こんばんは。

  ↓

おはようございます。

原田たけひろです。

 

昨日途中まで書いていたんだけど、

寝ちゃってて(笑)

 

続きを朝書いていますw

 

 

 

突然ですが、

 

昔好きだった本は何ですか?

 

昔好きだった映画は何ですか?

 

昔好きだったドラマは何ですか?

 

 

今見たら、どんなことを感じると思いますか?

 

 

僕は、昔、いわゆる

宇宙にいく何かのプロジェクトで

安定のトラブルが発生し、

ギリギリのところでなんとかしちゃう系をよく観たね😆

 

 


 

ハラハラドキドキ

 

医療ドラマとか刑事ものも観たなー。

 

今は、宇宙系は観ないね。

医療系も観ないな。

というか、テレビのリモコンを視界に入らないところに置くようにしたら

テレビをつけないことが判明。

 

ほぼ見ていないな。

 

 

そうなると何をするって音楽を聴くね。

 

三浦大知はめちゃ聴いている。

 

そして、

 

そのうちMVが観たくなって

 

YouTubeの旅に出て(笑)

 

関連する、今まで聴いたことないな、ってものが気になって

 

それを観て新たな曲を発見!

 

みたいなことをやっているところ。

 

最近出会った曲は、もう、いいね。

 

いい。どれもいい^^

 

歌も同じことが言えるかもね。

 

〜安定の脱線〜

 

 

さて、話を戻して、、、

 

同じものを読んだり、

 

同じものを観たり、

 

同じものを聴いたりした時、

 

どうなるか?

 

 

 

 

 

◆同じ感想を持つ。

 

→強く惹かれる何かがあるんだろうね。

 

 

◆違った感想を持つ。

 

→視野が広がったのかもね。

 

 

◆同じところが気になる。

 

→何かのサインかもね。

 

 

◆違うところが気になる。

 

→今の自分に必要なことかもね。

 

 

 

 

なんか

 

「あー」って響く瞬間があるよね。

 

そこだよね。反応しているところ。

 

そこが気づきになるってことだね。

 

 

今回は違った感想、違うところが気になった場合について

(今回はって次回はないと思うけど)

 

 

同じものを読んでいるはずなのに

同じものを観ているはずなのに

同じ曲を聴いているはずなのに

今までと違う感想を持った。

 

 

どうしてこんなことが起こるのか?

 

 

これって、結構あるんじゃない?

 

 

たとえば、

踊る大捜査線で

織田裕二演じる青島刑事が

 

「事件は会議室で起きているんじゃない!

現場で起きてるんだ!!!」

 

 

という定番のシーンが好きだったはずなのに、、、

 

 

長さんが演じていた

和久さんの言葉に惹かれるかも。

 

「死ぬ気になれ。

死ぬ気になったときだけ生きられる。」

 

 

 

これ、今ヒットするね。

 

だって、今を大事にってことでしょ。

 

ちょうどマヤ暦的にも赤い地球の期間だしね。

 

 

 

気になる部分が変わる、

 

感想が変わるのは

 

間違いなく

 

今の自分が変わってきているから。

 

 

内側だね。

 

つまり、こういうところでも、

 

自分の変化、成長を実感できるってこと。

 

 

 

 

 

 

 

違う感じ方をするのは、

 

今までの数々の経験から、何かを学んできたから。

 

その時に大切なのは

 

そのことに「気づく」こと。

 

 

 

「あ、今までと違うなー。」

 

まずはこれだけ。

 

なんかよくわかんなくても大丈夫。

 

 

気づくことさえしていれば。

 

そのあとは、流れに任せる。

 

 

 

流れに任せるっていうのは、

 

それを後押しするような出来事があるとか

 

誰かが後押ししてくれることを言っているとか

 

そういうこと。

 

 

 

気づいた時点で

 

明らかに何かが変わり始めているから大丈夫。

 

 

 

そして

 

その変化は、

 

今のあなたに必要なこと。

 

未来のあなたに必要なこと。

 

だから大事にしたいね。

 

 

 

たまには

 

昔のものに触れてみて

 

自分の成長具合をチェックするのもいいかもね。

 

とまぁ、最近のことを俯瞰して

 

珍しく、こんなことを書いてみた。

 

 

昔のものを・・・

と言いながら、僕は、

 

「今」ヒットする曲を聴くという選択をします😆

 

しかも今の流行りに乗って(笑)

 

あ、何の曲かって?

 

じゃ、1曲だけ紹介しようかな。

 

 

 

 

 

2曲じゃんw

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。