こんにちは。

勇気づけ国語塾の原田武敬です。
 
明日の国語塾。
明後日のイベントを前に
今日はテストというものについて、
考えてみたいと思います。
 
 
みなさん、今までに、
テストをたくさん受けてきましたよね?
小テストとか入れたらめっちゃありますよね。^^;
体育のテストもあったよね。
マット、鉄棒、跳び箱とか。
今なら水泳だね。
(ま、僕は15年出していた方でもありますけど。。。)
 
 
いやーもう、
それだけでよくやってきたなー
って感じですよね。
おつかれさまでーす!!!
 
以上です。。。ではなく、
 
子どもたちの話を。
 
子どもたちも今、
まさにテストを受けていることでしょう。
 
 
そもそも
何のためにテストを受けているのでしょうか?
 
 
100点取るため?
合格するため?
いい成績を取るため?
資格をとるため?
理解しているかどうかを確かめるため?
クラス(学年)で◯番以内に入るという目標を達成するため?
 
 
いろいろありますよね。。。
 
 
でも、
 
その先に何があるのでしょうか?
 
 
100点取ったらどうなるの?
合格したらどうなるの?
いい成績を取ったらどうなるの?
資格をとったらどうなるの?
理解していたらどうなるの?
クラス(学年)で◯番以内に入ったらどうなるの?
目標を達成したらどうなるの?
 
 
 
つまり、
 
なんのために100点を取りたいのか
なんのために合格したいのか
なんのためにいい成績を取りたいのか
なんのために資格を取りたいのか
なんのために理解したいのか
なんのために○番以内に入りたいのか
 
という目的まで考える必要があると思います。
 
 
100点取ったら通知表が「よくできる」になる。
なんのために「よくできる」にしたいのか?
 
成績が良い方がいい、というけど本当にそう??
どういうところがいいの??
 
成績が良ければ、行きたい高校に行けるから。
なんのためにその高校に行くの??
どーしてもその高校がいいの?
その理由は?
他の高校じゃダメな理由は?
その高校に入って何したいの??
 
というような感じでとにかく考える。
 
一方で、
 
とりあえず入ってから考える
 
 
というのもあるでしょう。確かにありです。
 
でも一面では、これって
 
考えることをやめていませんかね?
もう考えつかないほど考えたのかどうか、ということです。
 
 
 
試合終了ではないけどね。
 
考えるのをあきらめないでほしいなーと思います^^
考えるのって面倒くさいではなく、
考えるのって楽しい!!と思える経験が一番大事な経験ですね。
 
 
そんなテストも内容が変わりつつあります。
でもまだまだ、記憶力勝負!!
ってところはありますよね?
 
現に、
思考(考え方)を問われる問題だって
「覚えられます」からね。(笑)
 
 
覚えることが大事なのでしょうか?
 
テストのために覚えたこと、
どれくらい覚えていますか?(笑)
 
 
大塩平八郎の乱とか?
モホロビチッチ不連続面とか?
デオキシリボ核酸とか?
(生物に偏っているな)
sin cos tan とか?
梶井基次郎とか?
 
 
 
確かに、
覚えることを通して
身についたこともあるでしょう。
 
覚えることが悪い、なーんて思っていませんよ。
覚えておいた方がいいこともあるし。
 
でも、なんのために覚えているのか?ってことを
考える方が大事なんじゃないですかってことを言いたいのです。
 
 
テストだから覚えなきゃ!!の先は?
 
 
ゲーム感覚でテストに向かえたら最高ですね^^
 
覚えられた楽しいー!
できたぞ、これは楽しい!
と感じられた場合、
ゲームを攻略するみたいに
お、この問題はこう考えるんだな、みたいに
取り組めそうです。
 
そのためには、
 
結果の前に
日常の「自分で考えてやってみた」
という経験と勇気づけが必要ですけどね。
 
 
楽しいこと
やりたいこと
あるいは、
今の自分に必要なこと
と思えることって
頑張って必死に努力しよう!と思わなくても
自然と、ついやってしまうのではないでしょうか?
 
