こんばんは。

NPO法人勇気づけ学園の原田武敬です。

今日から勇気づけ学園の2学期がスタート。

 

<今日のメニュー>

・釣り(マジなやつ)

・ザリガニ、カエル

・絵を描く

・プログラミングをしてみる。

・読書

 

 

 

 
 
 

やり方を教えて一緒にやる。

 

 

本格的道具^^

 

 

余計なアドバイスはしない。

必要最低限のことだけを教えて

体験してもらう。

 

 

 

 

ウンウン。悪くない・・・。

 

 

実は昨日こんな大物を釣っていたのです^^

 

 

 

ザリガニもゲットだぜ!

image

image

悪くない。

 

そして、勇気づけ学園の2Fに住んでいるカナダ人の方と

レッツコミュニケーション!

 

 

 

そして大量のカエル。

 
 
2Lのペットボトルに移し変えて実験。
 
 
なんだか、明るい方(光の入る方)へみんな移動しているみたい。
 
 
ではそちらを黒い紙で覆ったら・・・どうなるのでしょう??
 
 
 
2匹黒くなりました^^
本来の実験の結果とは違うけど、
「おぉ〜」と歓声が上がったのはいうまでもありません。大人も子どもも。
 
 
そして、See you again!

 
 
 
 
 
さて、先ほどのアマガエル。
刈った後の稲の近くにいることが判明。
トノサマガエルもいたし。
 

 

 

そして、絵に描く。(描いてみよう!なんてひと言も言っていません)

 

 

 

 

完成品は、伊佐沼のハスのコラボ作品だったのに。。。撮るのを忘れた^^;
 
 
「一緒にやろう」という声掛けはないけど、
同じ場所に行って一緒にやっている。
なかなか面白いですね。
 
 
誰かが
「◯◯やる!」
 
 私も行く!
 僕も行く!
 
自分の意思で決めて行動している。
今回はたまたま一緒になったけど、
やらないこともありますよ。
 
 
自分はどういう気持ちでいるのか、
自分の思いを大切にするとはどういうことなのか、を体験する場。
 
そして決めたことを実際にやってみる。
 
考えながら、体験し、
体験しながら、考える。
 
コミュニケーションもほんとに自然なもの。
必要だから、質問するし、
質問されたから答える。
一人一人がやりたいことをやっていても、
一緒にやる時間はあるんです。
他者とかかわる時間はあるんです。
好き勝手にはならないのです。
 
自分にやりたいことがある、ということは
仲間にも自分と同じようにやりたいことがあるということを感じることができます。
そして、相手のこと、仲間のことを考える視点を日常生活の中で、
自然と身につけていくことができるのです。
 
 
僕たちも子どもたちに質問しながら(ただのおしゃべりだけど)
どういうことが好きで、
どういうことが嫌いで、
どういうことが得意で、
どういうことが苦手で、など
 
知ろうとしています。
 
個性を活かすのなら
相手のことを知らないと活かしようがありませんからね。
 
 
 

9月の勇気づけ学園幼児部・小学部の平日コースの開校日は

 

10日(月)

12日(水)

14日(金)

18日(火)

21日(金)

25日(火) の予定です。

 

参加希望のお日にちがありましたら、ご連絡くださいね。

 

 

現在体験入学受付中です。

小学部の体験のお申し込みはこちら

 

幼児部も行なっています!

幼児部の体験のお申し込みはこちら