。

 

友達の女の子の部屋で聴いた、こんな曲。「大人だな~」なんて、当時のメタル小僧は思ってましたよ。(笑)

 

今でも大好きな、この曲、いってみましょう。

 

Hey Nineteen / Steely Dan  1980

 

なんて気持ちのイイ音楽なんだろう…。

 

極上の音質のレコード音源、言葉や感情はヌキにして、音の気持ちよさだけを追求した音楽、ぜひぜひヘッドフォンで聴いてみてほしい。

 

抜けのある音楽空間に、空気の振動まで伝わるような精緻な録音、ひとつひとつの楽器の音が、絶妙なタイミングと音量で配置され、何とも快適なグルーブを生み出している。音楽は、鳴っているだけで、それで、もう充分なのかもしれない。

 

 

次もサイコーに気持ちイイ、彼らの代表曲、これで!

 

Peg / Steely Dan 1977

 

… ルーム335 ・・?(笑)

 

いつの時代も、ドライブには欠かせない、この曲。その昔、僕の汚い車だって、これをかければ、気分だけは日産シーマ…。(笑)

 

軽やかな曲調に、ちょっとクセのあるベースライン、ホーンの感じが何とも大人で、晴れやかでリッチなドライブを楽しむことができる、そんな音楽だ。

 

 

さて、最後の曲は…、と考えて、ライブ映像にすることにした。

 

What a shame about me / Steely Dan  2000

 

1980年のアルバム「Gaucho」を最後に解散状態だったスティーリー・ダンが、20年ぶりにリリースした「Two against Nature」。

 

これ、流行ったよね~。

 

J-WAVEでジョン・カビラが絶叫して、もうお祭り状態。(笑)

 

ジャケットにネクタイでギターを弾いているのがウォルター・ベッカー、そして歌っているのは、もちろん、ドナルド・フェイゲンだ。

 

この快適なグルーブは、高度な演奏力と、マニアックなアレンジに支えられている。ゆったりした音楽のはずなのに、ルーズな音はひとつとして存在せず、空間には、僅かなズレも許されない、独自の緊張感がみなぎっている。

 

その緊張感に、僕らはひきこまれていく。

 

ジャズでも、ロックでもない、彼らだけの精緻な音楽空間。

 

このまま、時代の流れに埋もれないことを願いたい。

 

 

R.I.P. Walter Becker

 

 

 

<おわり>

 

 

ボーンズ88さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス