こんばんは。

勇気づけ国語塾の原田武敬です。

 

今日は冬休みにも関わらず、

冬休みだから??

多くの先生方にご参加いただきました。

東京、神奈川、埼玉、茨城、新潟、大阪、兵庫からご参加くださいました。

ありがとうございます。

 

大阪といえば、西のタケちゃん。

今年の4月に初めて会って、今日で4回目(笑)。

そして1月にも会う予定。

もう、ウケるしかない^^

 

 

 

アドラー心理学の話(かなり軽め)をし、

給食完食問題を取り上げて、

改めて考えました、僕も。

1月は給食週間があって取り組みがありそうですね^^;

 

食べられる子はいいんですけどね、

食が細い子はどうなんですかね?(量を減らすという配慮はあったとしても)

全員食べられたらシール?はなまる?

いろいろあるでしょうけど。。。

 

そもそも、

食事の時間はどんな時間なのでしょうか?

 

ただ食べて、栄養補給をすればいいのでしょうか?

それとも食べ物に思いを馳せることが大事なのでしょうか?

時間内に食べ終わることが大事なのでしょうか?

5分間はもぐもぐした方がいいのでしょうか?

 

 

ご家庭での食事の時間はどんな時間ですか?

 

 

とはいえ、僕も昔、給食をかっこんでいた方なので、

偉そうなことは言えませんけどね。^^;

 

 

 

 

そして、

「学級波動経営」

 

思考が現実化する!の前に

 

どんな波動を出しているか?

どんなエネルギーを出しているか?

が大事ってことです。

 

※厳密には波動とエネルギーは違うんですけど

 ここでは、波動≒エネルギーでいきます。

 

例えば、ラジオで

Nack5を聴くには、FM79.5 に合わせる。

J-WAVEを聴くには FM81.3に合わせる。

 

4CHならリモコンの4を押す。

8CHならリモコンの8を押す。

 

周波数を合わせたものを引き寄せるってことです。

これを先生の考え、思いに変えてみると、

 

楽しいなーと思っていれば、楽しいことが。

いやだなーと思っていれば、いやなことが。

頑張んなきゃ!と思っていれば、頑張らなければならないことが。

 

 

どんなに思考で「楽しい気持ちにしなきゃ!」と思っていても

根底にある楽しくないエネルギーが出ちゃっているということです。

(しなきゃ!の時点で楽しくないってことですから)

 

 

まずは、

先生自身がご自分を大切にすること。

 

 

いやいや、子どもたちのためにが一番です!

となりがちですが、それを一旦やめる!とにかく、やめる。

 

 

自分を大切にしないと子どもたちを大切にできませんから。

自分を大切にしないと、他の人を大切にできませんから。

 

我慢・根性・忍耐が染み付いている方は、

自分を優先していいのか?

という感じがするかもしれませんが、

優先していいんです!

 

 

今日は

まずは先生自身!!ということだけと・く・に強調しました。

 

 

自分のことをないがしろにして、

子どもたちのために、とやっているとどうなるか?

 

子どもたちに依存するようになってしまいます。

 

つまり、

子どもたちがいないと自分には存在価値がないと思ってしまいます。

そんなこと全然ないのにねー。

 

 

だから、声を大にして

自分だから!!といろいろ言っていたわけです。

自分を満たすこと。

自分を満たした上で、他者への貢献があるわけです。

 

人にために!って大事なんですけど、

段階があるということです。

いきなり人のために!にはならないのです。

人間だって、

ちっちゃい頃はまずは自分のことでしょ。

自分のことしか考えていないでしょ?

そこから年齢を重ねていくうちに

視野が広がり他者を意識し、考えられるようになります。

それぞれの段階で学ぶこと、経験することがあるのです。

 

小学生が、突然大学生になったら大変ですね。

周りに支えられてなんとかできるかもしれませんが、

それまでに必要な経験がごっそり抜けているので、間違いなく大変。

 

特に、先生は自分を犠牲にして、我慢して、

子どもたちのために、になりがちです。

だからこそ、

先生方には自分を大事に!と伝えたいのです。

 

 

自分のことを大切にしている先生に教わる子どもたちは

自分のことを大切にします。

 

他人のことだけ考えている先生に教わる子どもたちは

自分のことより他人のことを優先するようになります。

(自分のことは我慢しちゃうね)

 

子どもたちには、

先生が自分自身とどのように付き合っているかが伝わります。

 

どう付き合うかという具体的なものは、

これでもかーというくらい

めちゃめちゃお伝えしました。

完全に学校の先生向け(笑)。

でもその話はアドラー心理学に近いんですよね。

 

その後、俺の懇親会。(男性だけだったので笑)

女子会じゃないのに、話は尽きない。

なかなか面白いことが起きそうな予感。

 

さて、次はいつかな?どこかな?