低反発クロスダイエット Diet研究&実践ブログ

102kgが半年で脱メタボ!!
低反発クロスダイエットの理論や実践
日々のエクササイズ結果やレコダイ公開
プチ糖質オフ&ダイエットレシピ
《ダイエットの道標》もあります!!


テーマ:
皆さんご存知のように

ヒロは酒呑みダイエッターです


「呑んで食べて痩せる」
がモットー!!

なので無理にシックスパックの割れた腹筋は目指しません

程よく痩せるダイエット道を爆進中


でもやっぱり週に1日は休肝日をとることはお勧めします
ほとんどとってませんが・・・


ちなみにどの位呑むかというと・・・

ある日の晩酌例

レモンサワー 3杯
芋焼酎ロック 3杯
ハイボール  3杯

だいたい毎日こんな感じです


肝臓がかわいそうになりますね


肝臓はアルコール分解以外に各栄養素(糖質、たんぱく質、脂質)の代謝にかかわる仕事をしてくれる頑張りやさんです

ある先生によれば週に1日休肝日をとるだけでもかなり効果があるそうです


ヒロみたいにサワーだろうがハイボールだろうがロックだろうが水のように呑むタイプにオススメなのが


割り水です!


水割りじゃないですよ



割り水とは

焼酎(芋、黒糖、泡盛など)をあらかじめ水で割って寝かせておく方法です

水割りよりも寝かせる分味に丸みがでて美味しくなります

ペットボトルなどに入れて焼酎:水を6:4とか5:5とか3:7とか好みの割合で割っておきます

寝かせるのは3日~1週間位

割る水は軟水がオススメ!


鹿児島などではこの割り水を黒ぢょかで燗して呑んだりもします、とっても美味しいです



ヒロの家ではこんな感じに作ってます


割り水


ラベルのないのが割り水したものです
決してコントレックス割ではありませんwww


ヒロのようにお酒を水のように呑む人って、案外呑む総量はアルコール度数によって、それほど変化はしないような気がしてます

度数が薄かろうが、濃かろうがある程度呑める水分量って決まってますからね^^;


なので割り水で薄めに1:3位で作っておいて晩酌すればアルコール量を抑えられちゃうって寸法ですw


物足りない人は徐々に水の割合を多くするとか

最初の1杯は濃いままでロックなどで呑んで、2杯目からは割り水したものにするとかでもいいと思います


お酒代の節約にもなります



伝統的な通の呑み方「割り水」


ダイエットにも節約にもオススメです



週一休肝日もオススメです(汗)。


ランキング応援
お願いします

※PC、スマホからはリンクバナーを2つ、携帯の方は「にほんブログ村」と
「人気ブログランキング」の2つの文字リンクを1日1回ポチっとお願いします





AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ダイエットとお酒」 の記事

テーマ:
昨日はお酒のカロリーについて説明しました

今日はお酒の糖質について説明したいと思います


お酒の種類は酒税法によって4つに分類されています


発泡酒類

ビール、発泡酒、その他の発泡性酒類(ビール及び発泡酒以外の酒類のうちアルコール分10%未満で発泡性を有するもの)


醸造酒類

清酒、果実酒、その他の醸造酒(どぶろくなど)


