おはようございます。

勇気づけ国語塾の原田たけひろです。

 

ズレていますね。。。

 

直さないとね。

最後に直しましょう!

 

 

さて、

マヤ暦的にトキメキの期間を過ごしているのですが、

まートキメキますわ。

えーマジ???やったー的な。

 

そして、先日

教員0年目サークルで、

アドラー心理学の学級経営について

お話しさせていただきました。と言っても

理論というより実践例

 

先生になる前に伝えたいこと 〜経験が語る〜

 

そして、再び話す機会をいただきました〜。

篠田さん、ありがとうございます!

 

3月2日(火)に大質問会。

 

先生になる前に

不安に思うこと

心配なこと

聞きたいこと

もう、何でも聞いてください。

目に見えない空気感、雰囲気が伝わるように

お伝えします!

 

チャットに出た質問に答えていくという形です。

 

もちろん僕からも1つ短い話を用意しています。

もちろん、実践例付き。

テーマは言葉

先生のその言葉、実はこういうことが伝わってしまいますよって話。

 

これを知らないと、

 

悪気はなくても、

いや、むしろ「いいと思って」使っている言葉でも

子どもたちにとっては、逆効果、悪影響という言葉もありますから。

そのあたりをお伝えしたいと思います。

 

大丈夫。知っているだけで意識が変わるので。

0年目の先生、安心してね。

 

 

もう少し書くか。

 

 

頑張らなくていいよ。とか

 

頑張ろう。とか

 

頑張っているね。とか

 

子どものためを思って言うことがありますよね。

 

でも、

 

万人に共通するか?

 

というとそういうことではありません。

当たり前だけど。

 

 

「そんなに頑張らなくてもいいよ」って

 

めっちゃ頑張っている人には、

ほっとする言葉かも知れない。

 

でも、頑張りたい人にとっては

「は?何言ってんの??もっとやるんだけど」

って思うかも知れない。

 

 

このズレをどうするか?

 

 

相手に聞いて、直せばいいよね。

それだけです。

わからなかったら相手に聞いちゃう。

想像も大事だけど、聞いた方が早いし確実でしょ??

 

 

メガネずれていますけど、

何かできることはありますか?(こんな風には聞かないかw)

 

 

ま、教えてあげた時点で直しそうだけどねw

でも、もしかしたら、鏡持ってきてって言うかも知れないね。

 

 

画像でズレは直りませんでしたw

 

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・

■無料体験授業■


◆対面クラス◆ 

第1土曜日コース

 

3月 6日(土)

10:15ー12:00 1名追加募集

13:15ー15:00 1名追加募集

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

◆zoomクラス◆ 1名追加募集

<第2・第4水曜日コース>

2月 10日(水) 2月24日(水)

17時ー18時

 

◆zoomクラス◆ 

<第3土曜日コース>

2月20日(土)

16時ー18時

 

無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

スタートアップベーシック講座(全4回)

マヤ暦を学ぶとこうなる!!

image

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

LINE公式アカウント

ご登録がまだ!という方はぜひ、ご登録を。

 

10秒で読める!

<先生向けゴキゲン学級経営のヒント>

 

 

 

image

・。・。・。・。・。・。・。・。・。


無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

始めています。

登録しました?確認してくださいね。

全然、届かないなーって思っていたら、

登録していなかったってこと、あるみたいですよ^^

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。