こんばんは。

勇気づけ国語塾の原田武敬です。

今日から新年度の授業がスタート。

 

今日は、4、5年生のクラス。

平日の国語塾は60分。(月1土曜日コースは45分と50分の授業)

 

まず、時間の使い方を子どもたちと相談。

「今日が今年度初の授業なので、

毎週のこの時間、どのように過ごすか一緒に考えてくれる?

どんなことをやりたい?これはやりたい!というのがあったら教えてね。

相談して決めよう!」

 

と言ってスタート。

 

 

火曜日クラスの特徴は、

授業が始まる前から、本を読んでいること

僕が、「そろそろやるよー」というのも

ちょっと気が引けるくらい集中して読んでいます。感心感心。

 

そこで、

最初は読書の時間

 

次に色々準備してある学習ゲーム

 

最後に僕からの話題

(僕からの話題に「オッケー」って言ってくれてよかった、笑)

 

とりあえず、この流れでやっていきます^^

 

 

読書は、国語塾の棚にある本を引っ張り出して読んでいます。

自分で持ってきてもいいよ、とも言っておきました。

他の子の読んでいる本を知るのもいい経験ですからね^^

アドラー心理学で言えば、

相手の関心に関心を持つきっかけにもなりますね。

 

そして学習ゲーム。

最後に色々紹介していますが、

一番大事なのは学習ゲーム、それ自体ではありません。

 

一番大事なのは、

学習ゲームを決めるところ。

 

自分はこれがやりたい。と主張したり、

友達がやりたいというものを優先したり、

時間を考えて、何をどのくらいできるかを考えたり、

そして折り合いをつける。

話し合いは分かり合いであり、

折り合いをつけること。

 

僕は何をしているかというと、、、

 

どうする?とただ聞いているだけ(笑)。

 

子どもたちが考えて答えを出してくれます。

 

学習ゲームでもコミュニケーションはずっと行なっていますので、

体験的に色々学んでいます^^

 

そして、僕の、塾長の話。

 

今日は旅行の計画を立てよう!

だったので、

 

まずは神経衰弱。

 

なんで??^^

 

これにも意味があるのですよ。

 

ただの神経衰弱ではありません。

使ったのは、これ↓

以前、九州に仕事に言った時に子どもたちがもらったもの。

 

 

・4、5年生だということと、

・都道府県と特産・名産があること

・今までに行った場所があるか確かめられること

 

ここ行ったことある?

いつ行ったの?

有名なものあった?

何食べた?

など、色々おしゃべりができますしね^^

 

 

 

この都道府県を元に

旅行(国内)の計画を立てられるからです。

 

外国が話題にならなくてよかった^^;

 

ま、なってもいいだけどね。

 

そして本題!!

旅行の計画を立てる時に

まず、何をするのか?

 

 

目的地決めるでしょ。今日はここまでだった^^;

(平日コースだから来週続きをやります)

 

この後、

 

目的地が決まったら、

今、どこにいるのか(現在地)

どうやっていくか(方法)

いついくか(時間)

何が必要か(準備)を考えます。

 

 

これが新年度の1回目にふさわしいという理由です。

 

4月に新しい学年になりました。

新しい先生と出会いました。

新しいクラスになりました。

そう、この1年、どんな1年にしますか?ということ

 

でもそれは、

学習面、生活面というレベルの目標ではなく、

「どんな自分になりたいか?」

これが目的地です。

 

そして、その目的地に行くために、

 

何をしていくのか(方法)

いつやるのか(時間)

今の自分には何があるのか(現在地、準備)

 

を考えてほしいと思ったからです。

 

目標は、通過点。

そこがゴールではありません。

ゴールは目的です。

 

学習面の目標も、生活面の目標も

その目標を達成することで、

 

どんな自分になるのか?

なりたい自分になるために、目標を立てる、ということです。

 

そんなことをやっていきます。

 

土曜日コースもやるから安心してください^^

やり方は工夫します!!^^

 

 

無料体験授業受付中です。

平日コース

火曜日 3、4、5年生 16:45−17:45

木曜日 4、5、6年生 17:15−18:15

 

月1土曜日コース

4月13日(土)

1、2、3年生 10:15−12:00(途中10分休憩あり)

 

4、5、6年生 13:15ー15:00(途中10分休憩あり)

 

無料体験授業のお申し込みはこちらから

 

 

 

 

最後に、学習ゲームを紹介しますね。一部だけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、国語に限らず、色々あります。笑

 

自信とやる気を育てるツールなので、

国語にこだわらず、

算数も化学も日本史もあります。

 

 

 

 

原田武敬(はらだたけひろ)

元埼玉県公立小学校教員・勇気づけ国語塾塾長(ふじみ野駅西口徒歩1分)

NPO法人勇気づけ学園代表理事

 

15年間、埼玉県公立小学校教員を経験した後、

2015年3月に退職。在職中はアドラー心理学

の理論をベースに、勇気づけの学級経営を行い、

市の教育研究会で毎年実践発表した。

2015年4月に、子どもたちのやる気を引き出し

自信をつけ、自分の考えを持ち、表現する力や心を

育てる「勇気づけ国語塾」を開校。

福岡、宮崎、京都、大阪、名古屋、千葉、神奈川、新潟等

「出張勇気づけ国語塾」「小学生版勇気づけコミュニケーション講座」

を実施。現在は、男性向け講座、学校の先生向けの講座も行っている。

知的好奇心を刺激し、ユーモアのある授業で、子どもたちがもっている

「学びたい!」「知りたい!」という気持ちを引き出す。

2017年より埼玉県川越市伊佐沼でアドラー心理学を取り入れた

NPO法人勇気づけ学園幼児部・小学部を仲間とともにスタートさせ、

子どもたちの生きる力を育てている。

 

【雑誌執筆】

・児童心理 2008年 12月号

・授業力&学級経営力 2016年6月号

・授業力&学級経営力 2017年8月号

 

【学会発表】日本学校心理士会「教育に生かすアドラー心理学」2014.8.30

 

【講演・講座実績】

・中野区立啓明小学校

・川崎市立大師小学校

・横浜市立新吉田小学校 

・埼玉県富士見市ファミリーサポートセンター 

  ステップアップ講座勇気づけの子育て・自分育て 

・杉並区立荻窪中学校教育相談校内研修

・東京都小平市中央公民館連続8回講座「ぐんぐん伸びる勇気づけの子育て」

・東京都町田市公民館講座「10歳以降の子育て」

・埼玉県川越市立新宿小学校 家庭教育学級

・富士見市ファミリーサポートセンターステップアップ講座

・川崎市立小倉小学校家庭教育学級

・江東区砂町小学校 学校保健委員会

・江東区第四砂町中学校 学校保健委員会