蒸留酒類

連続式蒸溜しょうちゅう(焼酎甲類)、単式蒸溜しょうちゅう(焼酎乙類)、ウイスキー、ブランデー、原料用アルコール、スピリッツ


混成酒類

合成清酒、みりん、甘味果実酒、リキュール、粉末酒、雑酒


お酒と糖質

お酒に含まれる糖質はお酒の製造工程と密接な関係があります

お酒の原料となるものは、主に穀類や果物でともに糖質を含みます

それらを発酵させたものがお酒になりますが、蒸留酒はその発酵させてできたお酒を蒸留して作られるので、糖質を含みません

蒸留っていうのは簡単にいうと、沸騰させて蒸発した物を冷やして液体に戻すこと

この過程で沸点の低いアルコールは蒸発して、糖質と分離されるので糖質が含まれないんですね

ダイエッター的に呑むなら蒸留酒がおすすめ

ただし、蒸留酒をジュースで割ったりすればもちろん糖質が増えるのでご注意を


糖質オフ・糖質ゼロ系の発泡酒やサワー

蒸留酒は製造工程で糖質と分離されるので糖質を含みませんが、それとは別に糖質オフ・糖質ゼロ系の発泡酒やサワーがあります

これは、発酵の度合いを高めたりして糖質を限りなくゼロに近づけ、アセスルファムKなどの人工甘味料などを加えて味を調整したものです

糖質ゼロ=糖質0gではなく、糖質ゼロ=糖質0.5g未満(100mlあたり)です

これは栄養表示基準に基づいて決められています

糖質オフ、糖質ゼロ系のお酒もダイエッターの強い味方なのでお酒好きな方はゼロ系・オフ系を選びたいですね


休肝日には

休肝日には肝臓を休ませて、肝臓の脂肪代謝パワーを高めるに、オルニチンやクルクミンを摂取するのもいいですね


オルニチンとは

しじみやだだちゃ豆などに含まれるアミノ酸の一種で、肝臓の機能を助け、疲労を回復する効果があります


クルクミンとは

ウコンなどに含まれるポリフェノールの一種で、肝臓機能を強化する効果があります

seiクルクミン系オススメ商品sei

ハウス ウコンの力スーパー 120ml×6本/ハウス食品
¥価格不明
Amazon.co.jp


サプリメントなども充実してますし、休肝日には心強い味方ですね

クルクミン&オルニチン

しじみの入った牡蠣ウコン(徳用サイズ)/井藤漢方製薬
¥3,360
Amazon.co.jp

ではでは素敵なダイエットライフを~


ランキングも応援してくださいね(〃▽〃)ポッちっとスイッチ

一緒にダイエッしてくれるかな~?⇒いいとも~

最新情報はここから⇒(σ・∀・)σゲッツ!!

読者登録してね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヒロはほぼ毎日晩酌してるんですが

「 ダイエットしているのにお酒飲んでばっかりで大丈夫? 」

って良く聞かれます


実は、アルコールにもカロリーがあって、アルコール1gあたり7.1kcalと言われます

お酒の種類別にカロリーを比べると

ビールや発泡酒中ジョッキ、日本酒1合で200kcalくらい

焼酎コップ1杯(1合)が250kcal、ウイスキーシングル(30ml)で75kcalくらい

ワインは100mlで75kcal前後

カクテルは中身によってかなりカロリーに差があります


居酒屋でジョッキ5杯くらい飲んだらそれだけで1000kcal近くいっちゃう計算ですね


アルコールのカロリーは、血行の促進や体熱の上昇などで消費されて燃焼し、身体の組織にはならないと言われています


しかし、アルコールには食欲増進作用もあり、酔って自制心が効かなくなって、適量を守りきれずに暴飲・暴食を繰り返して結果的にカロリーオーバーとなってしまうパターンも多いです


とくに危ないのはお酒といっしょに高カロリーなつまみをついつい食べ続けてしまうことですね


また、お酒を飲んでもあまり食べない場合は、代謝に必要な栄養素が足らなくなって、エネルギー効率が悪くなり、結果的に体脂肪を貯めやすくなることもあります


アルコールを多く摂取すると、脂肪を分解する肝臓の働きが、アルコール分解を優先してしまい、結果的に脂肪の代謝が悪くなって内臓脂肪を溜め込む原因にもなるそうです


ある程度、量を決めて程よく楽しむ分には問題はないかな


肝臓にしっかり脂肪を代謝してもらうために、週に1、2日くらいは休肝日を作ってあげるのもダイエットには重要です


まぁヒロは毎日飲んでるんですけど・・・休肝日を作ればもっと痩せてるはずです


また、後で記事にしますが、お酒によって糖質に差があるのでできればダイエット中は糖質の少ないお酒を選んで飲みたいところです


最近は糖質オフ系のお酒も増えてきましたし、蒸留酒は糖質を含みません


それもあってヒロは焼酎派なんですけどね


ではでは素敵なダイエットライフを~



ランキングも応援してくださいね(〃▽〃)ポッちっとスイッチ


一緒にダイエッしてくれるかな~?⇒いいとも~

最新情報はここから⇒(σ・∀・)σゲッツ!!

読者登録してね



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。