こんばんは。

勇気づけ国語塾の原田武敬です。

昨日募集スタートした大阪の講座

おかげさまで、30分で満席となりました^^

ありがとうございます。

 

また、クラス会議セミナーにも関心をお寄せくださり、

ありがとうございます^^

 

 

今日は月1土曜日コースの日。

 

新年度1回目ということで、いろいろと盛り込みました。

学校なら、1週間、2週間で、など計画できるけど、

 

月1土曜日コースは、

45分と50分の授業が全て!

 

この時間だけでこの1ヶ月のテーマとなることを伝え、

1ヶ月間のスタートで、「よし、やるぞ!」

という気持ちを高められるようにしています。

自信とやる気を育てる塾なんで。

 

 

今日のメニューは

 

1 旅行の計画

2 自分の計画

3 漢字の問題 

 

前にもちょこっと書いた旅行計画

 

 

目的地、行きたいところを「先に」決めてから考える。

 

そしてこれをもとに

「なりたい自分」も考える

 

【自分計画】

 

 

 

旅行計画と同じ感じで

自分を計画していきます。

 

一番伝えたいのは、

なりたい自分を考えるのが先

ということ。

 

 

学校が始まって

1学期のめあてとか頑張ることとか考えると思うけど、

それは、なりたい自分になるための手段。

 

それを目的にしてしまったら、

「できた・できなかった」で終わってしまう。

 

だから、新しい学年が始まったこの時に、

目標を決めて取り組むことや、

日々の生活は、

なりたい自分に向かって進んでいること

を伝えたいなーと思っていました。

 

 

この授業では、全体像をつかむことを目的としていたので、

細かいことは子どもたちには勇気づけKids通信、

保護者の方には、勇気づけMom通信というメールでお伝えしていきます^^

 

 

 

【漢字の学習について】

 

漢字については2種類。

1つは漢数字。

1から10までの漢数字。

1年生で習う漢字だけど、

2から6年生にも、保護者の方にも

新鮮な学びがあったようです^^

 

もう1つは漢字の宿題。

右上の小さい四角は、漢字を書く。

 

問題は左側の大きな四角。

めっちゃ拡大して書く??

 

いやいやいや、それは、ないない。^^

 

 

どうするかは、ま、自由なんだけど。

いきなり、自由だよ、好きにやっていいよ、って言われると

困る時があるので、いくつか例を伝えました。

 

 

1つは四コマ漫画にしちゃう!

ayakoさんは、本気で書きすぎ。(笑)

国語塾の子はここまでやらなくて大丈夫だからね^^

 

 

うちの次女作↓

 

これは、どんな場面で使えるか、ってテーマで書いているもの。

漢字ドリルだと例文、短文作りで出るようなものかな。

でもこのプリントは、漫画のセリフで漢字を使う。

 

 

 

え?漢字を書く数が少ないって?

 

では、何回書けばいいのでしょうか?

 

 

そもそも

「漢字は書かないと覚えられない」

「漢字は書いて覚えるもの」

 

 

という思い込みはありませんかね?

もちろん、

僕だって全く書かなくていいとは思いませんよ。

 

でも、

漢字が面倒だって思っている子どもたちがいるのも事実

何が面倒なのでしょうね。

 

 

だからちょっと枠を外すために、

 

高学年(4〜6年生)の子には

習っていない6年生の漢字を

10秒だけじっとみて覚えちゃって!!

という問題を2問。

 

なかなかいい漢字、いや、いい感じです^^

 

10秒見て、書いてみて、と言って書いてもらう。

そして確かめる。

 

ここでは、

覚え方はいくつかあるから、

自分に合ったものを選んでね!

と言っていくつか紹介。

 

 

学習の前提は自信。

 

自分はできるって思えること。

そして、

学び始める前に、できるイメージが持てること。

 

そのイメージがやる気を引き出すことに繋がると思っています。

 

 

 

今回は4コマ漫画を紹介しましたが、

1場面を絵で表して、セリフに漢字を使ってもいいし、

成り立ちを書いてもいいし、文章だけで表現してもいいし、と思っています。

 

無料体験授業を受け付けています。

 

平日は

火曜日、3、4、5年  4/16  4/23  16:45ー17:45

木曜日、4、5、6年  4/18  4/25  17:15ー18:15

 

月1土曜日コースは、

 

5月11日(土)

1〜3年生は 10:15ー12:00

4〜6年生は 13:15ー15:00

 

詳しくは&無料体験授業のお申し込みはこちらからお願いします。

 

 

【これから募集を開始する講座】

4月19日(金)20時より募集開始

クラス会議セミナー

 

【日 時】

どちらも同じ内容です。(※クラス会議の体験の議題は異なります)

5月29日(水)10:15ー14:30(15:00)

6月16日(日)10:15ー14:30(15:00)

 

【場 所】

勇気づけ国語塾 or ふじみ野駅周辺(東武東上線池袋駅から急行で25分)

 

【参加費】

 5千円

 

【内 容】(予定)

・アドラー心理学とクラス会議。

・クラス会議とは?(理論&原田の実践)

・体験してみよう!クラス会議 

・クラス会議Q&A など。

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

【雑誌執筆】

・児童心理 2008年 12月号

・授業力&学級経営力 2016年6月号

・授業力&学級経営力 2017年8月号

 

【学会発表】日本学校心理士会「教育に生かすアドラー心理学」2014.8.30

 

【講演・講座実績】

・中野区立啓明小学校

・川崎市立大師小学校

・横浜市立新吉田小学校 

・埼玉県富士見市ファミリーサポートセンター 

  ステップアップ講座勇気づけの子育て・自分育て 

・杉並区立荻窪中学校教育相談校内研修

・東京都小平市中央公民館連続8回講座「ぐんぐん伸びる勇気づけの子育て」

・東京都町田市公民館講座「10歳以降の子育て」

・埼玉県川越市立新宿小学校 家庭教育学級

・富士見市ファミリーサポートセンターステップアップ講座

・川崎市立小倉小学校家庭教育学級

・江東区砂町小学校 学校保健委員会

・江東区第四砂町中学校 学校保健委員会