低反発クロスダイエット Diet研究&実践ブログ

102kgが半年で脱メタボ!!
低反発クロスダイエットの理論や実践
日々のエクササイズ結果やレコダイ公開
プチ糖質オフ&ダイエットレシピ
《ダイエットの道標》もあります!!


テーマ:
よく寝ることは痩せることにつながる?!
「寝る子はよく育つ」とは言われて育ってきたものの、なかなか睡眠時間を確保できない現代人。夜に仕事を溜..........≪続きを読む≫
黒字:引用 赤字:コメント


■睡眠時間の減少は肥満につながる 
アメリカのコロンビア大の調査によると、平均睡眠時間7時間を基準とした時に、睡眠6時間だと23%肥満になる確率が高くなります。睡眠5時間だと50%、さらには睡眠4時間以下だと73%もその確率が高くなるとわかったのです。また、睡眠時間を長時間とれば良いというわけではありません。睡眠9時間以上も肥満になる確率が高くなったのです。 


これって去年でた論文の内容っぽいですが、睡眠時間は7時間から8時間くらいが良いようです

睡眠のサイクルは90分が1サイクルなのでその5倍にあたる7.5時間が最適と言う説もあります

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考に!

ダイエットと睡眠時間 ダイエットに効果的な睡眠時間とは?




■睡眠で痩せる理由 

なぜ睡眠で痩せることにつながるのでしょうか。それは、睡眠時の身体活動にありました。寝ている時には、断食状態で脳や筋肉の動きが低下する一方で、内臓と呼吸筋は日中とほぼ同様に活動しています。内臓や、就寝時に働く呼吸筋は脂肪を使用し、寝ている時は脂肪使用モードに切り替わるのです。また、寝ている間に、その日の活動で疲労した肉体と脳が修復され、翌日の昼間の活動量が増えて代謝が上がる効果もあります。 

これ以外にも「 レプチン 」、「 グレリン 」という2つのホルモンの働きが関係しています

さきほど紹介した過去記事に解説があるのでよかったら参考にしてみてください


■重要なのは良質な睡眠 

睡眠時間だけに目を向けるのではなく、良質な睡眠時間が確保できるかどうかも関わってきます。

---------- 引用終わり


良質な睡眠を得るコツ5つ(NEWバージョン)

1、規則正しい睡眠習慣
2、午後2時以降はカフェインを控える
3、寝る3時間前はお酒を飲まない
4、激しい運動は寝る4時間前まで
5、毎日15分は朝日を浴びる

よかったらお試しあれ


面白いものを発見したのでまたの機会に詳しく解説したいと思います



ランキング応援
お願いします

※PC、スマホからはリンクバナーを2つ、携帯の方は「にほんブログ村」と
「人気ブログランキング」の2つの文字リンクを1日1回ポチっとお願いします




AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
睡眠時間が少ないと太る!?
寝る時間を惜しんで、夜遅くまで活動していれば、やせるような気がしますが、本当のところはどうなのでしょ..........≪続きを読む≫以前『 寝る子は痩せる 』についていくつか記事を書いていますのであわせて参考にしてもらえたらうれしいです^^

ダイエットと睡眠時間 ダイエットに効果的な睡眠時間とは?

痩せたいなら寝るべし!?


今回の記事では

1.コルチゾール
2.グレリンとレプチン
3.成長ホルモン

以上の3点について大まかにまとまっています

コルチゾールはストレスホルモンで脂肪蓄積に関係があり
グレリンとレプチンは食欲増減に関係しています
成長ホルモンは脂肪の分解に関係があります


最近コンビニなどでも見かける本のなかに

『 睡眠ダイエット 』

興味がある方はコンビニ(ファミマ、サークルK)などで探してみてください

↓↓著者のブログ

「睡眠ダイエット」発売! 青木晃のアンチエイジング日記


ではでは~


ランキングも応援してくださいね
1日1回愛のワンクリックを(〃▽〃)ポッちっとスイッチ


ではでは素敵なダイエットライフを~


一緒にダイエットしたい人はグルっぽ参加⇒いいとも~     
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寝る子は痩せる!!

