プロのレクティフィケーション | WHITE GLOVES

WHITE GLOVES

チャネリングでミラクル☆ワンダホー・ライフ

ネット独学、自力レクティファイでは限界を感じたので…、思い切って

 

占星術のプロにレクティフィケーションをお願いしてみることにした。

 

レクティフィケーションの相場は全く出生時間が分からない場合、5~10万円ぐらいする。

 

しかし、3万円でサービス提供してくれている人を見つけた(remainりょうさん/ココナラ)。

 

3万円でも、高い。(^^;)なので、相当悩んだ。

 

しかし、詳細な日記や家計簿が残っていた私は、個人年表をまとめるだけでも

 

ワード文書7枚分という膨大な量になり、自分でも照合作業(半年)にうんざりしていたので、

 

この作業に3万円は安すぎるぐらいかもしれない…と踏み切った。

 

 

でも、プロってどうやって時間割り出してるか、わかんないじゃん?

 

自力レクティファイよりいい加減で、タロットでテキトーに決めてるかもしれないよ?

 

という不安もあった。ブログも目を通した。何かとってもいい人そう☆

 

 

そして、結果はこれ!!16時59分!!(5時じゃアカンのかな?)

 

 

自力レクティファイ、かすりもしなかったよね。

 

18時43分ハウス一個ズレで惜しかった…?(^^;)

 

自分の事を客観視できてなかった…。

 

アセンダント天秤座か双子だと思ってたのに、言われてみればのアセンダント乙女座。

 

(超細かく、超整理魔、超完璧主義の超の部分は冥王星、みたいなね。)(笑)

 

そして自分の姿を鏡で見て、いつも

 

『ガイドのアルとメタトロンのオリジナルイラストを足して二で割って女にしたような顔だな。』

 

と思っていたように、アセンダントに冥王星と天王星が入っていた…。な~る…。

 

 

いやしかし、どのように割り出ししたのか、説明してもらわないことには信用ならない。

 

すると、最終報告を受けた後、『良かったら解説しますよ♪』と言ってくれた。

 

そうして今日、奇跡的に大阪で対面で解説してもらえることになったのだった。

 

(どちらも用があり、1時間ほど。)

 

 

アストロディーンストだけでは、土台無理な話だった。(星の『動き』が分からんからね。)

 

ルーラー(支配星)で見る方法も知らんかったし。

 

私のアセンダントは乙女座だから、ルーラー水星が私でもあるのだと。

 

(たしかにセーラー・マーキュリーが一番自分にしっくりくると思ってた!それか天王ハルカ!)

 

その水星がトランジットで影響受けると、顕著にイベントが起るのだ。

 

ソーラーファイヤーという占星術ソフトの三重円(トランジット、進行、ネイタル)で

 

色んなハウスを飛び回って、星の影響を説明してくれて、いちいちそれが、

 

イベント時にピッタリ・フィット。面白すぎた。

 

 

…私はこの日のために、日記をつけ続けていたのだ…!!

(感動した!!)

 

旦那と結婚したとき、プログレスの月が蟹座アットホームの域に入り、

 

子供が生まれて月は獅子座域に移動。獅子奮迅の母に変わったのだ!

 

あーわかる!!

 

もう、タイムスリップして、出生時間その時間じゃなくても、こっちで良し!!

 

ってぐらい納得できた。

 

私は時々、育児の睡眠不足でノイローゼになったり、アレルギーで肺気腫になったり、

 

一過性のアトピーになったりしているのだが、いつも水星に海王星がスクエアなんだそうだ。

 

まず、自分がアセンダントのルーラーで水星ってことすら、知らなかったよね。

 

そんなんで………照合できるわけがなかった!!

 

 

面白いなと思ったのは、第8室が私からみた旦那(パートナー)の第2室って話。

 

家に臨時収入があった時は、私の第2室に木星、第8室に太陽・天王星水星の合が入ってた。

 

第8室、株も意味するそうだし。合併による株清算だし。

 

持ち家と墓がいっぺんに揃った時期があって、第4室入り口に冥王星が絡んでた。

 

 

個人的に深く印象に残っている時期よりも、

 

占星術師が知りたいのは、社会的なイベントの正確な時期の方だったりする。

 

結婚式の日より、入籍日の方が大事みたいな。

 

もちろんどっちも隅々まで照合してくれて、凄かった。

 

 

決め手になったのは、母が亡くなった日のホロスコープだったそうだ。

 

水星と一心同体の月(私と母)、射手座木星・海王星が父も妹(第3室・姉妹)をも表していた。

 

そりゃ夢見すぎで腹立つわな(父と妹)って、共感してくれたのが嬉しかった。

 

母の死は進行の月が第12室に入った所で、トランジット天王星にオポジションだった。

 

 

冥王星や天王星が、月や本人を示す星とアスペクトを組んだ時に、

 

一生にかかわるような、生まれ変わるようなことがあるそうで、

 

旦那が昔、バイクの酔っ払い事故で、四日間脳が腫れて記憶がない話もしてみた。

 

(旦那のホロスコープも持参していたので、ちらっと見てもらった。)

 

ネイタル月、木星の合に、トランジット酒と拡張の海王星と変化の天王星の合と火星オポジション。

 

月は脳も意味するそうで、そのまんま!だった。

 

 

9室土星は、大学で日本画模写(古典)を勉強してたこと。父の仕事も日本民謡(古典)。

 

好きな宗教(?)は神道。そういうことを表していた。

 

 

実は高くて、迷ったんですよ~!でも相場はもっと高いですよね!10万とか!

 

というと、

 

『みんなが占星術に触れられるようになるのに、10万円だとハードル高すぎるでしょう?

 

3万円でも高いけど。本気なら出せる額ギリギリかなと。』とのこと。(神!!)

 

そして、

 

ブログや評価に書くと、依頼殺到して大変なことになるんじゃないですか?

 

というと、

 

『5人に4人はお断りすることになります。』と言う。

 

個人年表を作る気力がなかったり、記録や記憶がなさ過ぎたりすると照合できないのだそう。

 

アルバムなんかに日付が入ってたら、イベント日は思い出しやすいかもしれない。

 

レクティフィケーション(時間割り出し)に興味のある人には、オススメ。

 

 

 

今まで、出生時間分からんかったから、ホロスコープをプロに鑑定してもらうのは初めてだったけど…

今度、娘と星占いしてもらいに行くときはこの人にしようと思った。美人で、丁寧で優しかった。