こんばんは。

勇気づけ学園に原田武敬です。

 

今日はレポ7 最終日。

 

今までのレポはこちら↓

 

勇気づけ親子キャンプレポ1 安心安全の場

勇気づけ親子キャンプレポ2 自分で考えて行動すること

勇気づけ親子キャンプレポ3 自分でやりたいことをやった結果

勇気づけ親子キャンプレポ4 学んだことを生かす

勇気づけ親子キャンプレポ5 変わる2日目

勇気づけ親子キャンプレポ6 やっぱりでたよ 今年もね

 

最終日。朝は相変わらず早い。^^

しかし、今日は火起こしはない。(やりたいことをやった結果参照)

というわけで焼きおにぎりもない。

 

しかし、こういうおにぎりは存在する。。。

 

キャー

確実に2日の夜の余韻。影響力半端ないっす。

 

 

午前中、とにかくやりたいことをやる!3日目。

公園に行ったり、ザリガニをとったり、思い思いに最後の日を過ごす。

 

 

公園ではこんなシーンも

みんなで支えて、

みんなで応援して、

その子ができるようにする。

 

ザリガニ釣りでは、

一人でも自分でやりたいことをやる。

そして、

片方のハサミがないちょっと弱っているザリガニを釣った時には、

すぐに逃がしてあげました。

ザリガニの様子を見て、何をしたら良いか考えて行動する。

この時、僕は一緒にいましたが、何も言っていません。

この子が自分で考えて行動しただけ。

行動した後に、僕は勇気づけただけです。

 

そして、こんなことも。

2日目の夕食時(カレー)は、

人が先に座っていたので、

その人に麦茶を入れたコップを渡していました。

 

でも3日目は違う。^^

人より先にコップが置いてある。

そのコップのところに座ってね!ということで、

偶然同じテーブルになった人、

偶然隣になった人との朝食タイム。

(ほんとは、偶然じゃないんだけどね、全ては必然なので)

 

すすんで机を運んだり、

掃除したりする子も。本当に助かりました。

 

 

 

戻ってきたところで、

「この3日間で一番印象に残っている場面を教えてね」

ということで、絵に描いたり、絵と文で書いたりしてくれました。

一所懸命書いている子どもたち。

こんな感じね。

迷惑にならなければ、おしゃべりしながら描いてOK

おしゃべりして思い出すこともあるでしょうから。

 

 

この間、お母さん、お父さんたちに昼食を作っていただきました^^

 

 

 

そして、最後に誰が書いたかを当てちゃう^^

集めたものを一枚ずつオープン。

おかわりした子もいるので、人数より多くできているがまた面白い。

そして、僕の直感を信じ、順番を決定。この順番って大事。

 

(偶然を装ったようにしていましたが、全て、考えた上での発表順です^^)

 

ここでもオバケの影響力でてるし・・・^^

 

 

誰が描いたのかな〜と想像して見る。

一緒に描かれているのは誰かな?と想像して見る。

 

 

そしていろいろ聞いてみる。

どんな場面?

これは誰?

何しているところ?

 

など質問し、答えてもらいます。

 

画用紙も自分で好きなものを選ぶ。

白でもいいし、赤、黒、青、緑、などの色画用紙でもOK

描くものもなんでもOK

色鉛筆

クーピー

サインペン

プロッキーなど。

 

自分の表したいことを表せるのはどの道具か?

それも考えてもらっています。

選ぶには理由があります。

どうしてこれにしたの?

と聞くだけでもその子の思いがわかりますね。

 

 

今回、僕から提案をして絵や文で振り返ってもらいましたが、

 

絵で表現するだけが全てではありません。

文で表現するだけが全てではありません。

だから、

話すことで伝える子もいました。

もちろんOKですね。伝える手段も選んで決める!

一斉に同じ表現方法でやる必要はないと思っているので。

 

昼食を食べ、解散となりましたが、

 

名残惜しい感じと

また来年!とすでに予約感満載の雰囲気。

 

 

僕たちの願いは、

この親子キャンプでの経験を日常生活、

自分の所属するコミュニティで生かしてほしいことです。

自分の学校、学年、クラス、班など。

 

できたという達成感。

できなくてもやろうとしたこと。

仲間のためにやったこと。

自分でやりたいことを考え、決めて行動したこと。

友達を励ましたこと。

友達に励まされたこと。

大人に勇気づけられたこと。

オバケと花火をしたこと。(笑)

 

さまざまな経験を自信にしてほしいと思います。

 

そして保護者の方。

ゆっくりしたこと。

スタッフのかかわりを見たこと。

普段見られない我が子の姿が見られたこと。

他のお子さんと積極的に関わったこと。

他の保護者の方とおしゃべりしたこと。

自分が楽しんだこと。

申し込みボタンをクリックしたこと。

時間をかけて勇気づけ学園まできたこと。

 

参加された皆さまに心から感謝申し上げます。

僕たちも子どもたちの様子、変化、保護者の方の様子、変化から

たくさんの勇気をいただき、学ばせていただいております。

 

本当にありがとうございました!

ま・た・来・年!が楽しみです。

 

 

9月10日(月)から勇気づけ学園

平日コースを開始します^^

9月は開校日がちょっと変則的ですので改めてお知らせしますね。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
自信とやる気、生きる力が育つ
勇気づけ国語塾 塾長 原田武敬
埼玉県富士見市ふじみ野西1-4-1
アーバンノース1F
TEL:049-293-9160
FAX:049-293-9160
URL: http://yuukizuke-kokugojyuku.com
Mail: info@yuukizuke-kokugojyuku.com
Blog:http://ameblo.jp/whitefeather0731/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★