黄昏時・夕日を使ったワーク | 天寿のハッピーパーソナリティ~吐き出しの法則で人生を明るく楽しく暮らしちゃおう~

天寿のハッピーパーソナリティ~吐き出しの法則で人生を明るく楽しく暮らしちゃおう~

あなたの現実はあなたの思考で出来ています。どんな事も「ハッピーな考え方」が出来れば「ハッピーな現実」を創り続ける事が出来るのです。ということで・・・どんな事もハッピーに考えられる「ハッピーな性格」になって、夢見た以上の幸せな人生にしちゃいましょう☆

 

 

 

 

夕方、黄昏時に

 

なんだか無性に寂しくなる。

 

赤ちゃんが泣く(黄昏泣き)。

 

だから

 

「夕日が嫌い、夕日は怖い」

 

と思う人は多いかもしれません。

 

では

 

なぜ夕方、黄昏時は

 

なんだか無性に寂しくなるのか?

 

と言うと。

 

「なにか嫌な予感がするから」

 

「幸せな時間が

 

終わってしまうような気がするから」

 

ではありません。

 

では

 

一体なんなのか?と言うと・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「帰りたくなるから」

 

です。

 

故郷が懐かしくなって

 

帰りたくなる。

 

つまり

 

「ホームシック」

 

です。

 

夕日の暖かさや優しさ

 

黄昏時のバイブレーションは

 

天国・死後の世界・高次元

 

”私達が本来あるところ”

 

のバイブレーションとよく似ています。

 

だから

 

夕日を眺めたり

 

夕日を浴びたり

 

黄昏時を感じると

 

あの優しくて幸せな世界の感覚を思い出し

 

人にとっては幸福感を

 

人によっては懐かしさを

 

人によっては寂しさを

 

人によっては絶望を

 

感じる。

 

私も夕日を浴びたりすると

 

幸せを感じ

 

自分の居場所を思い出し

 

*「私は今

 本当はここ(天国)なのだ」

 という感覚。

 

「早く目覚めたい」

 

というような気分になる時がある。

 ※そして

 「どうぞ(目覚めてください)」

 「眠ったフリ(をやめよう)」

 という突っ込みが入る。


これは

 

長い留学期間の途中

 

長い旅行の途中などに

 

「あ~、お家に帰りたいな~」

 

と思うのと同じ感覚です。

 

「寂しい」ではなくて

 

「完全にホッとしたい」

 

という感覚なのですが・・・・

 

そんな感覚になる時があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人が

 

「どこかに帰りたい」

 

という気分になった事があるようですが

 

その「どこか」とは

 

「私達の本来の状態」です。

 

*私達の本来の状態とは

 「天国・高次元そのもの」である

 

「天国に行く」

 

という表現がありますが

 

天国には「行く」のではありません。

 

天国は「場所」ではない。

 

人間は、一種の「存在」です。

 

天国も、一種の「存在」です。

 

人間は

 

「エネルギーの状態」です。

 

天国も

 

「エネルギーの状態」です。

 

人間とは

 

「天国が形を変えたモノ」です。

 

天国とは

 

「人間が形を変えたモノ」です。

 

地球もお金も出来事も全部

 

天国が形を変えたモノ。

 

人間が形を変えたモノ。

 

全ては

 

「エネルギーが形を変えたモノ」

 

なんです。

 

だから

 

人は、死んだら

 

天国に「行く」のではなく

 

天国(の状態に)「なる」

 

これが

 

私が天国を体験して分かった事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての次元、全ての世界

 

全てのパラレルリアリティは

 

「エネルギーが形を変えたモノ」

 

「天国が形を変えたモノ」

 

です。

 

そして

 

天国は一つです。

 

エネルギーに区切りはありません。

 

だから

 

全ては今ここにある。

 

「天国」と「今ここ」の違いは

 

振動数(状態)の違いです。

 

だから

 

今この瞬間

 

あなたが「天国」の周波数になれば

 

あなたは生きながら「天国」を

 

体感することが出来る。

 

パッと天国を体感し

 

パッとこちらに戻って来る。

(意識が)

