何もしていなくても信頼することが大事。 | 勇気づけ国語塾(小学生対象)埼玉県富士見市ふじみ野駅前

勇気づけ国語塾(小学生対象)埼玉県富士見市ふじみ野駅前

アドラー心理学を取り入れた
本当の学力を身につける勇気づけ国語塾。
本当の学力とは、生涯幸せに生きていく力。
そのために、
正しく読み取る力、
自分で考える力、
自分の考えを伝える力、
分かりやすく伝えるための言葉の力を育てます。


テーマ:

こんばんは。

もと小学校教員の原田武敬です。

本当に毎日毎日、暑いですね。

 

むかしむかし、

僕が小学生の頃は

「夏休みの勉強は午前中の涼しいうちに・・・」

なーんてことが言われていましたけど。

 

1日のうちに涼しい時間帯、あります??^^;

明け方もすでに暑い。。。

我が家は朝晩、ポッキー&ラテの散歩があるので、

比較的暑くない時間を狙っています。

現在のところ、

朝は7時半までには終了するように、

夜は8時過ぎにスタートできるようにしております。

 

 

 

さて、

長女は夏のコンクールに向けて、毎日毎日頑張っています^^

そして受験生なので夜は塾。

7月8月、我が家で一番忙しいのは長女です。

コンクールに向けての練習がどんなに大変でも代われないし、

塾の勉強が大変でも代われないし、、、

 

親ができることをただやるだけですね^^

子どもの力を信頼して。

 

 

先日ホール練習があり、見てきました。(実は明日もホール練習。帰りが21:30くらいですよ^^;)

その時の講師の先生の発言が印象的だったので

メモってきました^^

その講師の先生の許可は取っておりませんが、その一部を載せます(笑)。

 

「音楽しろよ!」

(うへー吹奏楽って音楽だよね)

 

「メゾピアノは弱くじゃないんだよ、静かにすりゃいいんだよ。」

(静かにすりゃいいんだよってすげー言い方)

 

「言ったことはやってみて。俺、間違ったこと言ってないから。」

(確固たる自信、素敵)

 

「吹くんじゃない。歌うんだよ。」

(なるほどー)

 

 

子どもたちと初対面なのに、こんな感じでした^^

ユーモアを交えての話もあり、

かかわり方がとっても上手でした。(めちゃめちゃ人生の先輩ですが)

 

 

なぜここまで言えるのか?

初対面の子どもたちに。

 

 

 

それは、

子どもたちのために真剣だからです。

そして、その思いが子どもたちに

伝わっているからです。

 

 

口調がどうこう、言葉遣いがどうこうというレベルではないんですよ。

あー言っただ、こう言われただとか、そういうことではないんですよ。

 

言葉に乗った思いのやりとり

おこなわれているんですよね。

 

 

先生:言葉で指導する。

生徒:指導されたことを演奏する。

先生:演奏に乗った思いを受け取る。

   言葉で指導する。

生徒:指導されたことを演奏する。

 

の繰り返し。

 

だから演奏が変わるんです。

本当にこの先生の指導で

ガラッ変わりました。

 

技術的なことを指導しながらも

子どもたちの心を変えたからだと思います。

なぜ演奏に対する心を変えられたのか。

僕は子どもたちを信頼したからだと思っています。

 

何かをしたからという条件付きではないんです。(だって初対面なんですから。わかるわけないっしょ。)

 

何もしていなくても信頼すること。

これが教育で大切なことだと思います。

 

 

 

明日もこの先生の指導があるので、

どんな指導があるのかめちゃめちゃ楽しみです^^

 

 

ここで、4月の先生向け講座を受講された先生の感想をご紹介。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

【特別支援級でやってみて、うまくいったこと】

 

4月の講座では、

「ごきげん、笑顔で、大丈夫だよ〜という気持ちで子どもたちの前に立ちたい」

と最後決めました。

 

勉強やだやだと言う子に対して、楽しんでくれる彼をイメージしました。

大丈夫、楽しんでくれるだろう!という気持ちになり、

もし、嫌がったらどうしようという不安はなくなりました。

教材の工夫+勇気づけのかかわり+よいイメージを送ることで、

とても楽しんでくれました。

 

気に入らないと反抗する子にも、反抗されたことはありません。

(それはやりたくない…みたいなことはありますがイライラして抑えられなくなるということはないのです)

笑わせてしまい、お腹痛い!って言われたことも。

 

 

子どもの前にどんな気持ちで立つのか、本当にその通りだと実感しています。

 

目の前の子どもたちを信頼して、「大丈夫」と思っていると本当に大丈夫でした。

 

4月には、大きい声で怒りがち、上から押さえつけがちだった周りの先生たちも、

穏やかになり、楽しそうに笑顔が増えていくという変化も見られて嬉しかったです。

 

9月からも、子どもたちに寄り添い、ごきげんで過ごそうと思います。 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

ありがとうございます。

学ばれたことを信じて実践していただき、

確かめていただきました^^

 

もう、ほんと、そうなんです。

 

ぜひ先生にも知ってほしい!!

現場で実践している先生がいるから安心してほしい!!

と思います^^

 

 

子どもとかかわる方むけ、8月3日(金)大阪の講座はこちら。

 

勇気づけ国語塾塾長原田武敬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス