低反発クロスダイエット Diet研究&実践ブログ

102kgが半年で脱メタボ!!
低反発クロスダイエットの理論や実践
日々のエクササイズ結果やレコダイ公開
プチ糖質オフ&ダイエットレシピ
《ダイエットの道標》もあります!!


テーマ:
一昨日は食生活推進員養成講座を受けてきました♪


一昨日のテーマは生活習慣病と食育と食品衛生について


食育の講義の時に脂肪の話になって


脂肪1kgの模型がでてきました!


脂肪

右のシャーペンの芯と比較しても脂肪1キロはでかい!

これがお腹や太ももや二の腕・・・全身に・・・


ためしに持って見ましたw


脂肪

やっぱりデカイw

筋肉は1キロでもこの半分以下だそうです


ちょっとカロリーの話になって


消費カロリーよりも毎日50kcal余分に食べたとして(卵Lで1/2個位)

1年で18250kcal

約2.6キロの脂肪がつくことになります


1日たった50kcalですよ


20歳の時に45kgだった人が、50歳で65kgになったとします

1日あたりどのくらいのカロリーオーバーだったか計算すると・・・

20kg×7000kcal÷30年÷365日=12.8kcal

1日たった12.8kcal多い生活を続けるだけで30年後には20kg増・・・

しかもなにもしなければそのほとんどが脂肪です(汗)。


12.8kcalなんて飴玉一個くらいですよ~汗①


こうならないためにもやはり生活習慣を改めるって大事ですね!


あの塊が20個もくっつくってことは・・・オソロシイ・・・



最後に一つはよい事を


たまに食べ過ぎた時には2,3日食事を控えめにしてリセットすればそれほど脂肪はつかないそうです!

人間の体は元に戻そうという意志が働くため、一度の爆食の場合はすぐにリセットすれば元に戻ります

食べ過ぎを続けなければ体型維持はしやすいということですね

たまにはカロリーなんか気にせず食べるのも気分転換にいいですよ

逆に言うとちょっとだけダイエットをがんばって、続かずにすぐに止めちゃうと・・・すぐに元に戻るってことですね(((( ;°Д°))))

無理無茶しないで続けられることが一番です!


以下のリンクをクリックしていただけると

励みになります笑1

ブログランキングに参加中です

※PC、スマホからはリンクバナーを2つ、携帯の方は「にほんブログ村」と
「人気ブログランキングへ」の2つの文字リンクをクリック
いろんな方のダイエットブログも参考になりますよ




AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

テーマ:
脂質とは

体内にある水に溶けない物質・・・つまり脂肪です、ダイエット筋肉である赤筋のエネルギー源でもあります


糖質とは

炭水化物のうち代謝されない食物繊維を除いたもので脳のエネルギー源


糖質は脳のエネルギー源として大切な役割を果たしますが、とり過ぎると中性脂肪に変わって体内に蓄積されてしまいます

しかも、糖質は脂質に変化しても脂質は糖質にはもどりません


これが炭水化物は太るって言われる原因かな


糖質オフダイエットのバイブル

満腹ダイエット (プレジデントムック dancyu)/著者不明
¥1,400
Amazon.co.jp
 
たんぱく質とは

糖質、脂質にならぶ3大栄養素の一つで体を構成する重要な成分で、エネルギー不足の時に糖質や脂質に変換されてエネルギー源になります


低炭水化物ダイエットなどでたんぱく質がメインの食事にするのはこういった理由だからですね


では糖質はとらなくてもいいかっていうと、答えはノー


糖質は即効性のあるエネルギー源なので、朝食時に適度にとっておいたほうが脳の働きがよくなります、とりすぎはタブーですが


たんぱく質が糖質に変換されてエネルギーに変わるには時間がかかるので朝一は糖質を適度に補給してくださいね、朝バナナなんかがいい理由はここにもあるわけです


基本的にはバランスよく食べて運動することが一番のダイエットだと思います


運動に時間がとれない時などは食事で調整するって感じですかね


栄養素を理解するのもダイエット成功への一歩です


ではでは素敵なダイエットライフを~


一緒にダイエット・・・してくれる?⇒するするぅ~



最新情報はここから⇒(σ・∀・)σゲッツ!!



読者登録してね



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
脂肪細胞について

私たちの体内にある脂肪細胞は2種類あります

白色脂肪細胞(単胞性脂肪細胞)と褐色脂肪細胞(多胞性脂肪細胞)です

白色脂肪細胞は中性脂肪をエネルギーとして蓄える役目をもち全身にあります

褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼する役目をしますが、首、わきの下、肩甲骨、心臓、腎臓の付近にあるだけで脂肪細胞全体の1%しかありません

脂肪細胞はいったん増えるとほとんど死滅せず、3、4倍に膨張することができます


生命を維持する脂肪の役割

摂取エネルギーが不足した時に燃焼し、エネルギーを補う
体温を平熱に保つための断熱材的役割
クッションの役割をして内臓を保護し、適正な位置に保つ


白色脂肪細胞は一生のうちに何度か増える

①妊娠末期の胎児の時

②生後1年間

③思春期

これ以外でも食べすぎが続くと増えるようです

逆に、褐色脂肪細胞は成長期に入ると少しずつ減って行きます

このため年をとると痩せにくくなってくるんですね


褐色脂肪細胞を活性化させて代謝アップ

冷温水交互浴法
冷水と温水を交互に、首の後ろから肩甲骨にかけて浴びると効果的

温冷湿布法
タオルを2つ用意し、一つは熱めのお湯でぬらした温タオルに、もう一つは氷水など冷たい水でぬらして冷タオルにし、これを首の後ろに交互にあてて寒冷刺激を与える方法

18度以下のプールで泳ぐ
スイミングダイエットを行なうなら温水プールよりも18度以下のプールの方が褐色脂肪細胞が体温維持のために活性化するので効果がかなりアップします

手のひらを冷やす方法
手には冷点という温度センサーが密集していて、脳を刺激し、冷たいプールに入っているのに近い状況をつくることができます


褐色脂肪細胞を刺激するエクササイズ

褐色脂肪細胞のある場所のうち、首、肩甲骨、わきの下は自分で動かすことができます

特に、肩甲骨を動かすことで、首やわきの下も一緒に動かすことになるので肩甲骨エクササイズが褐色脂肪細胞を活性化するのに効果があります

↓↓是非参考にしてみてはsei

ウォーキングでも肩甲骨を意識的に動かすと全身の筋肉をうまく使うことができて効果がありますよ

Wii Fit Plusでなら

三日月のポーズ、やしの木のポーズ、身体水平支持、ローイングスクワットなど肩甲骨効果のあるヨガや筋トレメニューがありますよ


褐色脂肪細胞を刺激して代謝をアップして健康美を手に入れよう


ではでは素敵なダイエットライフを~


一緒にダイエット・・・してくれる?⇒するするぅ~


最新情報はここから⇒(σ・∀・)σゲッツ!!



読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。