なんて夢みたいな話ですが・・・

睡眠時間と肥満には密接な関係があります

以前みたTV番組で、『 睡眠ダイエット 』を取り上げていました

睡眠中に脂肪燃焼に関係のあるホルモン『 コルチゾール 』深夜3時から明け方にかけて多く分泌される、睡眠時間が6時間以下の人は太りやすい傾向にあると、スリープクリニック調布院長の遠藤拓郎先生が言っていました

「 コルチゾール 」はデブレスパイラルでは悪役で紹介しましたが、睡眠時に分泌される場合には脂肪燃焼の働きがあるのです


また、アメリカの専門誌『 スリープ 3月号』に掲載された論文によると

18~81歳のアフリカ系アメリカ人とヒスパニックの男女計1107人に睡眠時間を尋ね、脂肪の蓄積をCT(コンピューター断層撮影)で調べた。その結果、夜の睡眠時間が5時間より短い人は、肥満がちで内臓脂肪の蓄積も明らかに多かった。8時間以上の人も、程度は低いものの同様の傾向があった。これらは40歳未満の人に見られた特徴だった。

 同大のクリスティン・ヘアストン助教は「寝不足だと食欲を高めつつ代謝を減らすホルモンが増え、寝過ぎると体を動かす時間が少なくなっている可能性がある。一般的には毎晩6~8時間の睡眠を取るべきだ」と言っている。(「スリープ」 3月号)


また、5時間睡眠の人は肥満率が50%アップし、4時間以下の睡眠ではなんと73%も上昇してしまうというデータもあります

8時間以上の睡眠でも同じような傾向があるとのこと


7時間~8時間の睡眠の場合が最も肥満度が低いみたいです


ではなぜこのような傾向になるのでしょうか?


理由は、「 レプチン 」「 グレリン 」という2つのホルモンの働きが関係しています

レプチンは脂肪組織から分泌され、食欲を抑制するホルモンで、ギリシャ語の痩せる(leptos)から命名されました

グレリンは胃から生産されるホルモンで成長ホルモンの分泌を促し、食欲増進させる働きをします

睡眠時間が短いと、満腹ホルモンのレプチンが減って、空腹ホルモンのグレリンが増えます

睡眠時間が5時間の人は8時間の人に比べて、満腹ホルモンのレプチンが16%少なく、空腹ホルモンのグレリンが15%も増えているというデータもあります

つまり、睡眠時間が短い人は、食欲が増して太りやすくなってしまっていることになります


また、グレリンの方が多いと高脂肪、高カロリー食を好むようになります


睡眠不足の時にケーキやこってりラーメンが欲しくなるのはこのグレリンのせいです


睡眠不足だと高カロリー食や食事の機会が増えて太りやすくなってしまうようです


それでは快眠ダイエットのための5つのポイントをご紹介します


睡眠の3時間前からは食事をとらない

胃が活発に活動しているうちを避けて眠ることでグッドスリープが得られます


時間が無い時は2度食を

帰宅から睡眠までの時間があまり取れない場合は、夕食を2回に分けて、夕方に軽くおにぎり1個とかを食べて、帰宅後に軽めの食事を取ることで胃の負担を軽減できます

この場合2回で1食計算なので食べすぎにはご注意を


小腹が空いたらナッツやプルーンなど

睡眠までの3時間で小腹が空いたらまずは、本当に食べたいか、食べていいか少し考えましょう、それでも食べたい時はナッツ類やプルーンなどを少量、お茶か白湯を飲むなどでカバーしましょう

読書やテレビ、ストレッチやヨガなど何か集中できることをして時間をつぶしましょう


朝食を抜かない

朝食は体内時計をリセットします、時間がなくても、豆乳、乳製品やバナナ、ナッツなどを少しでも摂取しましょう

豆乳、乳製品やバナナ、ナッツには必須アミノ酸であるトリプトファンが含まれ、目を覚ましてくれるセロトニンの原料になってくれます、さらに、セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促進しますので夜にはグッドスリープへといざなってくれます

また、セロトニンは不足するとイライラして暴力的になったりうつになったりするので健康的に痩せるためにも朝食は大切ですね


太陽の光を浴びる

睡眠ホルモンであるメラトニンは太陽の光を浴びて14時間から15時間後に分泌が開始され、暗くなってくると分泌が促進されるので、夜には眠くなるんです

朝目覚めたらカーテンを開けて太陽の光を浴びるのがグッドスリープへの第一歩です


みなさんも快眠ダイエットで健康的に痩せましょう

それでは素敵なダイエットライフを~



一緒にダイエット・・・する?⇒するするぅ~



最新情報はここから⇒(σ・∀・)σゲッツ!!



読者登録してね


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。