こんばんは。

原田武敬です。
 
今日はELMリーダーのためのレベルアップ講座を
初開催!
 
この講座は
 
ELMリーダーの方が
 
「よしっ、やろう!」という気になって、
「自分にはできる!!」という思いをもってもらうための講座です。
 
つまり、
早くELM講座を開催したくなる講座であり、
現在ELM講座を開催中の方は、次回の講座が楽しみで仕方がなくなるための講座です。
 
 
実際どんなことをやったかと言いますと、、、
 
僕がELM講座を行う時にしていることのネタバラシ(笑)
 
例えば、
 
・講座前にどんな準備をしているのか。
・講座中何を考えているのか。
・話の展開の仕方
・時間配分
・何を見ているか など。
 
 
こんな意図があるのです、という話です。
 
実際に僕のELMを受講された方は、
「へーそんな意図があったんだー」
と思われたはずです^^
 
もちろん、この意図は気づきにくいことです。
だって、気付かれないようにやっていますから。笑
 
 
ま、僕のELM講座、めっちゃいいんですけど、
僕のスキルをお持ち帰りいただくための講座ではありません。
 
僕と同じようにできるわけではありませんからね。
 
ですから、
僕はたくさんの具体例を出しますが、
「エッセンス」だけ残るようにしました。
(ま、この具体例も全てに意図があるので、その解説もさせていただきました)
 
そのエッセンスをリーダーの方が、
「自分のELM講座」作り上げていくために使っていくという感じです。
 
ちょこっとだけ内容を紹介すると、
 
 
「なぜELM講座を開催したいのですか?」
から始まります。
 
 
このことについて考えていただくことで、
リーダーの思いがあらわれます。
 
ELM講座を開催することで、
どういう世界を作っていきたいのか。
何を伝えたいのか。
 
 
おいおい、
何を伝えたいのかって、そりゃELMの内容でしょ!
とつっこまれそうですが(笑)
そうではありません。
 
日本に多くのELMリーダーの方がいらっしゃると思いますが、
全員が同じマニュアルを使っていても
同じ講座にはならないでしょ?
 
なぜかって、そりゃ伝える人が違うからですよね。
 
つまり、同じ内容を扱っていても、
リーダーによって伝わっていることが異なります。
 
それは、内容の云々ではなく、
そのリーダーの「思い」が反映されるからです。
だから、リーダー(人)によって講座の雰囲気が違うわけです。
 
ですから、この講座は
リーダーとしての思いを大事にしています。
これが一番。
その上で、内容の理解に関することや運営の仕方、スキルなどを扱っています。
 
 
 
 
 
 
 
♪チャラララッ チャッ チャッ チャ〜♪
 
 
今日参加された4名の方は、レベルが上がった!
 
「自分だけの」「自分だけができる」ELM講座を築き上げていくために
必要なことをたくさんメモされていました。
 
おそらく今日考えたことが、今後の講座開催のスタート地点になると思います。
迷ったら今日のメモに戻っていただければ、きっと大丈夫です。
 
今日の皆さんの真剣な思い、ビシビシ感じました。
きっと、ご自分の個性を活かしたELM講座が展開されていくのだろうなーと
僕もワクワクしています^^

今日のワクワク感大事にしてくださいね。
ワクワクがよってきますよ^^
 
来年また開催予定です。
自分で言うのもなんですが、めちゃいい講座。
出し惜しみせず、あるもの全部出しました!という講座です。
かなりお得なはず。
 
あ、大丈夫です。ネタ、スキルは無くなりませんので^^
 
僕が一人でいい!いい!と騒いでいても
説得力に欠けますので、
次回は感想を載せさせていただきますね^^