こんばんは。
勇気づけ学園の原田武敬です。
昨日は池袋でゴキゲントークイベントでした。
ゴキゲンというわりには、
不良にからまれるというアクシデントもあり…^^;
 
ま、このことについては、本人が書くでしょう。
 
さて、こちらは
今日の勇気づけ学園での学び。
 
小学2年生の子。
 
ふと、水筒の影を見て
つぶやいてみた。
 
影ってこのあとどうなるのかな?
 
えーどーなるだろう?ということで
ワクワク実験開始〜^_^
 
やりとりをしながら、↓こうなりました。
 

 

 

 

 
 
そして
 
影が動いたという結果。
 
洋子さん「なんで動いたんだと思う?」
 
子「太陽が動いているから。」
 
 
さて、
この答えに対して
地動説を知っているみなさんならどう答えますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
われらが洋子さんは、
「おしい!」と答えました。
 
僕もよく、「おしい!」は使いますね^_^
 
 
はいはい、わかりますよー。小3では太陽が動くからで習いますからね。
 
学習指導要領解説 理科にも、
こう書いてあります。
 

ほんでもって教科書はこう

 
でも、個人的には、
 
太陽が動いているように見えるからです。
 
がいいなーと思っているんですけどねー。
 
 
でも、だいたいの子が
地球が回っていることは知っているんじゃないかな?
と思います。
 
ま、まさか、天動説??(笑)
 
 
たしかに発達段階とか
いろいろあるんだろうけど、
 
太陽が動くからです。
 
だと、二度手間にならないかな?
 
だっていずれ学ぶでしょ?
中1で自転、公転とか。
 
そのときに、
 
え?小学校3年生のときに
太陽が動くと習ったけど、
それは違ったのか…。
とショックを受けちゃうかも?
それはないか、^^;
 
 
勇気づけ学園ではどうしたのかというと、
もちろん
ご自分の疑問は
ご自分で解決していただきますので
こうなります。

 

 

 

 

 

 

 

〜自分で調べ、彼が学んだこと〜

 

 
太陽は恒星であること
太陽は動かないこと
太陽系があること
惑星というものがあること
そして、地球が回っていること
 
ちなみに、図鑑も途中で「宇宙」から「地球」に変えていました。
 
本人曰く、
 
地球が回っていることは知っていたけど、
太陽系との関係は今日、知ったとのことです。
 
興味を持ったことには
制限なく深く学んでほしいなーと思っています。