この自然と、ついやっちゃうという
学びこそ、必要であり、
 
大人の僕たちは
子どもたちにそういう機会を
準備する必要があるのでないでしょうか?
 
 
この興味を持てるように、
必要だと感じられるようにするには?については
Brilliant Educationの内容にあります。
学校の各教科に合わせて、
家庭でどのようにかかわっていくかという内容です。
僕の教員経験フル活用です!^^
 
 
 
テストで身につくこと
勉強で身につくこと
受験で身につくこと
については、
7日(日)のイベントでお話しします!!
覚えていれば、の話ですが(笑)。
 
大丈夫、覚えています!!
 
 
 

 

【Brilliant Educationについてはこちら 関連記事】

新講座【Brilliant Education】 〜宇宙に応援される子どもの育て方〜

 

Brilliant Education 〜4つの内容にしている理由〜

 

Brilliant Education 〜自分を整える力について〜

 

常識破りの教育トークイベントをなぜやるのか??

 

 

【クラス会議についてこちら】

◆キャンセルが出たため、募集中◆

   ↓↓↓↓↓

7月13日(土)10:15−14:30(15:00)

アドラー心理学のエッセンスがつまったクラス会議セミナーを行います。

 

 

 

クラス会議で大事なのは、クラス会議自体ではありません。

 

クラス会議セミナーの詳細です。

 

【募集開始】クラス会議セミナー@埼玉・ふじみ野

 

クラス会議 〜家庭で実践編〜 野菜を育てたい!

 

クラス会議セミナー@埼玉・ふじみ野

 

クラス会議セミナーで伝えたいこと。

 

クラス会議の議題は3つでした(家事・家事・運動会)

 

クラス会議って温かいのです。

 

【感想を読めばわかる】クラス会議セミナー@埼玉・ふじみ野

 

意識が大事!〜クラス会議セミナー@埼玉ふじみ野 感想〜

 

【募集開始】7月13日(土)クラス会議セミナー@埼玉ふじみ野開催します!

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

無料メールレター「教育に活かすアドラー心理学」

始めました。

 

 

 

◆勇気づけ国語塾無料体験授業受付中です◆

平日コース

火曜日 3、4、5年生 16:45−17:45

木曜日 4、5、6年生 17:15−18:15

 

月1土曜日コース

7月6日(土)

1、2、3年生 10:15−12:00(途中10分休憩あり)

 

4、5、6年生 13:15ー15:00(途中10分休憩あり)

 

無料体験授業のお申し込みはこちらから

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

【雑誌執筆】

・児童心理 2008年 12月号

・授業力&学級経営力 2016年6月号

・授業力&学級経営力 2017年8月号

 

【学会発表】日本学校心理士会「教育に生かすアドラー心理学」2014.8.30

 

【講演・講座実績】

・中野区立啓明小学校

・川崎市立大師小学校

・横浜市立新吉田小学校 

・埼玉県富士見市ファミリーサポートセンター 

ステップアップ講座勇気づけの子育て・自分育て 

・杉並区立荻窪中学校教育相談校内研修

・東京都小平市中央公民館連続8回講座「ぐんぐん伸びる勇気づけの子育て」

・東京都町田市公民館講座「10歳以降の子育て」

・埼玉県川越市立新宿小学校 家庭教育学級

・富士見市ファミリーサポートセンターステップアップ講座

・川崎市立小倉小学校家庭教育学級

・江東区砂町小学校 学校保健委員会

・江東区第四砂町中学校 学校保健委員会

 

今年は今のところ、

板橋区小学校:保護者向け

群馬県の小学校:児童&保護者向け

東京都豊島区の幼稚園:保護者向け

横浜市の区役所:職員向け

 

でも講演します。