 

私達は今も、いつも

 

天国と、ここと、未来と過去と

 

ifの世界(パラレルリアリティ)

 

全ての次元、全ての世界にいて

 

全ての次元、世界を体験している。

 

(全ての世界そのものである)

 

ただ

 

「今ここの私」は

 

「地球の今ここの私を体験している私」

 

「地球の今ここの私に接続している意識」

 

なので

 

「今ここの私の世界だけ」

 

を知覚している。

 

「今ここの私の世界しか」

 

知覚することができない。

 

でも

 

他の次元、他の世界に

 

パッと接続を切り替えれば

 

あなたは全ての世界を

 

パッと一瞬で見る事が出来る。

 

(そのうちの一つが妄想)

 

(そのうちの一つが夢) 

 

「今ここ」は

 

「2019年の地球のどこか」であり

 

「天国・死後の世界」であり

 

「2050年の地球のどこか」であり

 

「1111年の地球のどこか」でもある。

 

全ては「今ここ」にある。

(今ここで全ては起き続けている)

 

全ては

 

「エネルギーが形を変えたモノ」

 

「天国が形を変えたモノ」です。

 

天国の振動数、周波数は

 

「幸福そのもの」です。

 

その振動数をぐーんと下げると

 

「地球」や「人間」や「様々な出来事」

 

になります。

 

振動数が低く成ればなるほど

 

「不快な何か」になります。

 

そして

 

その振動数を下げる事が出来るのは

 

「自分だけ」です。

 

だから

 

ひとたび自分が振動数を上げると

 

世界はパッと天国に近づく。

 

世界はパッと幸せな方へ変わる。

 

そして最期は

 

振動数を最高潮まで上げて・・・

 

パッっと

 

全てを天国の状態にもどす。

 

これが「死」です。

 

*接続先を天国メインに切り替える

 

*人間の状態から天国の状態に

 自分をパッと切り替える。変身する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天国の状態は

 

完全な高波動です。

 

完全なポジティブ。

 

なので

 

完全に幸せで安心で平和で

 

穏やかで気持ちよくて、最高です。

 

「幸せになる」

 

という言葉がありますが

 

まさに言葉のとおり

 

私達は天国になると(死ぬと)

 

「”幸せ”というもの」になる。

 

天国にはお花畑があって

 

やさしい天使とかだけがいて・・・

 

ではない。

 

天国に「そういう存在」は無い。

 

天国は「エネルギーそのもの」で

 

分離が無い。「他」が無い。

 

「自分」と「自分以外のの存在」

 

というものが無い。

 

全部自分で、神で、何かで、みんな。

 

「他」を体験できるのはここだけ。

 

「個人」を体験できるのはここだけ。

 

「幸せ以外の感覚」を

 

体験できるのはここだけであり

 

「これが幸せか!!」と

 

幸せを「分離」から体験できるのは

 

ここだけです。

 

ただし

 

「天国になったら

 

もう幸せは感じる事が出来ない」

 

という意味ではありません。

 

水の中では水滴を

 

「水滴」と感じる事は出来ない。

 (全てが水に浸かっているから)

 

同じように

 

幸せの中では幸せを

 

「幸せ」と感じる事は出来ない。

(全てが幸せに浸かっているから)

*自分が

「幸せというエネルギーそのもの」だから

 

という事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達の本来(通常)の状態は

 

「天国(最高の幸せ)」です。

 

言い方を変えると

 

私達の故郷は「天国」である。

 

という事です。

 

やさしくて愛しい家族

 

みんなが想い合って平和で暖かい

 

あなたがイメージ出来る最高の故郷

 

・・・・・・・・・

 

それ以上の次元が「天国」です。

 

完全に安心して

 

自分をオープンに出来る

 

完璧に自分を優しく温かく

 

包み込んでくれる。

 

それが

 

私達の故郷で

 

私達は、今も本当はそこにいます。

 

そこにいながら

(そこでありながら)

 

ここの体に意識をつなげて

 

「ここ」を体験し

 

「この話」を読んでいます。

 

そして私は今。

 

