こんばんは。

NPO法人勇気づけ学園の原田武敬です。

 

9月は変則的に開校している勇気づけ学園。

今月は

14日(金)

18日(火)

21日(金)

25日(火)

の9時30分から14時30分まで

 

 

詳しくはこちら。

12月までの開校日をアップしています。

幼児部はこちら

 

今日は体験の子もきてくれました^^

 

 

 

無事ザリガニゲットですが、

まだまだぎこちないお二人。

でも経験を積めば大丈夫。これからが楽しみだ。

 

 

 

子どもたちが活動している中、

保護者のみなさんと、いろいろとお話を。

 

勇気づけ学園は親子一緒に成長する学園。

 

子どもだけが学んで、成長すればいいのではありません。

親もまた、学び、成長していくのです、子どもと一緒に。

もちろんスタッフも一緒に。

 

お子さんのこと

公立学校での様子

公立学校を休むこと 

教育について など

 

いろいろとお話しました。

楽しかったし、内容がめっちゃ濃かったー。

 

 

お話を伺っていて

保護者の方の声はとっても大事だなと思う。

 

保護者と先生の思いが一致すれば、こんなに最強な事はないのになぁ。

子どものことを思っているのは同じなのに、ズレが生じる。

その少しのズレが大きな溝へ・・・。

 

 

ズレを生まないようにするには、

やっぱり話すしかないですよね。

 

 

話題になったのが、

公立学校を休むと・・・

 

・学校からの連絡

・先生が訪問

・休んだ分の勉強、宿題のことを言われる

・周囲の人に心配される

 

悪気はないんですけどね、みんな。

 

でも当事者の心を、思いを、考えを、

置き去りにしているのは間違いない。

 

だから溝が大きくなるのです。

 

連絡は必要か?

訪問していいか?

学習についての考え など。

それぞれ確認すればいいと思うんですけど。

相手の意思を確認すること、大事でしょ?

当たり前だけど。

 

 

 

そしてなぜこんなことが起こるのでしょう。

 

 

それは、

 

公立学校に行くことがよいことで、

公立学校に行かないことがよくないこと、

 

という暗黙のルールがあることです。

 

 

もちろん、公立学校で学べる事はあります。

全てを否定する気なんてありません。

でもそのシステムに合わない事はそんなによくないことですか?

そんなに心配されることですか?

 

 

「不登校」という言葉で

簡単に片付けられてしまいますが、そんな単純な話ではないと思います。

 

その子の思いを、考えをどれだけ理解しているのでしょうか?

その子の保護者の思いを、考えをどれだけ理解しているのでしょうか?

 

 

徐々に公立学校以外の場での学びも認められるようにはなってきましたが、

その考えが、日常生活にまで浸透しているかというと・・・まだまだ時間がかかりそうですね。

 

 

不登校という選択をしている子どもたちがいる事実から

大人である僕たちは何を考えなければならないのでしょうか?

 

この子どもたちからの体を張った問題提起を

大人である僕たちはどう受け止めるのでしょうか?

大人が試されていますよね、絶対^^

さー面白くなってきたぞー。

大人たちの出番だー!!

 

 

なんのために不登校という現実が起きているのか?

 

そろそろ教育のシステムも転換期ですよ、というお知らせ。

 

今までのやり方、変えたほうがいいですよ。

 

不登校「対策」というレベルの話ではありません。

 

もう、根本から変える。

考えから変える。

当たり前を疑う。

常識を疑う。

 

 

もっともっと子どもたちの個性を

没個性にしないようにね。

せっかくみんな、個性を持っているんだから、

発揮しないともったいないでしょ?

 

そのための場の1つとして、勇気づけ学園があります。

 

また、

学校のシステムの中で、

「自分」という個性を埋れさせないようにしてほしいと思って、

勇気づけ国語塾をやっています。

 

先生向けに潜在意識の講座をやるのもそのためです。

 

 

そして、

もともと持っている子どもたちの能力を発揮できるようにするには、

家庭でのかかわりが大事!

 

個性の芽を大事に伸ばしていくためのかかわり方を学べる講座をやります。

3回講座だけど、モニターなので、特別に単発受講可!

 

<子どもの個性を大切に育てる家庭でのかかわり方(仮)>

 

【対象】

どなたでも可

 

【内容】

 アドラー心理学&潜在意識を生かした

 

・学校生活でも我が子の個性を潰さない方法

(学校の授業・行事・宿題を「我が子スタイル」に考える)

・家庭で我が子の個性を伸ばす方法

(家で個性を大切に育てていくために大切なこと)

・我が子の能力を引き出すために大切なこと

(親の心構えなど)

それぞれコンサルの時間付き 等

 

 

第1回 10月31日(水) 10時15分から14時 学校生活でも我が子の個性を潰さない方法

第2回 11月 9日(金) 10時15分から14時 家庭で我が子の個性を伸ばす方法

第3回 12月 6日(木) 10時15分から14時 我が子の能力を引き出すために大切なこと

 

の予定です。

 

その他の講座のお知らせ

 明日、講座の日程とざっくり内容をお知らせしますね^^

 

◆10月21日(日)原田綾子&原田武敬のトークイベント@池袋
 

◆10月28日(日)は愛媛!午後1時くらいから。
・出張勇気づけ国語塾@愛媛&
・お母さん、お父さん向け講座
子どもの幸せに生きる力を伸ばす講座(仮)
学校教育、なんでも相談会付き。
 

◆クラス会議って何?◆(日程変更の可能性あり)
10月13(土)10時15分から15時

【どなたでも参加可能】
お父さん、お母さん、先生、どんな方でも参加可能。
一緒に学びましょう!
アドラー心理学のクラス会議って?
やってみよう、クラス会議。
それぞれのコミュニティで生かせる話し合い。

 

◆学校の先生向け◆

12月26日(水)10時15分から15時
アドラー心理学潜在意識で勇気づけの学級経営
4月に行った講座と同じ内容。
2学期の振り返り&3学期に向けて作戦会議。
潜在意識を活用した学級経営。

 

 

◆男性向け◆
11月10日(土)あるいは17日(土)
俺の勇気づけ講座か俺のELM講座。
男性視点での講座です。
職場、家庭、地域で
男性としてアドラー心理学をどう活かしていくかがわかる講座

そして、奥様に優しくなれる講座です^^

 

 

小学生のための勇気づけコミュニケーション講座
親子で学べる潜在意識とコミュニケーション。
初級、中級どちらからでも受講オッケー!
ふじみ野でも、関東近郊なら行きますよ。
ご連絡くださいませ。