こんにちは。

勇気づけ学園の原田武敬です。

先日行ったキャンプのご感想をいただきましたのでご紹介します。

もうね、みんな読んで!!笑

 

 

 

名古屋から参加しました「ヒロシ」です。


キャンプでは大きな気づきがあり非常に有意義だったと思います。

行くまでは、奥さんと3人で行ってきて〜という感じだったんですが、

そうしなくて良かったと。

これからのご活躍を主にブログになると思いますが、

watchさせて頂き、継続して勇気付けされたいと思いますので、

新たな家族への勇気づけや、新たな取り組みなど、どんどんチャレンジしてください。



1)伊佐沼キャンプを振り返って一番印象に残っている場面、または良かった点とその理由を教えて下さい。

子供たちの発案で流しそうめんをすることになり、

ある材料を組み合わせて不器用なりにも自分たちで考え、

工夫しながら流しそうめんの形まで持っていけたこと。

子供たちに一番身につけてほしいこと、自ら考えて課題を一つ一つ解決していく姿をみれたことや、

その力を持っていると少しでも子供自身が感じていることが見られて良かった。
 

大人になると、自らの今までの経験で課題に対して即断することが多いが、
子供たちに見せる姿として、大人自身もよく考え、色んなことにチャレンジし、
失敗・成功する体験をする必要があることに気づかされた。

いつの間にか、小さくまとまろうとして、子供にもそれを強いる行動をしていたのかとの

気付きがあった。
  
原田コメント:気づきから変化が生まれますね。

気づいた時点で自分はダメだなんて思う必要はありませんからね。

知らなかった。昔はこうだったな。という思いから、

どうしていくか!を決めて行動していくわけですから。

変化に伴う痛みは成長痛と一緒ですね。

 


2)お子様の変化お父さまやお母さま、ご自身について変化が感じられた点などご自由にお書き下さい。キャンプが終わった後のことでもOKです。

 キャンプでの体験を通じて、料理の手伝いなどを積極的にするようになった。
 カレーを作った成功体験と野菜を切るにしても今までは、親が手を添えて切らせて
いたが、自分一人に任せてもらえている親のスタンスの変化を感じて、やる気を
出している様子がよく分かる。

 私自身の変化としては、失敗してもいい。むしろチャレンジして失敗する姿を
見せた方がいいという思いから、家庭でも職場でも積極的な行動に繋がっている
思う。
かっこいい姿に対する意識の変化
?:失敗せずに何事もスマートにこなす
〇:失敗を恐れず何事にもチャレンジする。

他にもありますが、書ききれないのでこのくらいで

原田コメント:親子一緒に学び、成長していく、とても素敵です^^


3)今回のキャンプを通して、改善点、アイデアやご要望がございましたら、教えて下さい。

 特にはありません。今のまま、不自由で不親切のまま、干渉せず、子供たちの
思ったようにのびのびやる姿を見れるスタイルで良いと考えます。


4)次回の合宿で取り入れて欲しい授業や親子での共同作業などがありましたらご自由にお書き下さい。

 特にはありません。
 これからは、自分で行くキャンプで、たけちゃん先生の立場で今回のキャンプでの関わり方を参考に実践していきたいと思います。そのためには、伝える技術(お笑いを交えたトーク技術も身につけたい)が必要ですねw

原田コメント:感想発表時に「ヒロシです」と言えるスキルをお持ちなので大丈夫です^^

2泊3日の短い間ではありましたが、

私自身がおとなになってから自分自身に打ち込んでいた楔のようなものをいくつか外せたのかなと思います。

子供たちの可能性を自分の価値観の範疇に収めてしまっていたことに気づき、

これからは、親子ともにこれまで以上に成長していけると思います。

 4名のスタッフの方には、本当にお世話になりました。
 また、お会いする機会がありましたら成長した親子の姿を見せたいと思います。

 

ここまで。

 

ありがとうございます。

一家のお姿、楽しみにしております^^

 

9月の勇気づけ学園幼児部・小学部の平日コースの開校日は

 

10日(月)

12日(水)

14日(金)

18日(火)

21日(金)

25日(火) の予定です。