こんばんは。

原田たけひろです。

 

 

「本当に」自分の考えはあるのか?というタイトルで

 

本当は自分の考えがなかったりして、、、という話。

 

 

洗脳感化について

 

洗脳・・・強制力を用いて、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせること。

 

感化・・・考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。

 

 

 

強制的なのか、自然なのか。

 

 

言い換えると、

 

強制的に、は自分の考えは入らない(鵜呑みにしちゃうヤツね)

 

自然に、は自分の考えが入る(影響を与えるだけだからね)

 

いう感じかな。

 

 

 

この点、実は、

 

僕が子どもにも大人の方にも話すときに、

 

1番気をつけているところ。

 

今日、気づいた。遅いよね、笑。

 

 

つまり、

 

僕の言っていることを

 

そのまま正しいと思わないようにってこと。

 

 

 

国語塾でも基本、

 

僕の言っていることは正しいかわからないよ

 

って言っていますw

 

いいのかな?

 

子どもは不安だよね😆

 

 

 

でも、子どもは(特に)、

 

「先生」が言っていること=正しい、

 

と思っちゃう素直なところがあるからね。

 

 

だからこそ、子どもに語るときは気をつけなきゃなーって思う。

 

影響力大きいからね。

 

 

だから、昨日の国語塾の授業でも

 

正解のないことを聞くわけです。

 

 

子どもたちはモヤモヤするかもしれないけど。

 

でも、そのモヤモヤを解消するのって

 

結局自分でしょ。

 

自分でこれでいい!と思えるかどうか。

 

ま、どっちもあるよなーって決めないことを決めてもいいんだけどね。

 

 

 

だいたい、テストのマル、バツ以外、

 

何が正しいかなんてわからなくない?😆

 

 

今日のあなたの言動はマルですか?ダメですか?

 

わかんないよね?

 

あ、今日カレーにしちゃったけど、ダメでした。。。

 

そんなことないでしょ😆

 

だいたいカレーがダメって何??って話。

 

 

こんなのあるんだね。ウケる。

 

 

 

だから、マルバツじゃなくて、

 

自分で考えて決めて「よし」って思えるかどうか。

 

 

 

 

話を戻して、、、

 

 

洗脳は、鵜呑みにして、それが正しいと思い込む。

イラストやばすぎる😆

 

 

・本に書いてあるから

 

・この人が言っているから

 

・こういうもんだから

 

 

 

この本に書いてある(書いた人)ことは正しい

 

だから、やろう!っていうのはあるよね。

 

 

でも、根拠が「他のもの」

 

だから、うまくいかなかった時に

 

人のせいにしがち。

 

 

「信じると自分が決めた」という段階が抜けている。

 

 

でも、そもそも

 

信頼して大丈夫?

 

何をもって信頼しているの?

 

根拠はある?

 

 

その本に載っている科学的根拠?

 

その人の経験?実績?

 

 

ちょっと考えてみてもいいかもね。

 

 

 

 

そして、

 

感化は、自分でこうしてみようと決意する。

 

 

※画像の差がひどい😆

 

 

本に書いてあるけど

 

この人が言っているけど

 

こういうもんだけど

 

 

自分に合っているだろうか?

 

そして自分で考えて、自分で決めて納得しているかどうか?

 

 

これは、僕の経験上

 

合っている感覚って

 

ピンと来るというものなので説明できない😆

 

「考えないでわかる」ってことね。これもわかんないよね。

 

 

 

万人に合う方法なんてないでしょ?

 

たとえば、成功法則とか。

 

万人に当てはまったら、みんな成功するでしょ。

 

確かに、本質は同じかもしれないけど、

 

やり方は人それぞれだよね。

 

 

だから、自分に合っているかどうかを大事に。

 

 

今の自分に合っている本

 

今の自分に合っている人

 

そしてそれを本当に納得している?

 

 

となると、

 

自分のことを知らなくちゃどうにもならないんだけど、

 

自分のことが一番わからないかもしれないという現実もある。

 

もうどうしていいかわかんないね、笑。

 

 

そんな時は、これだね。

 

聴いていますか? 自分の声。

 

本当は?って聴いてみてもいいかもね。

 

 

 

さて、自分の声を聴いたら、

 

 

自分にしか出せない色は何色か考えてみましょー。

 

 

「群青」でも聴いて。

 

 

 

ちなみに僕は虹色です。

 

 

 

 

えー1色じゃないのって?

 

誰が1色って決めました??

 

お・も・い・こ・み

 

ありでしょ、こういうのも^^

 

 

では、どうぞ。

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。