いつ黄昏時の話にもどせるんだろう・・・

 

と内心思っています

 

今、もどしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで

 

私達の本来の状態は

 

「天国」です。

 

これを

 

今ここの私達の感覚に置き換えると

 

「私達の故郷は天国です」

 

という言い方になります。

 

でも実際は

 

天国は場所ではありません。

 

天国に「行く」のではありません。

 

天国に「なる」です。

 

そして

 

「天国」の状態は

 

最高の安心、最高の幸せです。

 

だから

 

私達は”魂的に”

(本能的に、のニュアンスで)

 

天国に似た周波数を感じると

 

幸せになったり感動したり

 

懐かしくて寂しくなったりする。

 

そのうちの一つが

 

夕焼け、黄昏時の雰囲気です。

 

「何か嫌な事が起きる気がしている」

 

のではありません。

 

「幸せが終わってしまう気がしている」

 

のではありません。

 

故郷のバイブレーションを感じて

 

幸せになったり

 

その幸せと今ここを比べて

 

ズーンと落ち込んでしまったり

 

ホームシックになったりしているだけ

 

です。

 

だから

 

黄昏時、夕日を浴びている時に

 

幸せを感じたり

 

寂しさを感じたり

 

絶望や恐れを感じたり

 

憂鬱を感じたりしている時は

 

「自分は今、天国を感じているんだ」

 

と思って下さい。

 

「天国のバイブレーションを感じて

 

今、自分はこういう気分になっている」

 

と思って下さい。

 

そうすると

 

「その気持ちが何なのか?」という事が

 

今までよりもハッキリしてくる

 

と思います。

 

ハッキリしたところで何なのか?

 

と言うと・・・・・

 

「自分の事が分かる」

 

です。

 

自分の何が分かるのか?は

 

千差万別、人それぞれなので

 

なんとも言いようがありませんが

 

霧が晴れるような体験をする人が

 

多いと思います。

 

「あぁ、そっか!!」

 

という、何らかの脱皮が起きる。

 

既に経験した事がある人も

 

いると思います。

 

黄昏時、夕日を浴びながら

 

なんかかんかしていた時に

 

・何かが吹っ切れた

 

・何かが分かった

 

・何かが大きく変わった

 

という経験をした人は

 

きっとたくさんいると思います。

 

という事で・・・・

 

明日の夕日、黄昏時

 

どうぞお楽しみに!!!

 

・自分が何を感じるのか?

 

・どんな気分になるのか?

 

夕日と共に感じて下さい。

 

夕日は浴びなくてもOKです。

 

黄昏時を感じてみましょう。

 

「夕日、黄昏時」を使って

 

「天国」を感じてみましょう。

 

天国の誰かとコンタクトを取りたい人は

 

心の中で語りかけてみて下さい。

(声に出してももちろんOK)

 

何か、暖かいエネルギーを

 

感じる事が出来るかもしれません。

 

(*´ω`*)

 

 

*ちなみに・・・・

 

明日は牡牛座新月もあるので

 

心の奥深くにある何かを見つける

 

絶好のチャンス☆

 

でもあると思っております。

 

(*´ω`*)

 

 

 

 

 

どんな内容であれ

質問をしたくなったあなたへ

まじかるクラウン全てのご質問への答え☆

右矢印遠回りになる「ある行動」

右矢印答えを引き寄せる・試験の時も使えるよ

右矢印全てはシンクロ・質問せずとも答えは勝手にやってくる

 

・一番大事な記事

まじかるクラウン引き寄せの下準備「吐き出しの法則」

右矢印予言は「当て馬」

右矢印決めるのは自分!支配・洗脳されない☆

右矢印考えてる事より感じてる事・観念と感情はセット

 

その他のおススメ記事

矢印波動ってなぁに?

右矢印他人は自分を映す鏡…ではない!

右矢印続・他人は自分の鏡…ではない!

右矢印本物の「いい気分」とは

右矢印あなた専用のお金もち思考

右矢印内側が外側・境界線を無くす時が来た

右矢印引き寄せの循環システム

右矢印心と現実=茶葉とお湯