こんばんは。

勇気づけ国語塾の原田武敬です。

 

川越在住の僕が川越を「フラフラ」散策。

でも夕方からの仕事には行きました、はい。

フラフラしている時でも

 

無料メルマガ「教育に活かすアドラー心理学」

へのご登録、ありがとうございます。

心を込めてお役に立つメールを送らせていただきます!

 

さて、今日の国語塾の授業について。

昨夜も書きましたが、今日はもう少し具体的なものを。

 

今日の授業のメインは、作文の書き出し。

メインに行く前に、前菜があるように

頭をやわらかーくする問題で、

想像力や論理的思考力を鍛えています^^

 

 

では今日の書き出しを紹介しますね。

いろいろ自由に想像してみてくださいね。

 

 

1 楽しかったなぁ。

 

 

 

何が楽しかったと思いますか?

 

 

 

 

 

2 「うぉーよっしゃー!!!!!!!」

 

 

 

何がよっしゃーだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

3 「もう食べたでしょ。」

 

 

 

誰が言ったのでしょうか?

誰に言ったのでしょうか?

何を食べたのでしょうか?

 

 

いろいろ想像できますね。

 

 

 

1の文の続きは、

「楽しかったなぁ」と僕は思いました。

 

2の文の続きは、

「うぉーよっしゃー!!!!!!!」と言いました。

 

3の文の続きは、

「もう食べたでしょ。」と私は妹に言いました。

 

 

 

それぞれどんな場面かを少し説明しますね。

 

 

今回はゴールデンウィークで最高だった瞬間のこと。

 

1は、おばあちゃんのお手伝いをした時のこと。

 

2は、ボーリングをした時のこと。

 

3は、流しそうめんをした時のこと。

 

です。

 

 

さらに疑問が湧きますね?

 

楽しい手伝いってどんな手伝いなのかな?

どんな状況でよっしゃーなのかな?

1位になった?ストライクとった?

もう食べたでしょってどんな状況かな?

書いた本人は食べていないってこと?

妹を優先したのかな?

 

想像しながら読みたくなりますよね?

 

でも、残念!!!!

 

今日は1行目しか書いていないので、

その先は、僕にもわかりません(笑)

 

と言うか、

僕が

「1行目しか書いちゃダメ!!」

って言っているので書いていません。

 

来週続きがわかるかな?

 

 

それともう1つ。

 

3の「もう食べたでしょ。」はどんな風に読みますか?

 

実際に読んでみてください、はい、どーぞ^^

 

 

最後に小さい「つ」が入るように、強めに言いましたか?

小さい子に諭すように穏やかな感じですか?

冷たい感じで言いましたか?

 

同じ文を読んでも、違いが生まれますね。

これは、

文を見たときの想像する場面による違いですね。

 

 

例えば、

「今日はシチューだよ」

 

と聞いたときに、

何シチューを想像するかってことです。

 

 

クリームシチュー?

ビーフシチュー?

  

 

 

同じシチューって言葉でも

違いが生まれる。

 

(ちなみに僕はビーフシチューを想像します。)

 

ケララシチューを想像する人います??

 

南インド、ケララ州で食べられているシチュー。

ココナッツミルク風味のシチューで、

インド料理らしく、カルダモンやクローブ、

シナモンなどのスパイスが入っている。

具材は野菜が多く、

バスマティライスと呼ばれる長粒種のライスや

チャパティなどと食べる。 そうです。(ネット情報)

 

 

つまり、

言葉のイメージを同じにすることはとても難しい。

だからこそ大事なのです。

 

 

◆無料体験授業受付中です◆

平日コース

火曜日 3、4、5年生 16:45−17:45

木曜日 4、5、6年生 17:15−18:15

 

月1土曜日コース

5月11日(土) 6月1日(土) 7月6日(土)

1、2、3年生 10:15−12:00(途中10分休憩あり)

 

4、5、6年生 13:15ー15:00(途中10分休憩あり)

 

無料体験授業のお申し込みはこちらから

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

【雑誌執筆】

・児童心理 2008年 12月号

・授業力&学級経営力 2016年6月号

・授業力&学級経営力 2017年8月号

 

【学会発表】日本学校心理士会「教育に生かすアドラー心理学」2014.8.30

 

【講演・講座実績】

・中野区立啓明小学校

・川崎市立大師小学校

・横浜市立新吉田小学校 

・埼玉県富士見市ファミリーサポートセンター 

  ステップアップ講座勇気づけの子育て・自分育て 

・杉並区立荻窪中学校教育相談校内研修

・東京都小平市中央公民館連続8回講座「ぐんぐん伸びる勇気づけの子育て」

・東京都町田市公民館講座「10歳以降の子育て」

・埼玉県川越市立新宿小学校 家庭教育学級

・富士見市ファミリーサポートセンターステップアップ講座

・川崎市立小倉小学校家庭教育学級

・江東区砂町小学校 学校保健委員会

・江東区第四砂町中学校 学校保健委員会

 

今年は今のところ、

板橋区小学校保護者向け

群馬県の小学校児童&保護者向け

 

が決まっています^^