こんばんは。→おはようございます。

(この始まりの時は例によって寝落ちです)

 

原田たけひろです。

 

 

今日は

 

「穏やかに・・・」ブログを書きます

 

過激なことは書きません!

 

ということではなく(当たり前)・・・。

 

 


穏やかって聞くと、

 

どんなイメージが出てきますか?

 

 

 

どんな景色ですか?

 

 自然豊かな景色?

 静かな海?

 朝の光が差し込むリビング? 

 

 

どんな場面ですか?

 

 子どもたちの明るい笑い声が聞こえる?

 何かを語っている?

 微笑んでいる?

 

 

 

あるいは、

 

どんな心の状態ですか?

 

 

穏やかな人ってどんな人?

 

 

 

今日はこの「穏やか」について。

 

 

 

穏やか とは、

 

 

静かで

 

安らかで

 

極端ではなく

 

落ち着いている

 

人に受け入れられやすい

 

などの意味合いがあるんだって。

 

 

そして、「穏」という漢字には

 

中におさめて外に表さないという意味も。

 

 

このことが元で

 

強い思いがあったとしても取り乱すことなく、

静かに自分の心のうちで対処する

 

というところから「穏やか」という言葉が生まれたという説もあるらしい。

説だからね、諸説ありだよ。

 

 

 

なぜ、今日

 

この「穏やかに・・・」をテーマにしたのかというと、

 

 

これが僕の

 

目指すところ

 

意識しているところ

 

大事にしている、

 

そして、大事にしていくところだから。

 

 

 

 

春の日の午後に

 

縁側でお茶でもすすりながら、

 

「あー今日も穏やかな日だ」というのもあるけど・・・

 

それはまだ先の話で。

 

そうじゃなくて・・・😆

 

 

 

 

 

穏やかに熱い

 

内なる闘志とでも言えるのかな。

 

 

 

 

激しさはないけど確かにそこにある

 

 

目立ちはしないけど確かにそこにある

 

 

内側にある確固たる想い

 

 

 

その熱い想いを

 

伝える時には温かさに変える

 

 (正確には無意識に変えているんだけど)

 


その温かさは

 

ゆっくりと伝わる

 

じんわりと伝わる

 

 

それは受け取る人が感じてわかること

 

 

そして、

 

その温かさはゆっくりと広がっていく

 

心地よいと言ってもいい

 

 あーわかるーという感覚

 





 

持っている熱を

 

そのまま伝えると、瞬間的に熱くなる

 

100あるエネルギーを一瞬で100使う感じだ

 

もちろん

 

そういう場面も必要だし、そういうタイミングもある

 

 

 

 


「穏やかに熱い」は、

 

100あるエネルギーを1ずつ使っていく感じ

 

 

一定の

 

安定した熱を伝える

 

消えることなく、ずっと伝える

 

 


熱の振れ幅は小さく(温度差が小さい)

 

よりフラットに

 

より中心(自分の真ん中の想い)に近い

 


 

安定した温かさ

 

そこには同時に強さも存在する

 

穏やかだけど、決して消えない強さ

 



勢いよく「よしっ、やろうっ!」というより



「よし やろう」と静かに決意する



静寂の中でスッと胸に沁みいる決意  


これだ、と胸に響く静かな決意

 


その想いをもとに

 

穏やかに始めることにしよう




あなたにも


静かな決意はありますか?


 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。